高台寺の夜間拝観行ってきました

テーマ:

夜の紅葉を観に、京都 高台寺の夜間拝観に行ってきました。

高台寺は、豊臣秀吉の妻であるねねが秀吉の菩提を弔うため創建したお寺です。

 

{B6B1E888-C187-48B3-A0D5-F7CE353EE810}
 
{B97367B8-5C5C-45DE-AC94-7C943349A49C}

 

臥龍池の周辺に数々の樹木が植えられており、

それら現物は然ることながら、池の水面に映る姿もとても神秘的でした(*´ω`)

 

{A5CC14CA-7C5F-40BE-BBC3-EC5E2339390F}
 
{CA2E574F-D966-41CC-AAEE-F2041FC35247}

ライトアップされた紅葉も美しかったです。

 

今年の9月、10月は例年に比べて気温が高かったこともあり、清水寺同様見ごろの時期がやや遅れているようですね。

12月上旬あたりがほんちゃんの見ごろになるかな?って感じですね^^

 

{3971502B-236B-46B0-A520-D80685306E93}

 

{0C290125-06B3-4158-B6A8-EFADBDE6959F}

拝観順路の最後には竹林をいかした壮大な光の演出なんかもあり、こちらも見ごたえありました。

 

{BFB4BC2C-A302-46F6-AEC6-00DE2E0BF16D}

 

本堂前の波心庭では、百鬼夜行をテーマとされたプロジェクトマッピングが催され、これまた幻想的。

 

紅葉以外にも見どころたっぷりの高台寺でした(^-^)

 

 

「ムーミン谷のひみつの言葉」冨原眞弓

テーマ:


トーベ・ヤンソン著「ムーミンコミックス」の解説付き名言集。

僕はムーミンアニメの大ファンですが、未だ原作は読んだことがありません。

これを読むことで、コミックスならではの面白さ、アニメとの違いが垣間見ることができました。

 

単なる児童コミックとは違い、経済的な問題、社会事情、恋愛事情など、

大人が抱えるわりと大き目の問題をさりげなく取り扱うムーミン物語。

 

そんな中で、たまにドキリとさせられるような格言、生きていく上で必要な知恵等がでてきて、

立派な大人が読んでも教養になりますし、心も癒されます。

 

こういった格言はスナフキンが担うことが多いイメージですが、

登場するキャラクター皆がそれぞれの立ち回りを持ってして理にかなった事を言っています。

 

 

ムーミンの、「風邪を引くことができるということも自由のうちさ」ってのが好きです。

 

{ECA95537-23D8-4906-BA6C-F20143379748}


内容

コミックスのムーミンはこんなに面白い!小説とはひと味違う、ちょっぴりおとなのムーミンの世界を、珠玉のひとコマからぞんぶんに紹介。あなたの知らない感動の一瞬が、ここにはたくさん詰まっています。

散歩「清水寺」

テーマ:

京都 清水寺に紅葉観に行って来ました。

 
八阪神社→三年坂→二寧坂の定番ルート!
{FDD4A008-96D7-4DF1-867F-350D63E1F8E6}
 
{759341DE-EB84-4E37-BF40-5BA4C0528241}
 
{73335485-B5CC-4D09-9D51-839CABA13261}
 
う~ん、紅葉はまだピークというわけではなかったんですが、それでもすごく綺麗!
{0B1060CC-3193-4750-8DD7-03787D0A0FCB}
 
{68022DF4-2291-4684-97FF-60FC5D67CA95}

あと1週間くらいしたらピークかなって感じですね^_^
 
帰りは、お土産屋さんがたくさん並ぶ清水坂で人気のお店「京あみ」で、
定番の「八つ橋シュー」、抹茶涼味「抹茶愛す」たるものを頂きました。
 
{20926CEC-C63C-4AAE-B7D9-2BFDDD5BAA8A}
1個300円と贅沢なシュークリームだけど、甘さは程よく、カリカリの八つ橋生地との相性抜群ですごく美味しいです。
抹茶愛すともよく合いますね。清水寺来るたびに並んで買って食べてます。

{259402B3-B724-4C59-BFA4-204EDCC4D33A}
最後に、二寧坂でスタジオジブリの「どんぐり共和国」を見つけたんですが、
中に入るとそこにはほぼ原寸大サイズのトトロが…!
 
