2006-08-09 17:25:43

ジョージア ストロベリーチーズケーキ

テーマ:リキュールについて
ジョージア ストロベリーチーズケーキ


「チーズケーキ」とは、思わなかったです。

オンザロックで飲んでみたら。

イチゴアイスの味がします。


武庫川のバー
で、マスターに「どう飲むべきかな?」と話したら。

ジョージア ストロベリーチーズケーキにミルクとラムを加えてシェークしたものを作ってくれました。

「どう、美味しいでしょ?」というマスター。


・・・・大人の味になっちゃったね、と猫屋。

「え?」

ラムがね。

ラムレーズンのイメージを出すのよ。

たぶん、それでかな。



ウオッカのほうが、いいんじゃないかな?

あれなら、甘いだけだから。

・・・アルコールの、ね。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-06-23 13:27:06

ボルス プレミア

テーマ:リキュールについて
borusupuremi

現在、生産されていないリキュールです。

(写真の埃が、雄弁に語っていますね)

↓の「夜露死苦」に使われていたのですが。


味は、ベースがプラムとキュラソー、ほんの少しナッツ系の印象があるかなという味わいでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-23 11:36:23

チェルノブイリ

テーマ:リキュールについて
アブサンの主たる成分であるニガヨモギ。

これをロシア語で、「チェルノブイリ」といいます。

チェルノ → 黒い  ブイリ → 草  という意味です。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-05-13 16:01:35

これが、赤い色の素

テーマ:リキュールについて
エンジムシ

これが虫なのかなあ・・・。というのが第一印象。

赤い色は虫ですか!

最初聞いた時は、ひょえ~!と思いましたが。

画像を見ると。

ふ~ん、という印象しか湧きませんでした。

コチニールカイガラムシという名前なんだそうです。

サボテンなど多肉植物につく虫だそうでして。

インカ文明の頃から使われていた染色の方法だそうです。

江戸期に日本の小笠原でも飼育して採取する事が試されたそうですが失敗したそうです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-13 12:37:10

アブサンやパスティスを飲んでみたい、という方へ

テーマ:リキュールについて
makoru様からコメントをいただきました。

アブサン、怪しげな雰囲気が気になったので。

酒屋でアブサン、ペルノー、リカールなどを見かけたら買ってみようとのこと。



猫屋としましては。

買うのは、少し待ちましょう、と言いたいです。

まずは、バーへでかけて。

オーダーして一杯飲んでみてください。

飲み方は色々。

ストレート。オンザロック。 一番飲みやすいのは水と1対1で割ってある状態でしょうか。


まあ、まずバーで飲んでみてください。


おそらく。

なんだ、これ! 

臭い!

苦い!  飲めない!


最初の印象はそうだと思います。


何回か飲んでいたら、体になじんでくる類いのものです。


最初にボトルを買ってしまったら・・・・。

家のキャビネットで長い間肥やしになってしまうと思います(笑)



「ほんまもん」のシャンパーニュと通じる部分がありましょうか・・・。

アスティなどと違って、イースト香のバンバンに効いている良質のシャンパーニュ。

あのイースト香が、最初っから「香しい・・・♡」という日本人は少数派だと思います。

パスティスの薬草系の香りや味も、最初からハッピーになれる日本人は、もっともっと少数派のはずです。

それが当たり前であると確信します。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-13 00:09:18

カンパリの赤い色

テーマ:リキュールについて
あれって何の色だかご存知でしょうか?

果物の色ではないのです。

コチニール系色素というものです。


平たくいえば、虫を潰して色を採っているのです。


コチニールカイガラムシという名前の虫からとれる染料だそうです。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-05-12 21:25:28

製造禁止になった酒

テーマ:リキュールについて
makoru様からコメントをいただきました。

アブサンとはどういう味がするのでしょう?というご質問。

猫屋は「ほんまもん」のアブサンを飲んだ事がありません。

なぜなら製造中止になっているからです。


なぜ、製造中止になったかと言いますと。

一度飲むと、飲まずにはおられなくなる依存性の強い酒でして。

間違いなくアブサン中毒になってしまうからなんです。


それでも、フレンチではエビやカニを料理する時には、使用する事が多かったりして。

なくてはならない酒であったりします。


そこで、生まれたのが「パスティス」。

「代用品」と訳せばよいでしょうか。 アブサンの中毒性をのぞいて作られた酒で、香りや味は似せてあるというものです。

これらの代表的なものが、ペルノー、リカールなどです。


ここ2~3年でニガヨモギの中から中毒性の強い成分だけを抽出して除外する技術ができたそうでして。

アブサンという名前を冠した「復刻モデル」が発売されています。


アメリカは、薬物としての成分がないのですが「アブサン」という名前のものでは輸入できない状況なのだそうです。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-11 17:07:13

ノールズ オレンジビター

テーマ:リキュールについて
ノールズオレンジビター

生産国:オランダ

「国王の誕生日に飲まれるリキュールで年間600本しか作らないんです!」

へえええ!

と買ってみました。



・・・・・でも。

何言ってんだ、年間6000本の生産じゃないか!

セールスの嘘つき!


オレンジのリキュールですが。

グランマルニエやコアントローよりも、グラニュー糖の使用量はかなり少ないんじゃないかな(笑)

ずいぶんと上質な甘さです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-11 16:47:10

ペルノー アブサン 68

テーマ:リキュールについて
ペルノー アブサン 68

実売価格:4500円前後

アブサンの名を冠したペルノー。

度数は68度。

写真を見てグリーンのボトルに入っているとお思いでしょうが。

これは、このお酒の色なのです。

度数はキツいのでガツンときますが。

香りはやさしく感じられます(パスティスを好物とする猫屋だけがそう感じるのかな・・・。)

美味だと思いました(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-06 23:28:32

イエニラク

テーマ:リキュールについて
イエニラク

イエニラクは、ブドウのエキスと芹科の植物アニスの実から造った酒です。

蒸留した液を1-3ヵ月ねかせてゆっくりと熟成させて作ります。

無色透明な酒なのですが、水を入れると白く濁るのが特徴。

ギリシャのウゾと同じですね。

トルコでは、「ライオンのミルク」と呼ばれています。

味わいは、パスティスなどと通じるアニスの薬草系の味わい。

一般的な日本人には受けません。


でも、こういうのをニコニコしながら、グイグイ飲んでいると現地人扱いされて(笑)

すぐ仲良くなって友達になってしまいます。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。