空手を再開して昨日が三回目の稽古でした。

一回目の稽古で、吐くかと思うくらい息が上がり、翌日の酷い筋肉痛で現時点の自分の身体能力を把握。

二回目からはペースを調節したんでそんな事も無くなったんですが・・・

一回目に酷く筋肉痛になった箇所で右ハムストリングスが未だに完治してねーんでござる(。-∀-)

日常動作、空手の稽古でも手技においては問題無いんだけど

蹴りが駄目

ハムストリングスが突っ張って痛くて足が伸びない。

一回目の稽古の時はそんな感じでは無かったんだが…

二回目以降そんな感じが出て、三回目(GWで一周空いているから約一ヶ月)未だに治らない・・・。

んーー

運動しようという気になるのに半年近くかかった右股関節痛と言い、確実に身体の回復能力は落ちているな~(;・∀・)

まー

四十路突入したおっさんだから仕方ないのかもしれないが。

取り敢えずそんな感じなんで怪我したら、痛めたら駄目ぽ(復帰するのに時間がかかってしまう)なんで無理しない程度に一寸づつがんばんべー、って感じですね。

運動量的には

週一の稽古、出来るだけ毎日の5k程のウォーキング+柔軟運動

(今ここ↑)

身体が慣れたらウォーキングをランニングに、週一の稽古を週二にしたいかな。

あ、後APSカップが終わったら筋トレも始めようかな(上肢、体幹の筋肉痛は結構射撃に影響するんで)

 

話変わって

空手を始めて久々に武道系の情報を収集しているんだけど、やっぱ空手、武道、格闘技、面白いねぇ・・・。

うちがやってた頃には無い情報がザクザク出てくるし(YouTubeなんて無い頃だし)ネットにも色んな情報があるし。

今やってるのは剛柔流だけど、松濤館の中達也先生の動画とかホント面白い、凄い。と言うかDVD欲しい

剛柔流にもあー言う先生居れば良いんだけどなー(うちが知らないだけでいるのかもしれないけど)

ほんで

組手やってて思うのは…やっぱ競技組手なんだよなー

って事かな。

あー、競技組手自体の練習体系を否定はしないですよ

正直あのスピードや間合いの攻防は凄いと思う。

あの間合いからの初弾の速さは凄いし、あの攻防に目、身体が慣れていれば初手のやり合いにはかなりアドバンテージがあるのは確か。

確かなんだけど

アレってやっぱ区切り区切りの当てっこなんですよね。

個人的には接触してからの、接触しつつの攻防と言うか、技術が魅力的なところだと思うんですよね。

なんで、そこんとこ(型の分解、用法みたいな)稽古に取り入れてくれたらなぁ…(子供多いから多分無理かなぁ)なんて思います。

 

なーんて

未だにしっかり技も出せない、組手にもついていけない、型も覚えていない、リハビリ中の身のくせにねぇ…

偉そうに!って感じですよねぇ(自分でも思います)

でも

それはね、時間かければ出来るようになると思います。

出来るようになった先に競技重視の空手で良いのかな?って事ですね。

ま、何にしろ細く(中くらいでも可、だけど無理せず故障せず)、長く、空手(と言うか武道)を続けたいですね。

AD