京極雅美のネオ!ブラボー日記

イベントMC・ナレーターごくちゃんの日々を紡ぐブログ☆


テーマ:

ターキッシュエアラインでアルプスの端っこを通過して

日本を出発して22時間、

ようやくアイルランドに到着。

 

待ち受けているのは・・・そう入国審査です。

海外旅行の場合だと

「観光です」「5日間です」「フリーランスで仕事しています」

くらいの応答で済むんだけど、

留学となると当然話が変わってくる。

 

しかもアイルランドの場合は

事前にビザを取得してからの渡航ではなく、

現地到着から3ヶ月以内に現地の入国管理局に赴いて

留学滞在ビザを取らなければならない。

 

ということでアイルランドでは、

①空港のイミグレでその旨を説明(観光ではなく留学)

②通う学校の入学許可証を提示

③授業料支払い済みのレシートを提示

④ダブリンでのホームステイ先住所を提示

⑤日本の銀行の自分の口座の残高証明(英文でユーロ換算表記)を提示

⑥帰国航空便のeチケットを提示

 

というめんどくさい証拠書類を提示しなければなりません。

書類をスーツケースに一つでも入れてしまったら大変なことになると事前に情報をゲットしていたので

手持ち荷物で100均のファイルに整理して持って行きました。

 

私の場合滞在期間約7ヶ月で帰国が秋になるから

遠い先の予定なんて立てられるわけもなく、

しかも滞在中にアイルランドが定めた試験を受けなければいけないので、

その試験日も見越して帰国日を決めなければいけません。

 

それにせっかくヨーロッパに留学したんだから

学校が終わったらよその国にもちょっと行ってみたい、

10日くらいウロついてから帰国しようと考えていたので

帰国日なんて全く見通しがたちませんでした。

最後までぐずって決めかねていたのがこの帰国便でした。

 

さて問題のイミグレ、

留学サイトを見ると いろんな質問されて困った、とか

あれを見せろ、この書類は持っていないのか、など、

管理官によってイミグレ通過で引っかかってしまう場合もあるという情報をゲットしていたので

かなり緊張して臨みました。

 

ものの3分で通過できました。

ラッキーな管理官に当たったんでしょう。

ファイルに整理した書類も結局提示したのは2種類くらいだけ。

最後までぐずった帰国便なんてひとっつも質問されませんでしたよ・・・

でも「Good luck!!」と応援されながら通過できました笑

そんなもんです。

これが通っている学校

「Emerald cultural institute」

正面がそんなに広くなさそうに見えるけど

この建物の奥には中庭があって、さらにその中庭の後ろにも校舎があるという

かなり広い敷地&建物です。

 

しかも生徒の数が多いので、もう一つ校舎が(ここより大きな建物)隣の駅にあるんです。

いわゆる人気校です。

繁華街からは遠く離れている住宅街にあって

自然が豊かで(目の前には綺麗な広い公園があります)

通学しやすい場所にあります。

ダブリン市内ど真ん中の学校だと日々の交通渋滞に巻き込まれてしまって

通学に1時間とか普通にかかってしまうみたいです。

(地下鉄がないのでほぼみんなバス通学)

 

ちなみに今の私の通学時間は・・・

10分です。

立ちこぎしたら8分です。

そう、自転車通学です。

 

そのお話はまた次に〜

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。