1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-08-21 08:39:37

秋の気配

テーマ:日本酒について
さあ、秋が近づいてきました。
秋の楽しみは、梨を食べながら冷酒を飲む事です。
同業者で元同僚の西谷くんに教わった組み合わせ。

口中で混じり合う果汁と酒のハーモニーには、官能を感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-03-22 18:25:59

異人さんに日本酒を。

テーマ:日本酒について
ニューヨークでは、毎日どこかで日本酒の試飲会が催されている、とNYの友人が言っていました。

かなりメジャーなようです。

当店にワインに買いにくる異人さんに、

「ワインは日本で買うと高いだろ」

「どうだ、せっかく日本にいるんだ、ライスワイン飲んでみたら」

と、1500円までの4合吟醸酒を見繕ってやると。

まず間違いなく、はまりますね。

同価格帯の白ワインで、肩を並べられるモノはおらんでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-08 12:30:06

「水で薄めて構いませんよ」

テーマ:日本酒について
daikokumasamune

と、豪語する酒蔵です。

これってなかなか言えません。

日本酒って水で割ると、てきめんに、その品質の素性が明らかになりますから。

嫌がる蔵が多いんです。

水臭くなるとか、なんとか、言いまして。

まあ、気持ちはよくわかりますが。


さすが、キッパリと言うだけあって、シッカリとした味わいです。

どっしりと芯が通っているというか。


飲み飽きしない灘の酒であります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-07 13:55:29

「ため」になりますよ、

テーマ:日本酒について
この番組

ぜひご覧あれ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-13 12:15:01

「手抜き」芋酒の作り方

テーマ:日本酒について
池波先生のおっしゃる通りに作りましたら。

結構面倒くさい。

そこで、手抜きでやってみました。

長芋を、「おろし」でババババーっとすりおろします。

それと同量の日本酒を加えてよくかき混ぜて燗にします。

これで、できあがり。

味わいは、少しシンプルになりましたが、効果はてきめん!


これなら、毎日続けられます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-10 20:34:21

飲んだら絶倫になる酒

テーマ:日本酒について
芋酒

以前書きました「芋酒」 です。

最近ハマっています。

池波正太郎先生のいうように5、6人は軽い。

か、どうかは、まだ試していません。

なにせ一晩で5人も6人もの女性と逢瀬がありませんもので。



ただ、夜、立っているだけで足がふらついて。しんどくて。

そういう時に飲んだら、翌朝、元気全開でシャッキーン!と目覚められます。


長芋と日本酒は、勤労戦士の必需品ですね。



疲労困憊している時に、これだけの成果があるのだから。

通常の健康状態の人が飲んだら・・・・。

精力は炸裂するかもしれません。


(・・・・女性が飲んだら、どうなるのだろう?)









いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-08-11 17:25:52

大学生、日本酒を創造

テーマ:日本酒について
以下、神戸新聞から抜粋です。

(リンク貼りたかったのですが。 どうしても貼れなかったので)

神戸芸術工科大学(神戸市西区)の学生有志ら約三十人が十二日午後四時、

神戸市須磨区の須磨海岸で開かれる「日本酒試飲会」の会場のプロデュースやポスター製作に知恵を絞り、

日本酒離れが目立つ若者への地酒のPRに一役買っている。

 試飲会は、「日本酒について若者の生の声、反応を知りたい」と県内の蔵元などでつくる


「兵庫県酒造技術研究会」が主催。神戸芸工大の学生らに協力依頼した。


 二年の増真太郎さん(20)=西区=ら有志が、茨木酒造(明石市)の酒蔵見学などを通じて


日本酒について学び、「ジャズと日本酒」「須磨海岸でゲリラ日本酒」など、


さまざまなアイデアやキャッチコピーを提案した。


 学生は、試飲会の宣伝ポスターやうちわをデザインし、


ろうそくで雰囲気を盛り上げるなどの会場の雰囲気づくりも担当。


会場となる海の家の壁に、蛍光塗料で壁画も描いた。


  試飲会には、出石酒造(豊岡市)など、県内の蔵元十社が参加。


清酒など二十数種が並ぶ。学生は接客にも協力し、イベントを盛り上げる。


「日本のお酒なの に、僕らもあまり飲んでこなかった。」


「米国では静かなブームになっているとも聞く。」


「イベントを、イメージを変えるきっかけに」と増さん。


同研究会は「若者向 けの新製品のヒントを得たい」としている。



 参加費三百円。五種類まで試飲できる。


海の家「末広」・山田さんTEL090・3490・1321


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-07-20 10:31:20

明治・大正期の酒蔵跡、発見さる

テーマ:日本酒について
明治・大正期の酒蔵の遺構が、神戸市灘区大石東町六の西郷(にしごう)古酒蔵群・大石東遺跡で見つかりました。

 発見されたのは、煉瓦積みで、二基一組のかまど二つと、花崗岩の切り石を組んだ米洗い場。

かまどは洗った米を蒸して発酵の準備をするためのものです。

江戸時代とほぼ同じ酒造りの方法をとっているそうです。

 現場はマンション建設予定地で、最近まで「金盃酒造」が所有していた土地です。

同社は大正期に移転してきたのですが、その際、明治からあった酒蔵の施設を買い取って

再利用したらしいということです。

 7月22日午後1時から現地説明会を開かれます。

小雨決行。

申し込み不要で現地集合。場所は阪神電鉄大石駅から徒歩五分。

問い合わせは、神戸市文化財課TEL322・6480。

説明会当日は現地調査事務所TEL078・881・1440まで。






***************************************************************

ワンクリックで助かる命があります。

クリックで募金できるサイト




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-07-15 22:50:35

灘の語らひ 純米吟醸 寒造りしぼりたて

テーマ:日本酒について
灘の語らひ 純米吟醸

滋賀県に本社のある太田酒造。

太田酒造さんが、灘でやっている酒造場の製品。

華やかさがよいです。

当店に白ワインを買いにきた異人さんに、

「日本でワイン買うと高いでしょ?」

「せっかく日本にいるんだからライスワイン飲んでみたら?」

「国に帰ってライスワインは逆に高いと思うよ」


そんな感じで、これを奨めましたらば。


・・・・だいたいハマりますね。


日本酒の1000円台の4合瓶の良いものは、同価格帯の白ワインを凌駕してますね。


しかし、海外では人気が高いのに。

日本ではなぜか売れないライスワイン。


日本のマーケットって少し「いびつ」だと考えています。




お客様の感想:1


お客様の感想:2

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-07-05 17:51:40

空蔵 雄町

テーマ:日本酒について
空蔵 雄町

神戸市は、魚崎にある酒蔵の酒です。

阪神大震災の時、大打撃を受けました。

屋根が落ちてしまった蔵に入った杜氏が、ふと上を見上げて、

「空しか見えない」と言ったところから命名されました。

もちろん、「震災からの復興」という気持ちが込められております。


今回、正式に猫屋も取り扱う事となりました。

雄町を全量使用して作られた生酒です。

キレのよい辛口には、そそられるものがあります。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。