{DFD0DBD7-B0A4-41EC-9AC0-8713130F25D9}


Seriaの木製収納収納BOXを使って、平置きキャビネットを作りました。

製作プロセスを2回にわたって綴ります。

第1回は、材料をcutしてパーツを揃えることがメインになります。


◆今回使用した木材料リスト ◆

すべてSeriaで揃えることができます。

・木板45×9cm を5枚
・木製収納BOX 大 21×24.5cm を2個
・木製角材3P 45×1.2×1.2cm を5本
・木製角材2P 45×2.5×1.5cm を1本

百均の商品は個体差があるので、必ず現物を確認して寸法調整するようにしましょう。


◆製作プロセス◆

【①-1】
まずは天板のパーツを作ります。
『木板45×9cm』3枚と『木製角材3P 45×1.2×1.2』1本を、順番に木工ボンドで接着していきます。
長手方向の木口に木工ボンドを塗って、4つの木材をつなげていきましょう。

{8FBA8056-F4B9-46CE-8F75-097F7F1B77F4}

【①-2】
4つの木材がしっかり接着できたら裏に返して、各木材の接合部分をタッカーで留めていきます。

{7749CC4B-8E78-42F1-8DF5-8EED5ADCF486}

【①-3】
天板の奥行に合わせて、『木板45×9cm』を2枚cut。このパーツは側板になります。

{91E5D5CF-B667-4B47-B26D-4D9D2D0770A9}

【①-4】
『木製角材3P 45×1.2×1.2cm』2本と『木製角材2P 45×2.5×1.5cm』1本を、『木製収納BOX 大』を短手方向に2個並べた寸法プラス2mm余分をみた長さにcut。

2mmの余分は木製収納BOXを引き出しやすくするためのクリアランスです。

{EF3C6B1F-D30E-4033-BFA1-8CAAB00CF265}

【①-5】
『木製角材3P 45×1.2×1.2cm』3本をcut。この3本は奥行き方向をつなげるパーツになります。
『木製収納BOX 大』の長手方向の寸法から、『木製角材3P 45×1.2×1.2cm』分を差し引いた長さにcutします。

{4170ACF0-403F-449E-A7A8-C97A02DC0BAA}

ちょっとわかりづらい表現かと思いますので、写真を追加します。⬇︎

【①-4】と【①-5】で作ったパーツを組み合わせて、写真のような構造を作っていきます。

{34DE5887-24B8-4B16-A5B5-846F3512937E}


今回はちょっと複雑な作りになっています。

このような文章で伝わるのかしらと、悶々としながら綴りました。

拙い表現かと思いますが、読んでいただきありがとうございました。

では今回はここまで、続きは次回に。

- おしまい -
AD