産まれてます←

テーマ:
お久しぶりです。
前回の記事、お腹が大きいことにびっくり。笑

息子、5月に産まれました爆笑
一ヶ月検診まで実家で過ごし、1ヶ月にして飛行機飛行機デビューキラキラ
そして、その翌日には夢の国へのお泊りもしました。なんてアクティブな赤ん坊。これも二人目のなせる技か。笑

今は2ヶ月になりました。


お姉ちゃんも同じ構図でお昼寝アート撮ってるんよね。
それがコチラ。



同じ顔〜!!!笑い泣き

遺伝子って怖い。
AD

あと1ヶ月

テーマ:
ご無沙汰しておりますパー

先月末に里帰り出産のため実家に帰ってきました飛行機
北国寒いです。
帰省した次の日には、3月末だってのに雪が降りました…。

ムスメと私ですが。
帰省前に毎年撮っている家族写真を撮影しましたカメラ



撮るつもりはなかったのですが、マタニティフォトっぽくなって、ちょっと満足照れ

ムスメは3ヶ月限定ですがコチラで幼稚園に通うので、その準備も。



とても丁寧な対応をしてくれる幼稚園で、短期間ということもあり制服もレンタルでいいよ、と!!
金銭的に非常に助かりましたキラキラ

そうそう、こちらに来る直前にオムツも卒業。
寝るときにだけオムツシートをつけていますが(念のため)、それが濡れていることはほとんどありません。
通っていた保育園でトイトレはしてもらえなかったので、彼女のペースで卒業したみたい。うーん、すごいね。
食事もエジソン箸卒業で、サポート箸を使っています。
服のボタンも気づけばできるようになってたなぁ…。

ムスメがカイザーだったので、今回もカイザー。
出産日も決まり、ムスメと二人で過ごす時間もあと1ヶ月となりました。
魔の三歳児で反抗期だし、私の弟妹が来るとテンション上がって手がつけられないし(方言ではおだつって言うんけど、まさにその言い方がしっくりくる)。
それでも、幼いながらにいろいろと感じているんだなぁってことは伝わるので、私もムスメに対して心穏やかでいたいと思ってはいます。(思っているだけ

二人目が生まれ、時間に余裕ができたらまたブログを再開しようかなー(サボり過ぎのため)とも思っていますニヤリ

お時間あるときにまたお付き合い頂ければハート
それでは。
AD

二人目保育園問題 その4

テーマ:
まさかのその4です。

なんと。

休園期間オッケーでましたカナヘイきらきら

というわけで、夏からは内定もらった保育園に通うことができますとびだすうさぎ2(またそこには問題も出るけど、とりあえず割愛)

あー、一安心カナヘイハート

なぜ、通ったかというと。
昨日、夫氏に役所に行ってもらいました。

私の出産予定日だと、3月中旬〜4月上旬までは有給、4月中旬から産休、という形になります。
4月は『有給』期間がある=就労しているとみなす、ということで就労証明さえ出せれば5月&6月を休園期間とする、と。

なんか、いろいろ複雑ですがとりあえずなんとかなりました!

ということを、取り急ぎご報告でした〜。
AD

二人目保育園問題 その3

テーマ:

今日からはじまったキラキラプリキュアアラモード。
初回DVDもしっかりゲットしてきました。
その足でお友達の家に行ったので、ムスメは撃沈。すでに眠りました。

そんなわけで、その3です。

休園期間の延期(多分無理)ができようができまいが、最低でも6月末までは地元にいることに。
となると、ムスメは3ヶ月間家庭保育となる。

3歳児にそれは酷ではなかろうか、と。

家庭保育が悪いとか、嫌という話ではなく、このたくさん物事を吸収できる時期に親(私)と一緒にいることが彼女の幸せとは思えない。

そんなわけでこちらも保育園休園と同時進行で動きました『地元の保育園、幼稚園探し』。
動き出した2月初旬はどこの行政でも保育園も幼稚園も結果通知を出している頃。なので、空いているかどうかの解答もしやすい時期ではあったと思います。
保育園を『転園』の扱いで行政委託もできたのかもしれませんが、きっと時間がかかるだろうし、こんなコト滅多にないだろうから、動きを期待できるとは思えない。
そんな理由で、私は地元幼稚園に直電&直メールしました。

