築34年の建売中古住宅に人間3人と猫17匹で住んでいます



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年11月20日(月)

まわりまわって

テーマ:ねこ

入院中は出されたごはんも食べず

水も飲まず

断食を決めにかかっている華音(かのん)に

毎日のお見舞いにちゅーるを持っていって

しつこく口につけてなめさせるのが精一杯

でも貧血の数値も22%、25%、27%と上がってきました。
 
免疫介在性溶結性貧血になった原因の一つは
3週間前に打ったワクチンが引き金になったのではないかと言われました
今後華音にはワクチンを打つことはないでしょう
華音自体昔からワクチンを打つと
打たれた場所がかゆくてかきむしったり
食欲がなくなったりしていたので
合わなかったんでしょう
まさかワクチンでこんな病気のスイッチが入るなんて思いませんでした。
だからと言ってうちの子みんなワクチンをやめる訳ではありません。
 
 
あの輸血の日
先生が診療時間外に血液検査してなかったら
翌日華音は冷たくなっていたんじゃないかと
思うとぞっとします
 
先生にありがとうざいますを繰り返すと
「昔、元太に供血を何回もお願いし
輸血を必要としていたのが
華音と同じ免疫介在性溶結性貧血のワンちゃんで
元太に何度も助けられたんで
元太を連れてきてくれたsakuさんの華音はどうしても助けたかったんです」
と先生が話てくれました
 
バーニーズマウンテンドッグの元太の供血が
まわりまわって華音に届いている様な気がしました
 
先生もただその患者の治療をするだけじゃなく
「想い」があるんだ
 
華音の飼い主でよかった
母の犬だけれど元太と過ごせてよかった
 
 
 
元太とワクチン接種に行き待合室で呼ばれるのを待ってる時
診察室から出てきたシーズーの飼い主さんが
「わっ!」とゲンの大きさに驚いて
「すみません」とリードを引き苦笑いして
診察に呼ばれた時に
「突然で申し訳ないんだけれど、ゲンちゃんから少し血を分けてもらえないだろうか?」と
副院長に言われ
即座に「はい。どうぞ」と言って
先生たちがほっとした顔しながら
ゲンの血液検査をして300cc(だったと思う)の血液を抜いて
みんなに「ゲンちゃんありがとう」と撫でられて
元太もうれしそうで。
ワクチンも終わって会計待ちの時に
さっきのシーズーのお母さんがきて
元太に「うちの子に血をくれてどうもありがとうございました」と
頭を下げていました。
 
はじめてゲンが供血した時の事を思い出しました。
 
華音のおかげで
ワタシの心が感動で満タンになるのを
華音にこれから伝えていかなきゃね
 
華音は入院から8日後に無事退院しました
貧血の数値は退院時に25.5%で
これから毎日投薬です
プレドニゾロン(ステロイド)を1錠と1/4錠
バイトリル(抗生剤)を1錠
シクロスポリン(免疫抑制剤)を3ml
毎週血液検査をして貧血の数値をみながら
ステロイドを減薬していきます
 
今も投薬中ですが
プレドニゾロンは3/4錠まで減薬できています
貧血の数値も42%と平常値で
あとは入院中の断食で400gも落とした体重を
少しずつ戻して
 
免疫介在性溶結性貧血の再発にならないように
がんばりたいと思います
 
 
これからもずっと一緒にいようね
 
 

  よろしかったらポチッとお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年11月15日(水)

輸血

テーマ:ねこ

7歳の華音(カノン)の話

 

 

 
9月下旬のこと
数日前から鼻の色が白くて
ごはんは毎回80%位は食べて
様子を見ていたのですが
翌日の夕方からは食べなくなって
それでも撫でると伸びをするので
ちょっと前に猫風邪を引いた子が続き
飼い主がバタバタしてた時のストレスかもと思っていました
 
華音は人が嫌いな方で
遊んでくれる人は好きだけど
お膝に乗ることも、スリスリ甘えてくることもしません
 
翌々日には少しぐったりしてる感じで
やっぱり気になって
華音をゲージに入れて病院に
 
他の子の猫風邪で最近病院に行ってたので
先生も「この子も風邪かな?」
「補液などの対処療法で様子をみて、
明日も調子が悪い様ならまた来ることにしますか?」と言われたのですが
明日もまた華音をゲージに入れるのはストレスになると思い
血液検査しちゃってくださいとお願いしました
 
結果をみて先生は「検査してよかったです・・・」と
結果の紙を見せてくれました
そこには血液の値、平常値なら黒色なのに
低値の青色と高値の赤色だらけの結果でした
 
病名は「免疫介在性溶結性貧血 (IMHA)」
 
この病院でもわんちゃんで1年に1匹いるかくらい
猫では稀だと言われました
 
普通ウイルスや細菌が体の中に入ってくると
免疫システムがそれを「敵」とみなして退治するのですが
その免疫システムが突然自分の赤血球を「敵」とみなし攻撃して
貧血、黄疸の症状が出ます。
この時の貧血の数値は16% (基準値は30~52%)
 