ジブリファンの僕としては紅葉の次にテンション上がりました(笑)
ちなみに、価格も97.000円と規格外でした!

「マチネの終わりに」平野啓一郎

テーマ:


{0EA4BC1D-6B9A-43DD-BD80-222F7437B86D}

共に40歳を超える男女による大人の恋愛物語。


平野さんの美しい文章、比喩表現、言葉選びに魅了され、恋愛小説ながらものすごく読みごたえがありました。

 

ただストーリーは、両者がすれ違いだすところからシナリオまでずっともやもや。


読後感もすっきりしませんでした。二人の仕事面の成就は良かったとして、恋愛面の結末は苦しかった。

 

最終的には両者が望むような関係性(恋人以外)になれたのだろうか…?

 


 

スッキリしなかったはずなのに、

読後、この平野さんの本作のインタビュー動画を発見して観てみたら、無性にもう一度読みたくなった(笑)

 


あらすじ

出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。
スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。
芥川賞作家が贈る、至高の恋愛小説。

 

 

コードレス掃除機で掃除のモチベアップ

テーマ:

昨日断捨離をした後に、勢い余って新しい掃除機を購入しちゃいました。

 

今回かったのは、「Proscenic」の「P8 コードレス掃除機」!!

{BAB8550A-E292-4058-A178-156F461218D7}


大手メーカー「ダイソン」の下位互換と言ってはあれですが、2万円弱とコードレスにしては比較的お値打ちなモデル。

 

これまでコード有のやつを場所ごとにコンセント抜いたりさしたりして使ってて、

とくに煩わしさを感じていたことも無かったのですが、コードレス使ったらあまりの快適さにたまげました。


 

コードレスということで懸念していた吸引力も申し分なし。ダイソンより軽量なのも良い♪

 

毎朝の掃除機掛けがめちゃくちゃ楽しくなりそうです。

 

{A9D2F733-3903-43AE-9EB5-5E6B033D5378}


ビジュアルがかっこ良く、壁に立てかけてるだけ結構な存在感放ってます(笑)

レッツ断捨離んぐ

テーマ:

今日は作業中にYouTubeで音声を流してたんですが、突如関連動画の自動再生で断捨離についての動画が流れてきました。

 

ミニマリストのしょっぴんさんという方の動画だったんですが、音声を聞いているうちに「あ~俺も断捨離して~掃除して~」となってきて、

作業終了後にレッツ断捨離んぐ!

 

もともと断捨離とかミニマリズムとか関心のある分野だったんですが、今回本格的にやってみました。

 

基本的にはこんまりさんの「ときめくかときめかないか」を基準に、しょっぴんさんの動画も参考にしながら読まない本、着ない服、使わない小物等一気に処分し、45ℓゴミ袋4袋分の所有物を断捨離することに成功。

 

物が減って空間はスッキリ、気持ちもスッキリで最高の気分転換になりました♪

 

{E0470A8F-D09A-4E0E-B24D-D54B9BC3C710}
 

 

洋服なんかは、全部まとめて4~50着くらいあったのが20着くらいまで減らせました。

 

{F8FFB751-6437-44BB-B2EA-636084236EAD}

 

 

まだまだ甘いかもですが、ファッション好き(UNIQLOオタク)の自分的には快挙です!

 

プリンターもろもろほとんど使わないようなものも断捨離し、デスク周りもスッキリ。

 

{1404F2AF-C23A-417F-BBFE-F7AF46BA24FF}

 

 

 

二ヶ月に一回とか定期的にやるのが良いのかもですね。想像以上に爽快感、達成感が味わえました笑

 

まあそもそも物を増やさないようにするのが一番いいんだけど…!^^;

 

散歩「服部天神宮」「住吉神社」

テーマ:

阪急宝塚線「服部天神駅」下車すぐのところにある、服部天神宮に行ってきました。

 

{7AFB3DD7-6FA8-42B6-A460-B27751612296}

菅原道真が大宰府へ下る際、足気に悩まされて、こちらで回復を祈願したところ、
すっかり病が治ったということで、以来「足の神様」、「脚気天神」と親しまれるようになった服部天神宮!
 