伝えた内容は

カナヘイ花3月末から里帰りで戻るから4月から入園したいこと。
カナヘイ花短期間の入園になること。
カナヘイ花3歳児(年少クラス)であること。

の3点。

1件目、自分が卒園した幼稚園に聞いてみる。
→今までそーゆーケースはないが、卒園児ということなら前向きに検討したい。が、年少クラスに空きがないため対応不可。

まぁ仕方ない。
ということで2件目。実家からほど近く、園バスもあると書いてある幼稚園。

年少クラス、空きがあるからいいよー。
半年以下の在園でもいいよー。

なんとカナヘイきらきら
2件目でオッケーもらいました!!

私のこの駆け込み手法、必ずうまくいくという根拠はありません。
むしろ運頼み。
そして、その幼稚園や保育園を見学していないので、教育方針やらなんやらもまっっったくわからない状態での入園になります。
幼稚園に関しては、家庭の教育の考え方とかも反映される大事な場所だと思います。
ですので、願書配布時期を調べ先手必勝で連絡をしてしまうのも1つの手だと思います。

そんなこんなで、我が家の里帰り出産計画(前半戦)はとりあえず落ち着きそう。
今後出てくる問題は
カナヘイキャンティ幼稚園グッズを一週間で準備する
カナヘイキャンティ休園延長ができなかった場合、いつまで地元にいるか。
カナヘイキャンティ休園延長できなかった場合、地元から戻ってきたときのムスメの行き場所
カナヘイキャンティ4歳児と0歳児の保育園
ですかね。

短期で幼稚園に通うことになった場合のお金の話とか、いずれ書けたら書こうと思います。

二人目保育園問題 その2

テーマ:

というわけでその2です。

秋には次年度保育園申込みがあります。
小規模卒園ポイントがつくので、とりあえずどこかには入れるだろうという算段。

そして迎えた保育園決定通知。
なんと、最終希望の駅とは真反対のところに…! まぁ、それは仕方ないとして。

ここで出てくるのが里帰り出産@飛行機問題です。
基本、産休などの理由のため保育園を休園する場合は『2ヶ月』までならオッケーだそうです。これは、その子供が休み始めてから2ヶ月、というカウント。

我が家の場合
カナヘイ花後期検診は地元で受けなければならないので、3月末には帰省
カナヘイ花出産予定日は5月中旬、1ヶ月検診があるので7月から復園希望。

ということは、3ヶ月休園(4月〜6月)しなければならない!!

役所感覚?としては、産前1ヶ月産後1ヶ月里帰りして帰ってくればいいんだから、2ヶ月で足りるよね?ってことなのかもしれませんががが。
後期検診というものがありましてですね…!
かつ、飛行機の距離でしてね…!!

この事実を逆算すると、仮にムスメが小規模園にいなかった=元々認可園にいたと仮定しても、飛行機の距離で里帰りするとなると、3ヶ月以上のお休みが必要になる=退園せざるを得ないという結果になるわけです。

さて、これを回避する方法はあるのか?

① 出産までの期間(今回であれば3月末〜4月いっぱい)は夫がワンオペ。
→不可。シフト制夜勤ありの仕事。9時17時とか夢のまた夢。

② 義両親の協力
→不可。そもそもいない。

③ 里帰り出産をしない。
→これが究極。しかし、入院期間中にムスメを見てくれる人がいないので不可。

④ 親の召喚
→可能ならこれが1番だったんだけど、諸事情により不可。

…ということで、我が家は最初から手詰まりだったわけですショックなうさぎ
気付くの遅かったーーー。
逆に言うと、二人目タイミングで悩んている方の場合、上記いずれかの方法が取れるなら心配はないということになりそうです。

唯一、回避方法があったとしたなら、二人目の出産を4月にするってことかしら。
そうすると、2月末から帰っても5月末には帰ってこれるから、ギリ2ヶ月休園なのよね…。

でもまぁ、そんなことは言ってられないので。
平日に休みを取った夫氏に頼み、保育園と役所に直談判を頼んでおります。

まだ続きます。