入院してかなり強めのステロイド治療となりました。
強いステロイドを使うと血糖値が上がるリスクもありますが
今は「命」が最優先です
そう言われて
にぶいワタシでも大変な病気なんだと理解できました
 
翌日お見舞いに行った時、朝14.2%まで下がり
まあ点滴しているので多分昨日と同じくらいでしょう
明日の朝また血液検査しますと言われて
その夜8時、
もう病院の診察時間は終わっているのに
電話が鳴りました。
 
少しよだれが出ていたので気になって血液検査をしてみたら
貧血の数値が10%切っています
今からsakuさん宅の若くて大きい猫さんからの輸血をしたいので
連れてきてもらえますかという電話でした。
 
慌てて3歳の天(テン)を連れて向かいました。
血液検査をして血液型自体は同じA型ですが
クロスマッチ(交差適合試験)では適合しませんでした
すぐに自宅に戻り、6歳の蓮(レン)と3歳の桃音(モネ)と
華音と同じノルウェージャン、7歳の明花音(アカネ)を連れて行きました
蓮も桃音も不適合で
明花音が適合しました
 
でも明花音の体重は3.8キロ
大きい猫ではありません
4キロ以上の子がよかったのですが
明花音から35CCの血液を採取しました
採血が終わると明花音が口呼吸をして背中がバフバフと上下していました。
すぐに150mlの補液とご褒美にとおやつをもらいました
 
明花音ごめんね。ありがとうね。
 
 
 
35ccの血液は1時間半くらいかけてこれから華音の身体に入れますと
言ってた時間はすでに夜11時
先生寝れるんですか?と言ったら
「いつか寝ます」と笑ってました
 
「sakuさんの華音は出来る限りのことをします!」と
いつもは寡黙な先生がいつも以上に真剣なのに
ただただお願いしますと頭をさげる事しか出来ませんでした
 
 
翌朝一番で病院へ行くと
顔色の悪い、ほとんど寝ていない先生が
とりあえず貧血は19.3%まで上がり輸血の効果が出ていました。
華音は貧血が進んでいた時も若い赤血球を作ることだけは頑張っていて
このまま30%まで貧血が改善されるまでは安心できないと言われました。
 
華音本人はもうストレスだらけで
ご飯もお水も飲まないで
ただ酸素室のすみっこで固まって
触らないで!見ないでオーラを発していました
 
免疫介在性溶結性貧血なんて
はじめて知って
命を落とす子もたくさんいて
このまま華音とお別れになるの?
いや
いつも華音を見るだけで
他の子と遊ぶ姿をみて
そしてジローやシンちゃん、大地を慕っていた華音
まだ私たちは華音が大好きなんだって
かわいくてしょうがないんだって
かわいいしぐさをする華音に
たくさんのありがとうと
いっぱいいっぱい癒してもらった恩返しを
まだひとつもしていないんだ
今居なくなったら困るんだよって
華音にお願いしました
 
 

  よろしかったらポチッとお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月10日(金)

風太舎完成

テーマ:DIY

すみません。何か月も更新を開けてしまいました

ちょっと諸事情で

いつも通りの生活パターンが出来ていない状態です

 
しょうがない
これもワタシの人生なんだと
がんばって生きていかないと。

 

 

さて風太舎の続きです

 

今回の扉の材料は

コンクリ打設などに使うワイヤーメッシュ

必要サイズにカットして刷毛でペンキを塗ります

 

 

扉の枠は1X4材を縦方向に切断し

ワイヤーが食い込むようにドリルで穴を開けます

 

 

扉はブライワックス仕上げ

枠にワイヤーメッシュを入れるのが大変でした

二人掛かりでゴムハンマーを叩きながら

枠に入れました

 
 

 

 

この大物を置く場所は

 

 

このタンスの場所です

 
ふたり暮らしになって
少しずつ断捨離して
この中に入ってるものをクローゼットの中に押し込みました
でもクローゼットもぱんぱん!
そのうち上手に収納しないと
 

 

 

 

 

そして以前に作ったトイレと合体です

 

 

 

イメージ通り!