アスリートの方が健脚(けんきゃく)を祈願しに参拝に訪れるようです。
 
{6D36D763-342D-46D3-94BA-412BE5E2D5FA}
 
{43116C12-9E0B-4AED-8FD3-29FEACB5DE34}
おそらく拝殿。
 
{4185FEEF-6157-495F-9604-5CBB77C0A792}
 
{917A5797-EC36-4564-81A0-25707BBBE1BF}
手水舎
 
{FB60DBD3-BCEA-4860-A923-92BC691A6232}
 
{A399ED87-5974-407B-B2B7-E52D9CA9169D}
菅原道真像。道真の脚をさすって健脚祈願するそうです。
 
少し足を伸ばしたところには住吉神社も。
{5CAA1838-53CF-4A3B-9F1A-7B7EDCD1E1BB}
 
{213A5BA2-1F69-43CE-99DC-64D23772D414}
 
{22D3A288-0324-4B7B-B2B8-0C19FDEFFA71}
 
今日は天気も良く風も気持ちよくリフレッシュになりました。
読書とはなんの関連もありませんが、たまにこうした散歩日記も呟こうかなと思います。

「流」東山彰良

テーマ:

昨年の直木賞受賞作。

70年代の台湾が舞台ということで登場人物の名前が難しかったり、バイオレンスな雰囲気で気持ちが沈んだり、最初こそ読み進めるのを躊躇いましたが、第8章あたりからどっぷりのめり込んで、そこからは一気に読みました。

 

青春小説でありながらミステリーの要素も含まれていて、またアジアにおける近代史も学べてとても楽しめました。

 

なにより東山彰良さんの、世界観を現す際の言葉選び、歯切れがよく勢いの良い文章が大好きです。

 

日本のゴキブリホイホイが大活躍するシーン、悪友の小戦とのドライブシーンなんかは声を出して笑うほど面白かったです(笑) 

{96B10320-6BCA-4230-AAB8-879BE2B13F1F}

 

 

 

一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で?無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。直木賞受賞作。

大阪市立中之島図書館

テーマ:
今日は仕事終わりにふらっと大阪市立中之島図書館へ。
中は思っていた感じとは違って、ただただお洒落な洋館でびっくり!

無料でリッチな気分を味わえる絶好スポットを見つけてしまった…。( ̄▽ ̄)
{A75A4BA4-30B2-44F4-B119-5CE548934592}

{51E1B1ED-2EB3-46C5-920B-7245EA5B35AF}

{8FB47238-8C03-4320-8BFD-49AC5ED7B720}

{D2443D7A-2CF8-4F37-9284-BC3D03095C18}

帰りは中之島公園でまったりコーヒーを飲んで、帰りに大好きな海鮮丼食べて帰宅♪
{CB3ED72B-9266-4559-A221-102FD3891F2B}

謎に哀愁漂う女体のモニュメント
{CF60D7FC-C5A9-439D-A105-70F8BB3BA3E6}

{0293908A-3F3A-4839-9F2D-255C0D440EE5}

ヤフオクで落とした太宰全集届いたんでこいつを眠くなるまで読んで寝ます。おやすみなさい。
{2C0E7BEC-5149-44E1-8DA0-0B752231EC72}


「i(アイ)」西加奈子

テーマ:

今このように普通に生活できていることがこの上なく素晴らしく、とにかく幸せに感じさせられました。本作に出てくる大きな事件、事故、自然災害はすべて過去にどこかで実際に起こっていたこと。読んでいて胸が痛む瞬間が多々ありましたが、目を逸らさず最後まで読み進めた結果やはりサラバの読後感に似た、沸々とパワーが漲ってくる感覚になりました。

ノンフィクションの社会情勢と絡んでいるだけで読んで教養になりますが、個人的にサラバ以上に西さんの強い心の叫びが反映されているのではと感じました。

{3B0B1784-7CB8-417D-A4E7-643E14D59C52}
 

「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―