アニメ映画情報ブログ【 ねじまき恋文のヤブレター 】

見るとアニメ映画知識が
ちょっぴり増えるラブレター。
リブログ/リンクフリーですので
お気軽にどうぞ。


テーマ:
                

今作については謝らなくちゃいけないです。

BORUTOポスター


  BORUTO
 NARUTO THE MOVIE


を見てきました。






人気少年漫画「NARUTO」の正式続編として
ナルトの息子、ボルトを主役に携えたNARUTOザ・ムービー最新作。
どっかの誰かが2代目は死亡フラグなんて言ってました
まさかのNARUTOの劇場版シリーズ最高興収を叩きだしたのだから
素晴らしい話でございます。





で、肝心の出来は?
ということでワタクシが見てきた感想をざっくり言わせて貰えば・・・




サーーーーセンしたー!!

チョーーー・・・

楽しかったです!




本当にすいませんでした。
あんなこと書いてごめんなさい!!
とても良かったです!!
手のひらを思いっきり返してしまっている
お詫びにしっかり感想を書かせていただきます。





●絶妙なバランス感覚に恐れ入る!

本作、物語のバランス感覚が非常に絶妙だと思いました!
しっかりボルトが主役の成長物語という主軸がありながら
(ここがメインになってるってことは重要)
父ナルトとの親子の物語であり、
主人公ナルトが火影になったその先の物語でもある
完結作から続く物語として見事なバランスの脚本でした。

ナルトとボルト


10年以上続くシリーズ作というしがらみの中で
ナルトの窮地をバッサリ省略したり
ボルトの友人達も(人物像は作りこんでいるのだろうけど)
最低限の登場、活躍に抑えたりと
丁寧に要素を取捨選択していった結果、
理想形と思わせられるほど綺麗にまとまってました。

ボルトの性格を表現するのに
“改造データでゲームをしちゃう”ってところも
ストレートではあるものの、次世代のキッズ感がある表現で
「うまいなぁ」と思いました。

マジコン
知ってる人は知っている。知らない人はまったく知らない。闇の世界。


私が小学生の頃もマジコン(ゲームでズルできる機械)とか
そういった類の機械で「俺強ぇー」をやってる身近な友人は結構居ました。
子供ながらに否定派だったので、仲良くしていながらも
内心頑なに「お前たちはせこい。」と思ってました。
そんな思い出もよみがえりました。







●熱い!早い!すごい!アクション

NARUTOといえば、かねてからアニメがすごい!神作画!との
評判を聞く作品でして、アクションシーンに関しては
一目置かれておりました。


が、
今作もまさにその評判に恥じない
スピーディーでダイナミックな戦闘シーンが用意されておりました。

前作「THELAST」や原作終盤をしっかり見ていなかったので、
そこで登場していたのかも知りませんが
ナルトとサスケの“あの”コンビ技とか初見だったので
ビジュアルもスケールも映画的にアガる要素として
ワタクシの親指がビシッと立ちました。


ナルトとサスケ


早すぎてよくわかんない・・・に若干なってる接近戦も
逆にやや視認できるぐらいの方がナルトは丁度いい気がしまして
むしろ、すっごく動くアニメと認識した私としては
この部分も非常に楽しめる要素でしたよ。

ボルトくんみたいな中忍以下の存在が
大活躍する説得力はやや気にならないでもなかったけど
そんなことは捨て置きたくなるクライマックスでした。







●なんでこういうことするの・・・カタスケ&コウスケ

唯一、気になったのが本作のゲストキャラクターである
カタスケ&コウスケ。

カタスケ


ファンブックにて名前までは明らかにしてませんが
このキャラクターには実在のモデルがいるそう。
・・・というか本文を見ると明らかにそのモデルは

町山さん宇多さん


映画評論家の町山智浩さん
RHYMESTERの宇多丸さんです。
宇多さんを「ラップをする映画評論家」と記して
ラジオで取り上げられてましたが(本職がラッパー)、
てっきりリスペクト的な意味でモデルにしたのかと
思いきや・・・本作では完全に
“わかっていない輩”として描いていました。

まったくと言っていいほどリスペクトの片鱗もないので
もしかして、この2キャラクターを作った原作者の岸本斉史先生って
このお二人のこと嫌いなんじゃないかと思いました。

私は御二方とも尊敬している分
このゲストキャラクターが間抜けを晒している場面は
普通に嫌な気分でした。
「ラップもする映画評論家」ってのもガチのDisだったのかと
最近は思っております。
わざとでも、わざとじゃなかったにしても、
この点はふつーに残念でした。








以上、長々と書きましたが
概ね大満足の一作でございました。
今まであんなことを書いておきながら、申し訳ないですけど
普通にボルト君の物語の続きも見てみたいなーなんて
思わせられたのですから、
出来としても大成功だったのだと思います。

本作が次世代化作品の成功作として
今後のアニメ/アニメ映画の良い例となっていく
のでしょう。





  
BORUTO ─NARUTO THE MOVIE─ (JUMP j BOOKS)
劇場版ナルト「 BORUTO  NARUTO THE MOVIE  」 映画特典『 在の書 』
BORUTO -NARUTO THE MOVIE- Original Soundtrack
THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
D4 BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE- ラバーキーホルダーコレクション BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類



◆関連記事◆

【BORUTO NARUTO THE MOVIE】悲しいことに2世代目ヒーローは死亡フラグ

【THE LAST NARUTO THE MOVIE】は絶好調!映画のNARUTOの興行収入話

【THELAST-NARUTO THE MOVIE-】ついに原作が最終回を発表!どうなる劇場興収

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ネジムラ89さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。