猫足

気ままな猫生活と共に
飼い主のお気に入りなモノなどを紹介致します。


猫足

2006年3月
ジュリにゃんが膝蓋骨脱臼と股関節形成不全と診断をされ
その後は生牛肉ごはんに切り替えた際にお世話になった参考本
獣医師 木村信子著 「もう迷わない!ペットの健康ごはん」



同著者「犬と猫のためのナチュラルケアシリーズ」の
「関節に関与する疾患と遺伝」を先日取り寄せてみました。
ジュリにゃんは生肉の食事療法で脱臼することがなくなりましたが、
先日関節疾患の猫さんの飼い主さんから相談を受けたのが切っ掛けとなり購入。

喉元過ぎれば熱さ忘れる

まさにその通り!脱臼をしなくなったのですっかり安心しきっていましたが
実際に膝蓋骨脱臼と股関節形成不全が治った訳ではなく、読んでおくべき本だったんですよね~。
切っ掛けを与えた下さったEさんに感謝!

実はまだ内容は読んでないのですが、簡単に読める関節疾患の本って中々ないので
同じように関節疾患で悩んでいる飼い主さんにこういう参考本ありますよーといち早くお知らせしたくて。

目次に目を通すと
関節疾患の原因、疾患への対処、有効なサプリメント、関節疾患の種類、遺伝疾患 について。
目次だけでも興味深いので読む価値はありそうですね!



ちなみに
「ペットの老後を健やかに!~今日からできる内臓疾患の予防と対策~」も持ってます。

犬と猫のためのナチュラルケアシリ

犬と猫のためのナチュラルケアシリ

価格:1,995円(税込、送料別)



ジュリにゃんの膝蓋骨脱臼と股関節形成不全の記事はこちら





http://ameblo.jp/nekoashi-lens/
飼い主natsuの写真blog
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

猫足

薄型液晶テレビ
薄型といってもちょと古い型なので猫が乗るスペースぐらいはあるのですが、一応猫禁止地区。
万が一TVが倒れてきたら危険なので。



猫足
追っ手ぶ~にゃんから逃れる為にTVに飛び乗った場合はちょっとだけ許してあげてますが、
普段乗れない場所を制覇し、ちょっと自慢気なジュリにゃん。

運動神経が多少鈍くとも(笑) こうしてジャンプしたり姿をみていると
膝蓋骨脱臼と股関節形成不全だって事を忘れちゃいますね。

ジュリにゃんの治療日記

膝蓋骨脱臼と股関節形成不全、どちらも手術をしなければ治らないのですが
ジュリにゃんの場合は生牛肉の食事療法で筋肉をつけ脱臼を防ぐ事に成功。
現在は脱臼をすることなくジャンプも高い場所から跳び下りたりも問題なくこなせてますよ♪

こうしてジュリにゃんが元気いっぱいなのも
親切に病院の情報提供をして下さったかのんと一緒。(ソマリと一緒。) のkanon_nekoさん
沢山のアドバイスと相談に乗って下さったfor My Soul Love Russianblues! vol.2 のブルースターさん
のお陰かと、優しいお二人には本当に感謝しております。

そして、当時
記事を見て下さり気に掛けて下さった皆さんの励ましのお陰と思っております。
あらためて、皆さんありがとうございました。。。

猫    猫    猫

ところで
ロシブル協奏楽 のれお君も同じ膝蓋骨脱臼で今年の夏に手術が必要との診断を受けましたが
食事療法が合っているのと自然治癒力で劇的変化が!
脱臼そのものは治ってないのですが、上手に靭帯と筋肉を使って歩けるようになりました!
しかも、元気にジャンプしたり走ったりも。

生後10ヶ月の今月、手術予定をしていたれお君ですが
飼い主のあんぽんさんとの二人三脚で見事に手術を回避することが出来たのですよー。
このご報告、本当に嬉しかったです。

あんぽんさんもホッと一息され、れお君との生活を綴るblogを始められました。
れお君への愛情たっぷりの日記は実に微笑ましいので
是非遊びに行ってみて下さいね♪
もちろん猫の膝蓋骨脱臼についても記事にされてます→




ちゃっかり便乗ディナー♪
飼い主natsuの写真blog


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
猫を釣ってみた。


お、引きが強いっ!




