消えた過去。

テーマ:
先日 わたしのiPhoneがイキナリご臨終を迎えた。

朝起きてiPhoneを開けたとたん画面がパラパラとBlackout その後何度か蘇生したが、最後は真っ暗な画面のまま動かなくなった。
Siriは答えるので中身は生きているものと思われた。

仕方なく近くのauショップへ。
気に入ってて使い続けたiPhone5 だけど、時代の流れには逆らえない、いよいよiPhone6sに機種変更するしかないのかぁ、、

そもそもデカイの嫌いなんです。
手が小さいのであんなもの片手で持てない。
今使ってる5ならギリギリ片手で操作もできてるし、第1日々使う物って 手肌感覚ってかなり重要だと思うんだけど。
触った感じとか重さとか、大きさとか。


そして、バックアップが取れなかったために初期化して pcのリンゴの箱も最新のに変えたとたん、、、今までのデータが全て消えた。。
3年間の写真、音源、Movie、、、
大事にしてた受信メール。



その時々で意味があって捨てられなかったものもワンクリックで消滅…



思い出したのは中学の頃に好きだった先輩と交わしていた交換日記(そーゆー時代だったのです)


当時、可愛いと思っていた黒鼠のノート。(今はキライ)

{3D8FF751-AE56-4E43-9D69-FF92F49EB399:01}

受験が迫ってるからもう交換日記をやめようと先輩が書いてきた日に、庭で燃やした黒鼠ノートが、火の中でパチパチ燃えていくあの気分を思い出した。

あれは時間がかかった。火の中で灰になっていくのをずっと見ているあの時間が、大事な消化の時間だったのだな。



と、機種変更後の6sにて続きを書いているのだが。

ものすごいアクロバティックな握り方でかろうじて片手持ち。ふふふ。



やればできる。(; ̄ェ ̄)








AD