エルスケおいで!

ノルウェージャンフォレストキャット写真ブログ。


テーマ:
最終日は氷見で買い物をした後、
黒部峡谷鉄道へトロッコ列車に乗りに行きました。

IMG_6536.jpg


目的地は宇奈月温泉の源泉である、「黒薙温泉」です。
ここは電車+徒歩20分でしか行けない秘境の温泉です。



やっと快晴!

温泉噴水のある宇奈月温泉駅。

DSC_6770.jpg


トロッコ列車は緑と風が気持ちよかったです。

DSC_6588.jpg

DSC_6606.jpg

景色もなかなか!

DSC_6617.jpg

お城みたいな建物は水力発電所。

DSC_6755.jpg

DSC_6628.jpg


「黒薙駅」で下車。

DSC_6645.jpg


駅員さんが面白い人で、お喋りしたり、写真を撮ったりしました。
その時、真っ黒で大きなスズメバチが飛んで来たんだけど、

駅員さんがハエたたき片手に「任せとけ~」って
おおおお いくねー!  勇敢! と思って遠巻きに見ていたら


バシッ! 
ハチ回避~! テレレッ


バシッ! 
ハチ回避~! テレレッ


バシッ! 
ハチ回避~! テレレッ



ちょ、ちょ、ちょ、 !?!??!


「あはは 逃げられちゃった」



ぎゃあああああああ まさかの刺激損っ 笑!!!


いい思い出ができました。

(駅にポイズンリムーバーは置いといて欲しいですね)

IMG_6484.jpg





さて、黒薙駅のホームで、
線路を渡って奥の階段を登って温泉を目指します。

DSC_6647.jpg

DSC_6649.jpg

DSC_6650.jpg


所々無理やり整備された小道を冒険気分で歩きます。

岩すごい。岩!

DSC_6660.jpg

DSC_6730.jpg

DSC_6728.jpg

こんな看板もあったり・・。

IMG_6447.jpg


平坦な道は少なくて、登って降りての繰り返し。


きのこも見つけました。

IMG_6450.jpg


20分程歩いたら温泉に到着です。
いい所だ!

DSC_6719.jpg

宿泊もできる、管理された温泉です。




川沿いの温泉は水着可の混浴です。

DSC_6711.jpg


IMG_6467.jpg



DSC_6676.jpg


泉質は柔らかくてヌルヌルするアルカリ系。

DSC_6686.jpg


3人でのんびり、まったり。

「別世界みたいじゃー・・」

DSC_6697.jpg

DSC_6706.jpg

湯に浸かりながら空を見上げると
世俗の喧騒を忘れられます。



ハァ~






しかし!!!

夫の入浴スタイルは、だらけ過ぎ!
何かあった風に見えるからやめてください。

IMGP1759.jpg



温泉を満喫したあと、氷見で買った非常食「きんつば」と
館内で珈琲をいただき、再びトロッコで帰りました。

DSC_6727.jpg

DSC_6733.jpg


IMG_6486.jpg




*

宇奈月の駅にあった
観光客の「どこから来たの?」マップが面白かったです。

IMG_6511.jpg


あと、これ!

「黒部渓谷動物発見証明書」 
残念ながら、見つけられませんでした。

IMG_6492.jpg


*


宇奈月には地ビールがあります。

IMG_6557.jpg

宇奈月麦酒館があったので、ここでビールソフトを食べ、
ビールを買って帰りました。
併設の道の駅で、「黒部米」というお米も買ってみたんだけど、
これがすごく自分好みで!!! 素敵な出会いでした。

IMG_6561.jpg


ややほろ苦いラムレーズンアイスのようなお味。
大変美味にございます。

*
*

いよいよ、東京に帰ります。

その前に、最後の腹ごしらえです。
帰り道、富山の栄食堂で
ネットの口コミを見てすごく気になっていた「たら汁」を食べてきました。

IMG_6572.jpg


たら汁。

富山の海沿い、もうすぐ新潟に入るぞーっていう所で
「たら汁街道」と呼ばれる、たら汁屋だらけの場所があります。


そもそも、たら汁って何?

たらが入った、とにかく旨い汁物です。
骨系のスープに、コクのある(カワハギの肝のような)肝が溶かし込まれており
ダシが美味しくて、薄味なのに丁度いい。残せない美味しさ。

見た目はこのように・・混沌とした食べ物です。
鍋で提供されます。ライスと一緒にいただきます。

IMG_6577.jpg

富山の漁師料理らしいです。

ここでイカとバイ貝も食べました。

IMG_6573.jpg

IMG_6574.jpg

バイ貝・・鮮度の良さが伝わります、味付けがとてもよい。

そして、イカ!見た目は普通なのに、こんなに美味しい茹でイカ食べたことない。
お醤油は甘口でした。

栄食堂、恐るべし。


たら汁屋のすぐ裏。
遠近法の手本みたいな「消失点」スポットを見つけました。

DSC_6775.jpg

DSC_6774.jpg

まっすぐ!

