◇ ねこねこのひとりごと ◇

思いついたときに、思いついたことを、思ったまま、ちょこっとでも書ければいいかなぁと。    ~SINCE2004~


テーマ:
2016年はなんだかんだであまり本を読めなかったかも(;^_^A




恩田陸 「不安な童話」
2016.2.18 読了

冒頭からこの世界に引き込まれる感がすごい!
一体誰が彼女を殺したのか・・・
最後の方は予想もしていなかった展開でただただ驚かされました!
すごい!!
恩田陸面白い!!





加藤千恵 「卒業するわたしたち」
2016.5.6 読了

いろんな「卒業」をテーマに描かれた短編集
続きが気になるような話もあったり。
サラッと読めました





恩田陸 「ライオンハート」
2016.8.12 読了

これももうすごいとしか言いようがない
いろいろ謎めいた所があちこちにあって、コレってどういうことみたいなのがたくさんあるのです。そして最後まで読んでもきっちり「分かった」とは言い難いのですが、ものすごい世界でした
よくここまで書けたなぁと思います。
また、実際にある人、絵、物事なんかも絡めてあってすごいと思います。
時系列で読み返そうかとも思ったのですがやめておきました





西加奈子 「円卓」
2016.9.30 読了

あらすじも何も全く知らなかったので読んでびっくりしました
とりあえず、想像していた感じとは違っていました
この方は好き嫌いが分かれそうですね




西加奈子 「はちみつ色の」
2016.12.16 読了

こちらは2011年に発売されたほっと文庫という、入浴剤とセットの超短編です
32Pらしいのであっという間。
そして…
好きな方にはごめんなさいなのですが、意味不明すぎてちょっとついていけない感じになってます
や、違うな。
言葉が汚すぎて入ってこないんだな(;^_^A
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「読 本」 の記事

テーマ:


神永学  「心霊探偵八雲8」





レモニー・スニケット  「終わりから二番めの危機 (世にも不幸なできごと 12)」
2015.7.13読了

子ども向けの内容なのを忘れていました。
久々だったのでこの文章を読み進めるのはしんどかったかも





レモニー・スニケット  「終わり (世にも不幸なできごと 13)」
2015.7.19読了

やっとハッピーエンドと思いきや・・・
最後の最後まで問題が山積みで、相変わらず周囲の人間は変な人たちばかりで・・・
驚きがいっぱいのエンディングでした





貫井徳郎  「ドミノ倒し」
2015.7.30読了

思ってたより軽い感じの書き方で少し驚きました。
内容は全然違いますが、読んでいて東川篤也の「私の嫌いな探偵」のドラマを思い出しました




中村文則  「王国」
2015.8.16読了

タイトルから想像し得なかった内容で驚きです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東野圭吾  「あの頃の誰か」
2014.1.8読了





周木律  「眼球堂の殺人」
2014.1.27読了


最後の最後で大どんでん返し
気づいたけど、そこにも仕掛け?があったなんて・・・びっくり





綾辻行人  「奇面館の殺人」
2014.5.2読了






荻原浩  「噂」
2014.9.5読了


渋谷の女子高生を中心に広まっていた「レインマン」という殺人鬼の噂
そしてその噂に似た殺人事件が連続して起こる・・・
強烈で読み手を引き込む感じがすごい
とても面白かった。
事件を追っていた2人のチームも良かったからだと思う





神永学  「心霊探偵八雲6 上」
2014.10.20読了





神永学  「心霊探偵八雲6 下」
2014.11.21読了





神永学  「心霊探偵八雲7」
2014.12.1読了






高田郁  「八朔の雪―みをつくし料理帖」
2014.12.8読了
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

藤野千夜  「ルート225」
2013.7.6読了







田中啓文  「ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺」
2013.7.21読了


落語面白い久々にちゃんと観たいなぁ(^ω^)






木皿泉  「夕べのカレー、明日のパン」
2013.7.25読了


亡くなった人物の周囲の人間の物語
短編でそれぞれの死を受け入れる様子が描かれている。






誉田哲也  「ヒトリシズカ」
2013.8.15読了


近い?とは言え、いろんな地域で起こる事件がつながっていく面白さ
衝撃のラスト





有川浩  「ラブコメ今昔」
2013.8.18読了






伊坂幸太郎  「砂漠」
2013.9.8読了






小路幸也  「東京バンドワゴン」
2013.10.3読了


実際にどこかにありそうな古書店
人物は当てはまりませんけどね(*´艸`*)





