エルスケおいで!

ノルウェージャンフォレストキャット写真ブログ。


テーマ:
空の旅で7時間ほど眠り、ここからは
気持ちを切り替えていきます。

人生発のUAE(アラブ首長国連邦)に入国です。

着いたのは朝でしたが、ホテルは24時間チェックイン可能なので
空港からタクシーで真っ直ぐ向かいます。

イスラム圏なので長袖、ロングスカート、スカーフの格好をします。

DSC_7926.JPG


宿泊先は左のビル郡です。
ジュメイラ アット エティハッド タワーズ  Jumeirah at Etihad Towers

エティハド航空のストップオーバーキャンペーンから予約すると、
一泊の料金で二泊目無料です。
しかも、早朝チェック・インとフライトまでのレイト・チェックアウトだったので
結構長くお世話になりました。


恐ろしく良いホテルだ・・。
しかも日本やロンドンとくらべて大分お安いです。


朝食も インターナショナルビュッフェスタイルでした。
このスムージーが美味しくて・・。

IMG_8418.JPG

いくつもおかわりしてしまった (●´ω`●)ゞ

アラブスイーツの、サフランプリンも美味しかったです。
優しい甘さで、あたたかいの。

IMG_8420.JPG


キャンペーンのおかげか、おそらく良い部屋を使わせてもらえました。

01bc935fe59509c8a8b8759847195c1483c5cf0292.JPG

DSC_7889.JPG


部屋はガラス張りになっており、お風呂からの眺めもいいです。48階。

夜は夜景も。

DSC_7943.JPG


ホテルのオリジナルアメニティ!!

DSC_7891.JPG

質は、まぁまぁ!
イギリスの天然ハーブ・アロマ系よりは若干劣ります。


少し休んだあと、ショッピングモールへ買い物に行きました。
アバヤという黒い民族衣装を買いに・・。

ラマダン中なので日没までは公の場で飲食禁止です。

スタバを見つけました。
飲食店はほぼ、閉まってます。

DSC_7920.JPG


ホテルのエントランスからタクシーに乗り、
モールで下車。

タクシーは激安です。初乗り150円くらいか。
基本的にドア・トゥ・ドアです。


タクシーを降りて一瞬、外気に触れたのですが。
恐ろしい暑さ。40度以上あるのかな。

そんな中、出稼ぎ労働者と思われるガリガリのアジア系の方々が
道路工事など行っています。
目につく全ての労働者は外国人のようです。

空港で見かけた、白いシーツを被って黒い輪っかをつけた背の高い髭の人たちを全然見かけません。

-

モールでアバヤを売っているお店を見かけたのですが
どれもモデル体型用でお直しが必要そう。
現地の人はどこで買っているのでしょう・・。

結局、サフランとピスタチオを買って帰りました。(たべもの!)

IMG_8191.JPG


サフラン、日本の半値以下です。やったー。
サフランをケチらずに、パエリア作れるぞー! 

-
-

ホテルに戻り、夕飯のレストランの予約をしてもらいました。
ラマダン中は、日中何も食べないのですが
日没後はみんなでイフタールというご馳走をいただきます。
毎晩、パーティーです。

教科書で習った”断食”と実際は違いますね。
一ヶ月、飲まず食わずで死なないなんてすごい、って昔思ったのですが。

イフタールに選んだのは、エミレーツパレスという
アブダビで有名な7ツ星なんて言われてるホテルです。

IMG_8183.JPG


オイルマネーの象徴のようなゴージャスなホテル。


イギリスの後で見るとこのが普通に見えますが、
アブダビは相当無理しないと緑が育ちません。

街路樹にも全て黒い水のパイプが根元にひいてあります。
石油はあるけど緑と水が無い砂漠の国です。


-

エミレーツパレスの建物見学も兼ねて、
イフタールを体験しにいきます。

お値段は一人一万円程。要予約。
アブダビの一番良いホテルでアラビック料理が食べられるのなら
全然ありです。むしろ安い。


エミレーツパレスのドレスコードと禁止事項。
お国柄、タカ タカ笑い を連れてくるな、と書いてあります。

IMG_8228.JPG


ここに来て、初めてアブダビの国民をたくさん見ました。
”ローカル”と呼ばれる人。

UAEの人口の20%しか本当の国民はいません。
真っ白な布を纏い、サンダルを履いた背の高いローカル。

ほりが深くて濃いまつ毛の女性を連れています。
真っ黒なアバヤの下は明らかにハイブランドのバッグや靴。

多くの国民は労働もしていないそうです。
ローカルが通ったあとは、甘いアラブの香りが漂います。


エミレーツパレスの内部。キンキラキンです。

DSC_7933.JPG






ビュッフェ会場の入り口にあったのがこれ。
デーツ。ナツメヤシの実。

IMG_8205.JPG



黒糖のような。ひたすら甘いドライフルーツ。
アラブで唯一、自給できてる食べ物なのでは? と、思ったり。

コーランで「神の与えた食物」と言われるせいか、
ちょっといいポジション。

アラビア料理はあまり食べたことのないものが多い。

ローカルたちが何を”召し上がっているのか” こっそり視察します。

白いペースト状のものが多くて、だいたいチーズ味なんだけど、
ゴマ風味だったり、しょっぱかったり。
これが大人気でした。


IMG_8209.JPG

※ペーストの盛り付けが難しくて・・ 笑! 


