無印良品や100均のお店の中を歩いていると、あらゆる収納用品があって、やる気を起こさせますよね。

 

「こんなので片付けられたらいいなぁ」と、収納用品から先に選んでしまいそうになります。

 

でも片付けは、”いかに使いやすくできるか” が、いちばん大事。

 

”何をどのように片付けたいのか” を最初に決めてから収納用品を選ばないと、しっくりきません。

 

わたしが収納用品を選ぶときは、いつもこのような順番で考えています。

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

 

① 何を片付けたいのか。まずはターゲットをしぼる。

 

今、自分が気になっている場所や、

なんだか使いづらいなと思っている物をターゲットに。

 

 

② 置く場所を場所を決める。

 

「いつもよく使っている場所は?」

「遠回りせずに、それを手に取れるのはどこ?」

という風に考えて決めます。

 

 

③ 簡単に取り出せる収納方法を考える。

 

バスケットにするのか、埃よけになる蓋付きのボックスにするのか、引き出しにして分類しやすくするのか、トレイの上にまとめるだけにするのか。

 

開ける・引き出す・動かすなど、手数が多いほど取り出すのが面倒で、使わなくなってしまいます。

 

出し入れが楽な方法を選ぶ。

 

 

④ 置き場所と物に合わせた収納用品を選ぶ。

 

置きたい場所のサイズ(奥行き・幅・高さ)をきちんと測っておきます。

 

そのうえで、その場所に合いそうな色・素材の収納用品を選びます。

できるだけシンプルで、買い足しやすいものがおすすめ。

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

 

リバウンドしないためにも、”使いやすく出し入れしやすい収納” が大事です。

 

片付けるときに気をつけたいこと

 

● 用途が同じものは近い場所に置く。

● 部屋のあちこちに点在させない。

● 小分けにしすぎない。

● 取り出しにくいしまい方にしない。

● よりシンプルなしまい方で。

● インテリアとの統一感を大事にする。

 

 

色々考えていると、収納用品を選ぶのに時間がかかりますが、

そのぶん、思った通りに収納できたときの満足感はたまりません♪

 

 

<< シンプルライフおすすめ記事 >>

不要なものを捨てる習慣

1日10分の片づけリセット

持たない暮らし 7つのマイルール

生活感のない部屋にする 9つの方法

 

 

<< 愛用している収納グッズ>>

バルコロール マルチバスケット モノトーン

マルチに使える丈夫なバスケット。

 

 

Gクラッセ A4S ボックスファイル

紙類の整理に。

 

 

ライゼンタール ストレージボックス(フタ付き)

思い出の品・シーズンオフ物の収納に。

 

 

<< megruの楽天ROOM >>

収納・インテリア愛用品一覧(随時更新) 

 

 

<<  ブログ更新をお知らせ >>

Twitter

Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

ディノス  - 購入検討型家具レンタルサービスflect(フレクト)

 

 

<< ブログ書籍 >>

 

保存保存