貴志祐介  「悪の教典」
2013.12.9読了
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


高橋由太  「ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り」
2013.1.17読了






万城目学  「偉大なる、しゅららぼん」
2013.1.27読了


笑いあり、涙あり
さすが万城目さん秀逸です





アンソロジー  「Yの悲劇」
2013.2.8読了


それぞれのYの悲劇
さすがです






三上延  「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」
2013.2.12読了






和田竜  「のぼうの城」
2013.5.28読了






中村文則  「土の中の子供」
2013.6.2読了






垣根涼介  「借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉」
2013.6.21読了


短編で読みやすく、面白かった






上遠野浩平  「しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales」
2013.6.28読了

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



原田マハ  「楽園のカンヴァス 」
2012.3.13読了


絵と一緒に楽しんで欲しい1冊

IMG_20150930_011835796.jpg








有栖川有栖  「高原のフーダニット」
2012.3.30読了

中編3つ
犯人全然分からなかった





高橋由太  「ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り」
2012.6.8読了






伊坂幸太郎  「重力ピエロ」
2012.10.14読了


読んでいるとその世界が普通に思えて、この兄弟が少しズレているなんて全く思わない。
この最強コンビだからこそ成し得たのかもしれない。
全く想像していなかった結末。
完全犯罪
ラスト、終わり方がどちらにも取れるのが実はちょっと怖い・・・






渡辺容子  「エグゼクティブ・プロテクション」
2012.11.21読了

SP、ボディガードのお話。
八木さん(イラスト右)女性なのに凄腕
警護相手は徹底して守る
詳しく調べ、どうすれば不安や恐怖から救えるかを常に考えている。
命懸けの究極のサービス業

いい終わり方だったし、面白かった





蓮見 圭一  「別れの時まで」
2012.12.30読了


謎めいた女性、毛利伊都子。

女優であり、母であり、だがやはり、彼女は 「ただの女」 だったのである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


誉田哲也  「シンメトリー」
2011.4.29読了


さすがは誉田哲也グロさも見えつつ・・・

今回は姫川シリーズ短編で、ちょっと・・・なんて思ったら大間違い
過去の事件の回想、そして現在の事件・・・
姫川玲子のような警察官がどれだけいるのだろう








伊集院静  「いねむり先生」
2011.5.27読了


ぽっこり出たお腹が赤ん坊のよう

足音も立てずに路地へ入り
人ごみでは人にぶつかることなく歩いていく先生

作家・伊集院静はいかにして創られたのか・・・

IMG_20150930_011816233.jpg







橋本紡  「葉桜」
2011.7.27読了


佳奈が高校生になっても書道教室に通う理由はひとつ。
先生が好きだから。
報われないと分かっていても、想いは募る・・・







高橋由太  「大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり」
2011.8.22読了


キャラがかわいすぎて主人公を忘れますww






藤岡陽子  「トライアウト」
2011.9.19読了


「終わりがなかったら全力出せないだろ」








有川浩  「ゆず、香る」
2011.9.29読了


おそらく、バンダイ社員の彼と彼女の話。
ゆずの入浴剤(新製品)とリンクしてて良かった
平行線だった関係もここから始まるのね

入浴剤は、ゆずの香りが広がって・・・すごくイイ
後からフワッとくるのもGood

一応入浴剤がメインの商品なので、今では手に入りにくいでしょうね







畠中恵  「ゆめつげ」
2011.10.4読了







高橋由太  「もののけ本所深川事件帖 オサキ婚活する」
2011.10.24読了


オサキを見える人が登場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Amazon.co.jp


中山 七里  「贖罪の奏鳴曲」
2013.1.2読了




大どんでん返しの結末にやられました


読者をだますのがうますぎる! 私だけ!?



思えば最初からその術中にはまってしまっていたわけです(苦笑)




一人の青年の更生物語

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




福田 隆浩  「ひみつ」
2011.10.6読了

Amazon内容紹介




転校した先の学校で、自分が来る前に行われていた東川さんへのいじめに気づいてしまった明里は、入院している東川さんの事故が、実は自殺未遂ではなかったのかと疑います。


やがて明里は東川さんへのいじめの証拠を少しずつ発見していき周囲に訴えるのですが、最初は優しかったクラスメートもそのことで明里を敬遠し、ついには明里がいじめの対象になってしまいます。


くじけそうになりつつも、明里には前にいた学校での経験から、いじめに負けられない理由があったのでした。




現役の教師でもある作者が、子どもの心のなかにある「悪意」について真剣にむきあって書いた作品です。

ミステリーのように謎を追って読み進むうちに、どんどんリアルな子どもたちの悪意の世界に引き込まれてしまいます。











心にウソをつかないで!




ほんの少しの勇気があれば、何かがきっと変わるはず!







主人公の心情が痛いほどよく伝わってきました。


皆が明里のような強さを持てたら良いのに・・・

加害者にも被害者にもなりうる「いじめ」について描かれたステキなお話だと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


金城 一紀  「レヴォリューションNo.0」
2011.5.3読了



ザ・ゾンビーズ結成前のお話

例年の倍の新一年生。それには理由があった…







「自分で自分の限界を決めちゃいけない」




本当にその通りだと思う。







「君たち、世界を変えてみたくはないか?」




コレだけでもう続き、というか本編を読んでみたくなりますねニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。