1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-05-12 04:44:34

雑記:ベルギーへ行きます

テーマ:雑記 ect
明日から、週末旅行でベルギーに行きます。

パリから1時間強のとても近い隣国なのに、
訪ねるのは、実は初めてです。

で、目的は、

猫祭ネコにゃーブタネコ

なんと3年に一回きりの開催なので、首を長ーくして待っていました。

さて、どんなお祭りなのでしょうか。。。

また、写真で報告しますね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-05-07 02:10:01

猫写真:あら、どうしたの

テーマ:猫写真 photos chat
本日は、大統領選挙第二回投票の日。

最終結果が出る前に、猫写真更新します。

パリの猫たち、猫たちのパリ-piko 1

自宅に通じる長ーい階段です。

パリの猫たち、猫たちのパリ-Piko 2

バックと同色で見えにくいですが、、、

パリの猫たち、猫たちのパリ-Piko 3

黒猫ちゃん、こんにちは。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-05-04 04:37:15

パリ猫:庭猫、新メンバーです

テーマ:猫たち chats
住んでいる建物の中庭には、井戸があり、20世紀前半の風情をまだ残しています。

パリの猫たち、猫たちのパリ-ピコ!


そして、暖かくなると、この建物に住んでいる猫達の庭になり、外出中の猫ちゃん達に出会えます。

パリの猫たち、猫たちのパリ-ピコ2

新顔のピコン君の写真、やっと撮れました!

パリの猫たち、猫たちのパリ-ピコ3

植木鉢にすっぽり入って、まるで入浴中のようなピコン君でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-27 20:47:19

猫美術:ピアノのレッスン

テーマ:猫美術 art et chat
またまたルーブルで見つけました、猫のいる風景

$パリの猫たち、猫たちのパリ-ぴあの

題名はピアノレッスン、まさしくそのまま。
画家は、、、、すみませんフラゴナールだったかな?


少女の洋服が丁寧にかき込まれているのから比べると、
なんだか、猫の描かれ方、雑なんですけど。
もうちょっと猫らしいふさふさ、とか可愛らしさを表して欲しかった、
と猫好きは思うのですが。ネコ

少女がピアノのレッスンを受けている最中、
ピアノの授業だけじゃなく、恋愛のレッスンも施されてしまうドキドキ。。。
というのが題目だそう。

なるほど、猫は見つめ合っている二人の世界から離れていますね。
猫は所詮おまけ、の存在なんですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-22 22:27:11

2012年 フランス大統領選挙 第一投票日

テーマ:雑記 ect
5年に一回のフランスのお祭り騒ぎ、いえいえ政治の方向を決める大切な日がやってきました。本日はフランス大統領選挙、第一投票日です。

フランス国籍を持っていないわたくしは、投票できないのですが、結果はすごーく気になりますね

何故かというと、わたくしのような外国人にとっても、フランスに住んでいる事で、大統領が誰になるかで、これからの生活に影響が大いにあるからです。具体的に申しますと、

1。滞在許可書
フランスに住む外国人はビザ、長期滞在の場合は滞在許可書が必要になってきます。
これは政党の色によって、許可書が出る条件が変わっています。

個人的な話をしますと、実は、2004年頃、この許可書の問題でとても苦労をしました。
地方裁判所まで行って、勝訴したから、フランスに残る事ができましたが、あの苦く、つらい時期は、きっと一生忘れないと思います。今では、あの時の事を考えると、何でもできる。という自分に対する励ましの材料になっています。。。


2。税金や社会保障に関する事
両方とも高っ! と叫びたくなる、おフランスです。
消費税が20%近く、その上に住民税やら、なんやらかんやら。
社会保障費については、収入から引かれるのが、年金や健康保険以外に、家庭のための保険(子供のいない人にとっては不平等)、国債返却のための掛け金まで堂々とありまして、わたくしは、「政治家がヘタッピンで出来てしまった国の借金を返却するために、人が汗水流して働いた収入から天引きするとは、なんでやねん!」と叫んでいます。

また、困難な状況にある人にとっては、社会保障が手厚い事は、ありがたいことと思います。(ただし、これも受けられるには、条件がありますが)
しかし、国がいくら保証してくれるといっても、好んで貧しくなりたい、とか、重病にかかりたい、と思う人は一人もいないはず。だから、社会保証は、困難から救い出すための一つの手段、きっかけであって欲しい。例えば、生活保護に頼り切って、働かなくなってしまうと、本人にとっても、好ましくない、と思うのですが、残念な事に制度の一種の依存症になる人、悪利用する人がいて、社会的な問題になっています。

税金や社会保障について、減らす事が出来ないのであれば、少なくとも、もっと多くの人にとって平等で、満足感のある徴収&配分にして頂きたいものです。


3。国、社会に関する事
1と2では、政治が変わる事で、個人的に直接関わってくる変化について、話しました。
フランスは、大統領が変わると、本当に税制やら社会体制がゴロっと変わりますので、影響が大きい。

なによりも、システムが変わると、得する人も出てこれば、損をする人も出てくる。そして、社会、景気、雰囲気などに影響が出てくる。
この20年近く、この国に住んで来て、思うのは、段々と、ぎらぎらした拝金主義がのさばる国になってしまったな、と言う事です。特に、この5年間はひどかった。それが、頑固だけれど、意外と節約上手で人情味のある国だったフランスが好きだった、わたくしとしては残念でならないのです。

あと数時間で、第一回投票の結果が出ます。
気がつくと、ながーい つぶやきになってしまいました。
おつきあい頂き、ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。