肉は羊肉が多いのかな。
意外と魚料理も多くて、でもちょっと臭みがある。

日本で食べられるもので身近なものだと、ビリヤニかな。
スパイスはクローブとサフランが多め。


IMG_8207.JPG

※ビュッフェテーブルが美しかったけれど、写真は他のお客様がいたのでなし。



ちなみに、一番美味しかったのがスープ。
高級ホテルの本気が詰まったエビのビスク系スープは最強。
ひよこ豆のスープも美味しかった。

IMG_8203.JPG



デザートもとても豪華。
一流パテシェの仕事を感じる。

ナッツが多用されている印象かな。ピスタチオ、アーモンドペーストなど。
カカオもいいものが使われてました。

IMG_8201.JPG

IMG_8200.JPG

IMG_8202.JPG


バラの香りの白いやわらかいスイーツがあって
恐らく”ムッハラビーヤ”というアラブの牛乳プリン。

食べるとバラの香りがする。夢のような味。
妖精の食べ物みたいで、忘れられない味になりました。。
ローズウォーターで香りをつけているそう。

IMG_8210.JPG


満腹が憎い。


-
-

イフタールを終えて、エミレーツパレスの中を散歩しました。

IMG_8218.JPG


IMG_8217.JPG

宝石ついてない!?

IMG_8220.JPG

宝飾品がたくさん飾ってあって、美術館みたいでした。

ぜんぶ売り物のようです。

-

お手洗い。

IMG_8213.JPG

トイレのお尻洗いがゴールドバージョン!

IMG_8216.JPG


金の自販機があると聞いていたのですが、見当たらず。
聞くと、撤去されたそう。



なぜか日本の茶室もありました。


いま流行りのVRを装着し、メッカを体験するというスペースがありました。
まさか初のVRがメッカになるとは。

異教徒の自分には一生行けない所を体験できるのは面白いですね。
正しいVRの使い方と言えるかも?


・・VRメッカ すっごい貴重な体験。
うっかり歩き出しそうになる。

あの黒い正方形の大きさを”実感”できるって面白い。
思ったより大分小さい。


体験したあと、写真を撮ってプレゼントしてくれるという。

ハッ 有料の押し付けのやつか (-_☆)

・・・と、思ったら、
無料で印刷してフォトフレームに入れてプレゼントしてくれました。
お金のある国は違いますなぁ~~~~。

写真撮ってもらう時に夫が「歯をみせるな!」って注意されてるのが可笑しかった。
男は笑ってはダメみたいです。


アブダビ初日終了。

IMG_8221.JPG



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよイギリスともお別れです。
夜の便を予約していたのでレンタカーを返却し、空港へ。

ああっ無事にイギリスドライブ旅が終わろうとしている。

-
-

空港内の死角で荷物を整理しました。
手荷物などをスーツケースにしまいます。

思えばこの時、なぜ・・。なぜ・・。




カウンターで荷物を預けようとした時に

エティハドのお姉さんが、いたずらっぽい笑みを浮かべながら
『チョコレートをたくさん買いましたか?』 と。

・・・まぁ、それなりに。
キャドバリーのチョコをわりと。

なんで? なんでそんなことを聞くのさ?


『荷物が両方共5キロ重量オーバーしてます チョコ買いすぎです。』

うっ!


『追加料金は合わせて2万円くらいですけど』 

!!!!

ちょーーーーーー っとまった。
ごめんなさい。ごめんなさい。やり直させてください。

土下座。土下座。
ちょっとワタシお腹切りたくなっちゃったよー サムライ刀血


幸い、他にお客さんは居ません。


『チョコ出しなさい チョコ!』

実はチョコは既に手荷物なんです、お姉さん!!!!!