*
*



ここから車で5時間くらい、夫と妹が運転を交代しながら帰りました。


~車中の会話~

妹「亡霊がみえたー」
私「おお、疲れたんちゃう?そろそろ運転代わるか~?」
夫「じゃあ次のSAで」
妹「ありがとー♪」

~ fin ~


亡霊が見えたら運転は代わった方がいい。
安全第一!! 

自分達が亡霊にならないように帰りましょう。


以上、富山の旅でした。
無事に帰ってこれてよかったよー。


最終日、エルスケはシッターさんの前に姿を現しました。
よかったよかった!

20150709_184332.jpg

1436436507230.jpg


読んでくれてありがとうございました。
AD
いいね!(15)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
完全自炊の二泊三日を終えて、最終日。
五箇山を離れ、富山の海側に出ました。

富山県高岡市。ここは私にとって特別な「住所」です。
小学生の頃からの文通相手がこの町出身なのです。

IMG_6320.jpg

かれこれ20年以上、私の手紙がここに届き続けていたんだな、と。

IMG_6322.jpg


初めて目にする高岡の町並み。
なんだか、懐かしい古さ。

IMG_6325.jpg

仏具屋さんやクラシックな店が多く個性の強い町です。
現役のミルクホールがありあそうな感じでした。

カメラ持って散歩したいな~って思いました。

案内地図に「大仏」があったので行ってみました。


高岡の大仏

IMG_6336.jpg

特徴:住宅地の中に急にある

小さくもないけれど、大きくはないです。


龍の角に柄杓。

IMG_6326.jpg

これを「良し」とする感覚って、ちょっとおもしろい・・笑。


一番の見所は、大仏の中です。

B級な地獄絵図が飾られた回廊をすすむと、
仏具の町「高岡」を感じる事ができる、本気のおりんがあります!!!


「久乗おりん」の干支おりん。
十二種類の音色を大仏の中で鳴らすことができます。


ちーん 

文字通り「余韻」が耳の奥に心地よく、いつまでも残ります。

干支おりんは、複数の余韻同士が交じり合った時が特に最高ですね。


おみやげに、オトノスイッチというおりんを買いました。
ほんと、いい音です。

*

高岡みやげ、は日本の美しいクラフトが有名です。

能作のぐい呑、風鈴、すずがみ、Oriiのコースター
高岡漆器と螺鈿(らでん)のカードケース、箸置きなど・・。

いつもは食べ物、調味料、お酒ばかり買うのですが
今回は雑貨、食器なども買って帰りました。

デザイン性と日本の高い技術がうまく合わさった
本当に良い品がたくさんあり、買い物が楽しめました。

友達の結婚祝いも、ここで購入。
早く渡したいなぁ (*^.^*)


*
*

高岡で出会って驚いたのが「高山右近」像

こんなところで出会うとは。
むしろここだからなのか!

IMG_6338.jpg


漫画「へうげもの」が好きな夫婦としては
キリシタン大名、高山右近が非常に良いキャラなので、嬉しくなりました。

ああ、でも、顔が(漫画と)違う!笑

*
*

氷見へ移動しました。

途中、スーパーでこのエリアらしい食品を買いました。

IMG_6346.jpg

昆布入りかまぼこ、北アルプス麺つゆ、
霊水醤油あなん谷、など。

IMG_6641.jpg

IMG_6634.jpg


霊水!?
なんだか、怪しいけれど、
色が薄かったのでかぼちゃの煮物に使いました。


ちなみに、今回の旅で一番美味しかった「お菓子系」みやげは

氷見の次郎平のきんつばです。

IMG_6471.jpg

これが、断トツのぶっちぎりで、美味しいお菓子でした。
上品な甘さの餡といい、生地のかおり、質感。

ああ、これ、奇跡!!

氷見みやげは絶対これにしたほうがいいです。
もう一度食べたくてお取り寄せしちゃいそう。

消費期限が3日っていうね。
悪き菓子です。わあああっ


(このきんつば、最終日の秘境歩きの際に「非常食」として持ち歩きました~)

*

氷見は藤子不二雄A先生の出身地だそうで、
ハットリくんロードを歩いてきました。

IMG_6383.jpg


この猫キャラ、影千代が可愛い。

IMG_6364.jpg

IMG_6362.jpg


A氏がデザインした氷見オリジナルキャラクターも飾られています。

IMG_6369.jpg

像の前に立つと、かなり「アクの強い自己紹介」音声が流れます。

IMG_6370.jpg

IMG_6367.jpg


このタコ!!
結構なゲスいキャラでドン引きだったよ(いい意味で)

IMG_6348.jpg

ちゅーしちゃうぞ ちゅ~~~~ うへへへへ

*

楽しみにしていたのがこれ。「笑ゥせぇるすまん」!

