ニャンたろうのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
前のブログでディズニーの話を書いたので、もう少し続けますね


ディズニーランドが一番重視したもの

それは「安全性」です。


いくら冒険をテーマにしているとはいえ、危険であっては、おちおち遊んでいられません。


スリルライド(スピードの出る乗り物)で、もしも誰かが大怪我するような大きな事故があったら、それ以降、ディズニーランドは夢の国から、現実の世界に変わってしまいます。


そこで、ディズニーランドでは閉園後、一つ一つのアトラクションにつき徹底した点検をし、部品は十分に使えるうちに交換しているそうです。


こうした点検を毎日夜通しおこない、さらに開園数時間前に最終チェックを毎日欠かさずおこなうことで、安全を保っています。


だから、東京ディズニーランドは入場者5億人を超えながら、大怪我したり、死んだりするような事故はだれ一人あわずに、アトラクションを楽しめているのです。


安全性をPRしている遊園地であっても、ジェットコースターなどのアトラクションは事故や重大な故障のニュースが跡を絶ちません。


ディズニーでこれまで一度もそうしたことがないのは、安全に一切譲歩しない経営方針にあると言えるでしょう。


一つの例があります。


パーク内を流れるアメリカ河は実際は浅いのですが、雄大で深く見せるために透明な水ではなく、水を青緑色に染めています。


また、水に着色している利点は、川底のいろいろな仕掛けが見えないようにもしています。


安全のために、船は水の上に浮いているのではなく、ガイド用のレールの上を進んでいるのですが、水の着色のおかげでレールが見えなくなり、興ざめしないように配慮されています。


ただし、上から見えないために、レールなど川底の状態が分かりにくいというデメリットもあります。


そのため、潜水作業員が冬であっても毎日川に潜って、点検をしています。


また、河の水は汚れたり、虫がわいたりしないように浄化装置を通し、消毒薬を混ぜて、臭いや雑菌の繁殖を防止しています。


川一つとっても、こうした安全管理が徹底されています。


そして、すべてのアトラクションや建造物で同じような管理がおこなわれているのです。


長くなるのでもうやめますが、衛生管理も同様です。


10億に近い食事を提供しながら、ただの一度も食中毒騒ぎがおきていないことから考えても想像できますよね。


ディズニーリゾート内で食料を持ち込んで食べることを禁止にしていることに不平を言う人がいます。


でもこれは、食中毒騒ぎでゲスト(入園者)に食事の提供ができなくなることを防いでいるからです。


ディズニーでは安全についてもこれでいいということはなく、常に安全策を見直す姿勢を続けているのです。



では最後に

ディズニーのポリシーの一つ、この言葉を書いて終わりにしましょう。


「パークは永遠に完成しない」
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。