テーマ:


フラワーアーティスト奈央です。

最近更新ができておらず、申し訳ありません。

ここ数年、入っている老人ホームから
何回も病院に入退院を繰り返していた
ひいおばあちゃんが亡くなりました。

110歳でした。

ニコニコしていて、怒られた記憶が一度も無く
手先がとても器用でよく縫い物をしていました。
風邪など病気にもかからず90歳をこえ
毎日お家のお掃除を欠かさないきれい好き。

ある日、ちょっとした段差につまづいて
足の骨を折ってしまい歳のせいもあって
そのまま老人ホーム生活となりました。

口数は少ないけれど、よく話を聞いてくれて
一緒に住んでいた幼稚園の頃には
私もよく後をついて歩いたものです。

かっぱえびせんと干し芋が好きで、
よく食べていたっけ。

それから20年近く、老人ホーム生活と
時たま熱を出したり食欲がなくなると
病院に入院しては持ち直す

そんな生活でした。

老人ホームでも可愛らしいひいおばあちゃんは
まるでアイドルのような存在で。

ご飯も残さず全部食べる、元気な100歳

気づけば県の中で指を数えるくらいの
ご長寿さんになり総理にも賞状を貰うほど。

私たちの中では、ひいおばあちゃんは
200歳まで生きるのではないかと
思わせるほど元気だったんです。


それが先週、「入院した」と連絡が入り
おとといには「呼吸が浅い」
「この1週間が山かもしれない。
みんな会いにくるなら今のうちに…」と。
お腹に子供を抱えているものの私も
安定期に入りひいおばあちゃんには
とてもお世話になっていたので
母と妹と3人で待ち合わせて会いにいきました。


けれど、運命というものはなんでか
とても時には残酷なもので。

待ち合わせた時間に母と妹が遅刻。
バスが祝日であまり来ないとのこと。

急いで病院にいくと、
ほんのすこし前にナースさんが
「呼吸が止まったのを確認した」という所でした。

まだ温かく寝ているだけに見える
ひいおばあちゃん。

けれど、呼吸はなくつけられていた
心拍音を確認する機会も数値は0のまま。

誰にも看取られることもなく、
ひいおばあちゃんは亡くなりました。
触ってみるとまだ温かく…
涙が込み上げてきましたがまだ
受け入れることができず泣けませんでしたぐすん

親戚が集まり死亡確認が取れてから
みんなでひいおばあちゃんの思い出話。
みんな覚悟はしていたし、前日にきた人は
「けいれんしていた」と。

年齢もあるし、延命処置をするにしても
そんな姿をみるとそういった事も
いいのかどうかわかりません。
骨もスカスカなので心臓マッサージも、
逆にひいおばあちゃんを苦しめてしまう。

老衰で亡くなったことがまだ唯一の救いです。

記憶も20歳になる前に戻っていたひいおばあちゃん。
今は若い頃の姿で遊んでいるのかな?

あまりに突然逝ってしまいましたが、
昨日病院にお見舞いにいけてよかった。
妊娠中の私はお通夜にも告別式にも
参加することができないので。

今はただひいおばあちゃんにお疲れ様と伝えたいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フラワーアーティスト*吉田奈央さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。