 

 

 

左側は風太の居住地

夜はここから出てフリーにします

風たんをいじめる若い猫さんを

夜右側にいれます

 

風太をずっと閉じ込めてしまうのはどうにもかわいそうなので
考え抜いて、猫さんの入れ替えで

我が家は今のところ平和です

 

 

 

 

 

 

トイレは立ち上がりが高いのを探し

カインズホームのキャリコ M のフタを外してトイレにしました。

 

 

 

風たん

個室は安心だね

 

 

 

中はすべてクッションフロアー仕様

継ぎ目はコーキングをして

これで何年も使えるはず

 

 

 

 

   よろしかったらポチッとお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月10日(木)

風太舎

テーマ:1階和室
2003年、あんずとあやめが仲が悪く
あんず舎を作り数年隔離しました。
素材はOSBで
表面はリビングと同じ腰壁用の木材を貼り付け
100均のワイヤーメッシュを埋め込み
扉は網戸を貼りました
夏には風の通る窓辺へ
冬は暖房器具の近くへ移動できるように
キャスターもついていました
 
 
 
めでたくあんずがフリーになった時
隔離してたあんず舎が呪わしく
すぐに解体しました
 
 
2007年、空舎を建設しました
 

空はなつめやゴローに攻撃的で
小屋の住人になってからはすっかり引きこもり猫になってしまい
若い時代をほぼ小屋の中の生活をさせてしまいました。
 
空舎もOSB板で作り
マーキングをする子なので
内側壁面はクッションフロアー仕様
引きこもりさんなので
キャスターは付けず
小窓からは外がみえる場所において
冬はペットヒーター仕様に
TVを見るのが好きなので見える場所に置いてました
 

その空も今は二階の住人
老後を伸びやかに暮らしています
空舎もすぐに解体しました。
 
 
 
もう二度と箱の中の暮らしをさせたくないと
願っていたのですが
若い猫の執拗な嫌がらせに
普通にトイレも出来ない位のストレスになってしまった風太(11歳)
それなら、かすみや華音、なつめの様に
二階の住人にしてしまえばいいのですが
二階の住人、大地と仲が悪かったし
空の事も大嫌い
ストレスで舐めハゲもできてる・・
ずっと悩んで
行動に移すのが遅くなっちゃったけど
風太の昼間快適空間を作ります
 
 
 

使う材料はコンパネやOSBではなく
ファルカタ材
コンパネや針葉樹合板より
ものすごく軽いという事で選びました
 
 
ベースの箱を作り
必要な個所をペンキで白く塗り
内側にクッションフロアーを貼っていきます
 

叔母宅のクッションフロアー施工で残った接着剤を使いました
 
 
 
クッションフロアーの切り口は
養生してコーキングします
 
 
続きます
 
 
 

    よろしかったらポチっとお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月26日(水)

監視下の下

テーマ:2階部屋

大ちゃんがいなくなって一か月が過ぎました

なんだかすごく長かったひと月で

このひと月で動物病院に行ったのは

わずか2回

あやめちゃんが細菌性の膀胱炎で行っただけ

ジローの闘病と大地の闘病で

3年以上、最低でも週一の病院通いだったので

病院ロス? Σ(・ω・ノ)ノ!

なんて・・ね。

今のうちに猫病院通帳の金額を増やさないとね。
来月は8匹のワクチンもあるし・・

 

悪性リンパ腫という病気と向き合った2年8カ月
思い返しても
治療については放射線治療をしなかったことに
もし放射線もやっていたら・・・今も元気でいただろうか
なんて想像するけれど
 
でも、脳に浸潤してた腫瘍は
ものすごく悪性化してたちが悪くて
抗癌剤で叩いても
そのうち叩かれない様に防御の仕方を覚え
薬が効かなくなっていく
 
大ちゃんはものすごく悪い奴らと闘ってたんだ
あれ以上がんばれとは言えない
 
もう大ちゃんがつらくないんだと思うとほっとする
 
 
 
大ちゃんは2階部屋の子で
リビングは1階
一日の大半を私はリビングで過ごすので
大ちゃんの側にずっといられない
 
特にごはんを食べなくて
いつ発作が起きるかわからない時は
気になってしょうがない
 
実は一年くらい前にカメラを設置しました
 
きっかけは
hiroさんが家にいない時間に
うちの子たちは何をしてるんだろうって
単なる「のぞき」のつもりで設置したのです
 
 
まさかこのカメラが役に立つとは
購入時は思いもしませんでした
 
 
一階のテーブルの上に
タブレットを置いて
家事の合間にのぞける
 
このカメラのおかげで
一度だけ起きた
1時間以上の長い発作もすぐに側に行くことができました
 
 
カメラがなかったらしょっちゅう二階に行って
きっと大ちゃんもゆっくりできなかったと思います
具合の悪くなった子って近寄らないでオーラ出しますし
タブレットでみて側に行くのを我慢してた事もあります
 
今はまたhiroさんの「のぞき」使用になってますが
本当に役に立ったものだと称賛します
かといって1階にカメラを設置するのは
「NO!」です 
妻の日常をのぞかれる訳にはいかない 笑.
 
 
 
それと二階の温度管理は
 
 
 
二階に受信機を置いて
一階で温度湿度の変化がわかります
 
そばにいなくても
ちゃんとみてるからね(^∇^)
 
 

 

   よろしかったらポチっと押してください

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。