『何が重いの??』

ぶ・・Books かなぁ~

『いいからスーツケースの中の本を全部ここ(量り)に出しなさい』

ふえええ。

-
-

マイナス3キロで負けてもらったような気がします。
ううう。心が死んだ 失恋



最後にお姉さんがスマホに翻訳を表示させて見せてきました。


『あなたは 私が日本に行った時 料理する必要がある』



うああああああああああああ 申し訳ありません。

ヒースローのエティハドのお姉さん、ありがとうございました。
あなたのカウンターに並んだことが運のツキでございました。


エティハド航空に足を向けて寝られなくなりました。


-
-

そして、私のばかやろう。



普段、飛行機に乗る時は重さを気にして緊張しまくりなの。
で、今回は余計な心配をしたくない、と思い

”ラゲッジスケール”を わざわざ買って持参してたの。


↑スーツケースの重さを測る専用の小道具。


ヒースローで一切使わなかったからね。 (〃∇〃)
やってしまいましたわ。



-

-




画像が無いのは寂しいので
突然ですが、飛行機・中東便の機内食をまとめて紹介。



ひよこ豆のオムレツとカレー。

IMG_7566.JPG




スパイシーなチキン系。カレー味の野菜を添えて。

IMG_8150.JPG



クスクスとタジン。

IMG_8151.JPG




和食。炊き込みご飯と魚。これは・・残念☆ 
機内食で絶対食べちゃいけないのが和食と魚と麺ですね。あと、温野菜。

IMG_8440.JPG



常識だったかしら。

和食以外は、かなり美味しかったです。(機内食としては)

つづく
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最終日、オックスフォードに宿泊しました。

コッツウォルズとはまた違ったイギリスらしい町並みです。
人もたーくさん。

D40_5963.JPG

D40_5965.JPG

D40_5973.JPG

D40_5951.JPG


01fcd205908430f9560895c527824a034027b4eb0a.JPG

この日はどしゃぶりの雨と晴れが20分おきに繰り返すような
観光客泣かせの日でした。

大混雑と大雨、歩きにくい石畳。消耗してしまいます。

オックスフォードは最低3日は滞在したいくらい見所満載。
美しい町並みでした。

晴れた日にゆっくりまた今度来たいですね。

IMG_8130.JPG

ルイス・キャロルが好きだったのでアリスショップに立ち寄りました。

お土産にエッグカップなどを購入。

IMG_8131.JPG


IMG_8449.jpg


ここも大混雑で原宿みたいでした。
日本の若い女性が多かったです。

夜、パブで飲んでる時も、日本人留学生グループが居たので
留学いいなぁ、と思いました。

-

最後の目的地、ブレナム宮殿へ。

オックスフォードから車で20分くらいのイメージだったのだけど・・。

広い!! 広すぎてどこから入っていいかわからず。
最寄りの町、ウッドストックの中を車でうろうろしてしまいました。

天気の方も相変わらずで大雨、晴れを繰り返します。
ついには雹(ヒョウ)まで。


イギリスの公園やお屋敷って敷地が広大な所が多くて難しい。


なぜかウッドストックの駐車場に車を停めて、歩いて向かいます。
この日は特別なイベントがあるためメイン駐車場は関係者のみ、っていう情報は
正しかったのか否か。


悶々としながら、宮殿の敷地内に入ります。

おおおお。
これが本場のケイパビリティ・ブラウンの風景式庭園

DSC_7824.JPG


見渡すかぎりの「作られた風景」・・うつくしー!


宮殿内部も見学しました。

DSC_7877.JPG


豪華絢爛過ぎて麻痺しそう。

DSC_7830.JPG


天井までどこを見ても美しい。

パステルカラーの色が素敵な巨大パイプオルガン。

DSC_7839.JPG


DSC_7835.JPG

DSC_7838.JPG




DSC_7845.JPG

IMG_8135.JPG

DSC_7871.JPG


このテーブルでランチ(街で買ったサンドイッチ)を食べました。

DSC_7876.JPG


DSC_7848.JPG


もの憂げなふしぎ動物彫刻。

DSC_7854.JPG


おしりがきれいな彫刻。

DSC_7858.JPG

DSC_7865.JPG

↑このお庭は上から見たかった・・。宮殿のどこかの窓から見られたのかな。



ところで・・!!!

美しい芝生の上のコレ。
何だと思いますか??

横になが~い。シンプルな車輪付きの何か。
芝生に肥料をあげるものでもなく、刈るものでもない。
雨の多いこの地で局所的に水を撒く必要は無さそう。

DSC_7861.JPG


ぜんっぜんわかりません。
『ふしぎ発見』のクイズみたいなのに、答えがわからない・・。ああああ きもちわるい。


勇気を出してメールで問い合わせた所、とても親切に教えていただけました。
感激です。




〈答え〉
クリケットの試合用ピッチ(エリア)が濡れないようにするためのカバー



クリケット~!!
名前は聞いたことがあるけど イギリスの伝統スポーツ!

『イギリスでは上流階級が楽しむスポーツとされており、試合中にはティータイムもある』

こんなきれいな芝生の上で試合をするとは。

まさかのスポーツ目的。ガーデニングは一切関係無かった!
質問してよかった~。

ちなみに、英語で質問メールを送ったら3分後には返信がありました。
あまりに返事が早かったので送信ミスで戻ってきたかと思いましたよ。

ブレナム宮殿、おそるべし。

ブレナム宮殿、帰りの飛行機もあり、ほとんど見られず。
入場券が年間パスポートになっているので、できたら、できたら・・・ また行きたいなぁ。1年以内に! 笑 さすがにむりか・・。

IMG_8444.jpg

IMG_8448.jpg

イギリスみやげに囲まれるエルスケ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。