その様で!(笑)


ほんと元気、弱々しく足を引き摺っていたジュリアにはとても見えません(笑)

ジュリアの膝蓋骨脱臼 股関節形成不全 のその後ですが、

これといって心配な要素は何もないです。


<簡単なこれまでの経緯>
今年3月後半、脱臼障害発症。
(参照→        ★(脱臼症状の動画)
先天性膝蓋骨脱臼股関節形成不全と診断。
(関節のゆるみは手術しないかぎりは一生治らない)
(参照→ ★レントゲン写真
初期段階の為、関節周りの筋肉強化で
脱臼しにくくする食事療法(肉食)を開始!(4月頭より)
高タンパク低脂肪の良質の肉は筋肉強化には最適!)
食物繊維不足と脱臼症状が出てから運動不足だったせいもあり、便秘に^_^;
オカラヨーグルトを与えると8日目より毎日排便があり、便秘解消
(参照→
食事療法開始から2週間目で劇的変化!
毎日3~5回していた脱臼症状がピタリとSTOP!

後ろ足強化の遊び(ジャンプ、駆けっこ)のリハビリで
更に筋肉強化UP!
(参照→
現在に至る(参照→
<現在>
相変わらず生肉食です。
(オカラは便通の様子をみてあげたり、あげなかったり。
ヨーグルトと卵の黄身は1週間に1~2回あげています。)
脱臼症状は食事療法開始2週間目でストップして以来、
一度も脱臼していません。(嬉
上記の写真のオモチャが大のお気に入りで、
これをブンブン振り回すとソファを蹴って跳びついてきたりするので、
良い後ろ足強化になっているかと(笑)
飼い主が楽チンな「にゃんだろうビーム」で遊んで欲しいのですが、
ぶ~にゃんばかりが食い付いてジュリは今ひとつみたい^_^;
<ダイエット>
障害が出た当初の体重は3.5kg
関節に負担を掛けない為にも体重維持は絶対
食事量は気を使っていましたが
これといってダイエットしていた訳ではありません。
しかし、肉食効果で体重はさほど変化しなくとも身体が引き締まってきました。
以前はだら~んと垂れたお腹も多少スッキリ!
(まぁ、伸びた皮膚は戻りませんが^_^;)
特にぶ~にゃんは、体重変化はなくとも驚くほどスリムになりました~♪
<食事療法の食材>
現在 「GEN-MEAT手作りごはん 」さんで食材を注文しております。
こちらの食肉問屋さんもペットの犬に肉をあげているそうです。
獣医さんから「そんな願ってもない環境で何故わざわざドッグフードを
食べさせるのかい?」と言われたのが切っ掛けとか。。。
今まではスーパーの肉屋でオーストラリア産牛肉を購入。
国産とは違い脂身は少ないにしても結構あるので
毎回赤身と脂身を分ける作業をしていました。(参照→
時間も手間もかかる作業にさすがに疲れが・・・
こちらを見つけてからは、かなり負担が無くなりました~。。。
HPをご覧頂けると一見ペット専用食肉っぽい雰囲気ですが、
こちらは人間用の食肉卸として許可を得ている問屋さんです。
ペット用としての食肉は一切扱っていないので、飼い主ももちろん食べれますよ♪

<あまり知られていないが、結構多い猫の膝蓋骨脱臼>
猫の膝蓋骨脱臼、世間ではだたの怪我として扱われがちですが
酷くなると歩行困難になるまで悪化する事もあります。
猫はあまり痛みを表に出さないですが、グレードが高くなるほど痛みを伴います。
獣医さんと相談の上、食事療法サプリメント
飼い猫の負担を早くなくしてあげるのがベストかと思います。

また症状のグレードが高く手術を考えている場合は、
股関節形成不全を併用しているかどうかも視野に入れて
獣医さんと相談して決められる方が良さそうです。
股関節形成不全を伴っていると、膝蓋骨の整復手術を行った場合の予後も、
股関節の向きによってよしあしがきまってくるという論文があるそうです。
こちらは膝蓋骨脱臼のお仲間kanon_nekoさんのブログです


以上、長々と読んで頂きありがとうございました!




※全ての画像、クリックで拡大してご覧頂けます。

にほんブログ村 猫ブログへ ポチッと一票入れて下さいませ!

    ↑         ↑
ポチポチッと宜しくお願いします♪


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。