石垣島の市街地にある【サンエー】でこんなのが売ってた。

トンテキ・・・四日市(三重県北部)のB級グルメが沖縄にも?w

 

書いてある説明を読みつつ調理開始。

まずは「下味まぶし粉」をまぶした豚肉を焼く。

さすがにトンテキ用にカットされた肉は無かったのでトンカツ用の肉で代用。

 

焼き色がついてきたところ。

この時点でも美味しそうな香りが漂う。

 

肉に火が通ったら「特製ソース」を絡める。

かなりタップリかけてるけど仕上がりは適度な味の濃さになった。

 

肉が薄いのでグローブカットはやめてトンカツ風にカット。

本場の四日市なら定食として赤だし味噌汁を添えて白飯と共にいただく。

 

食べてみた感想は「トンテキ・・・っぽい?」味。

幼少期に何度か食べた来来憲のトンテキのソースとは違うので違和感があったのかも。

しかしこれはこれで美味かったしゴハンが進む味なので良いと思う。 

 

 

AD

タコライスの盛り付け

テーマ:

沖縄のB級グルメ・タコライス。

ウィキペディアによると沖縄県にあるキャンプハンセンのゲート前に広がる飲食店街にあった「パーラー千里(せんり)」の創業者、儀保松三が考案し、1984年(昭和59年)に誕生。

当時の円高により、それまで主な客であった米兵が外食を控えるようになったため、タコミートを利用してタコスよりもボリュームがありコストパフォーマンスのよい新メニューとして考え出された。

もともとは店員の賄い食だったという説もある。

「パーラー千里」で好評を博したタコライスは、後にチェーン展開することになる系列店の「キングタコス」を通して沖縄本島各地に広まっていった。


自分がタコライスを作り始めたのは去年の秋くらいから。

会社の発注リストにタコシーズニングがあり、試しに発注してその袋を見たら作り方が書いてあり、凄く簡単だった上に社員食堂の人数が変動しても対応しやすいので月に1~2回作るようになった。



↑は作り始めた初期。

会社の野菜庫にトマトがある事はほとんど無いので、定番のタコライスにあるトマトは乗ってない。

(あったら奇跡というレベル・・・笑)

白飯・タコミート・ピザチーズ・サルサ(トマトベースの赤いソース)・レタス




タコシーズニングは↑これ

この袋の裏に作り方が書いてある


【タコミート】5~6人分

牛ひき肉 500g

タコシーズニング 1袋

水 200cc


牛ひき肉を茹でて加熱

目の細かいザルにあけて水気を切る

鍋に入れ、タコシーズニングと水を加えて時々混ぜつつ20分くらい煮詰めて完成


本来は茹でずに炒めるのだけど、大量(牛ミンチ4kg・タコシーズニング8袋・水1600cc)に作る時は大鍋で茹でた方が手早いし、油分もしっかり落とせる。




↑は野菜庫にトマトもレタスも無かった時のもの。

冷凍パプリカを解凍したものを使用。

ピーマン嫌いの人にはアウトだけど、そうでなければ「ひき肉+パプリカ」の相性の良さが味わえる。

ソースに隠れて見えないけど、チーズも乗ってる。

野菜はキッチンで秘かに争奪戦が行われていて、社員食堂は優先度最低なので野菜を手に入れても「お客さん用の調理に使うから」って持ちされる事が多々ある。

生野菜を満足に手に入れられないので、冷凍野菜で代用。




↑半熟目玉焼きを乗せたもの。

近所の店がやってるのを食べたら美味かったので自分もやってみた。

ランチだと食べに来る人数が多い(20~25名)のでやらないけど(ぁ

ディナーなら5~6人程度なので目玉焼き作って乗せてみた。


一般的なタコライスは(白飯とタコミート以外)「レタス」「トマト」「サルサソース」かな。

近所の飲食店の中にはレタスの代わりにキャベツを使っていたり、サルサソースの代わりに自家製トマトソースやケチャップを使っていたり。

あちこちの店で食べ比べてみると楽しい(^▽^)

AD



もともと自分が作るマフィンは市販のものに比べて油分が少ないのですが

今回は試しにバター抜きで作ってみました




【材料】マフィン型10~11コ分

ホットケーキミックス粉 200g

おから 200g

黒糖 110g

豆乳 100cc

卵 2コ

ラム酒 大さじ1

インスタントコーヒー 大さじ1


表面スプレー用として・・・ラム酒 適宜




【作り方】

1.黒糖・豆乳・卵・ラム酒・インスタントコーヒーをミキサーに入れてスイッチON、よく混ぜる

2.しっかり混ざったらボウルに移し、おから・ホットケーキミックス粉を加えてゴムべらでサクサク混ぜる

3.粉っぽさが無くなるまで混ぜたらマフィン型に入れ、170℃予熱オーブンで25~30分焼く

  ※オーブンのメーカーにもよりますが我が家のだと約28分程度になります

4.竹串を刺してみて生焼けの生地がついてこなければ焼き上がり




焼きたてアツアツでも冷めても美味しく食べられます。

バターを使わないと蒸しパンに似た感じに仕上がりました。

AD