IMG_6384.jpg


私の名前は喪黒福造、人呼んで笑うせぇるすまんでございます
いいえ、ただのセールスマンではございません、
私の扱う品は こころ! 人間の こころでございます!!

ほーほほほ


子供の頃、モノマネしまくったこのセリフ。
口に出してみると、案外覚えているもの! (((゜д゜;))) 

枕草子の冒頭レベル。いや、それ以上?


そうそう。
昔住んでいた中野区鷺ノ宮に「魔の巣」のモデルになったBARがありました。

*

なんだこりゃー。
藤子不二雄作品の石像をこれ以上無いっていうくらいに、
アピールしてるお寺をみつけました。

IMG_6371.jpg

・・!! このお寺が藤子不二雄A先生の生家だったのですか。
いや~おどろいた。

IMG_6377.jpg

IMG_6375.jpg



*
*

氷見では魚料理が食べられる魚恵さんに宿泊しました。
ここにきてようやく、上げ膳据え膳の宿!

IMG_6397.jpg


昆布締め系のお魚と、岩牡蠣が特に美味しかったです。
牡蠣ってやはり、産地(瀬戸内海、太平洋側)によって全然違いますね。

IMG_6400.jpg

ここに来てようやく、好みの牡蠣に出会えた~って思いました。

トマトと酢で食べたのも良かったのかも?
自宅でも試したいです。


ここの宿は近くの氷見温泉のお湯を持ってきてるんだけど、
塩辛い熱い湯が気持よくて疲れがとれました。

清潔で満足できる宿でした。

*

・・一方その頃エルスケは、シッターさんに誘い出されつつありました。

20150708_102708.jpg

20150708_102736.jpg


最終日、黒部峡谷と秘境の温泉へつづく

AD
いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
前日までちょっと移動が多かったので、今日は近場で写真を撮ったり、
のんびりします。

私が泊まった五箇山(ごかやま)は、有名な白川郷のすぐ近くにある
合掌造りの集落で、相倉集落と菅沼集落の2つの集落があります。


平日なのと、雨だったこともあり、
霧がかった、しっとりした写真になりました。

iPhone5sのカメラが手軽にきれいに撮れるので
重たい一眼レフが、一層、肩に食い込みますね (ノ_・。)

携帯で撮った写真は絵文字  で印をつけておきます。


○白川郷にて

白川郷は海外からのツアー観光客が多く、団体さんで賑やかです。

花や植え込み、景観の完成度が高いと思いました。
和風テーマパークみたい。


IMG_6208.jpg

 

IMG_6236.jpg

 




IMG_6217.jpg



IMG_6210.jpg

 かかし

IMG_6201.jpg

 ↑

DSC_6480.jpg

田んぼが好きなので、この季節を選びました。


同じ風景を携帯と、カメラで撮り比べてみた。
右下に黄色い花を入れた写真を撮りたくて。

IMG_6231.jpg

 ↑これが携帯

こちらが広角レンズ↓ 

DSC_6472.jpg



唐辛子の「魔除け」!? を買っちゃいました。

IMG_6222.jpg



このラベンダーが周囲にとてもいい香りを放っており癒やされました。

IMG_6228.jpg


DSC_6499.jpg



雨でキノコが絶好調でした。

IMG_6234.jpg

 ケコガサタケかな?



○相倉合掌造り集落にて

五箇山は比較的、こじんまりとして、
落ち着いた感じです。

DSC_5766.jpg

DSC_5773.jpg

DSC_6520.jpg

相倉は棚田が見所ですね。
そして、歩いて気付いた。棚田は坂がしんどい。
田んぼのお世話も大変だわ~。

DSC_5777.jpg


わざわざ登ったビュースポット。
急に霧が出て立ち尽くす私たち。

DSC_5765.jpg

白い部分におそらく、集落全体が見渡せる予定だった。


○菅沼集落にて

DSC_6558.jpg


菅沼はコンパクト!
車の窓から集落がチラッと見えたとき
思わず口を衝いて出た言葉が

『かわいいっ』 


合掌造り集落=かわいい !??


でも、そこだけ箱庭みたいに別世界で「かわいかった」ですよ。

広い田んぼと、野の花と。
冷たい水が流れる集落、それが菅沼。カワイイ!!


IMG_6288.jpg

 ↑

DSC_6538.jpg




IMG_6295.jpg

 アジサイの季節!


IMG_6301.jpg

 









翌日は氷見に向かいました。

つづく

AD
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。