2013年02月19日

町家再生:北本の家

テーマ:町家再生

 我が事務所の町家再生による、埼玉県「彩の国さいたま景観賞」の「幻の4度目受賞」です。(詳しくは我が事務所HPをご覧下さい)

④「北本の家」
 北本から桶川に向かう国道右沿いの宮脇書店の隣、塀越に見える和風の建物です。

 道路拡幅のために新しい住いを敷地奥に建築しましたが、その際に今まであった古い蔵や門や井戸屋などを新しい敷地に移し、新しい建物の回りをそれら古い建物で取り囲み、、環境の継続を図ったのでした。
 完成後に県から「景観賞」の打診がありましたが、建て主は「目立ちたくない」という理由で辞退してしまいました。しかし地元北本市の「住宅賞」は、断りきれずに受賞しました。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月18日

町家再生:ホットスポット 秩父館

テーマ:町家再生
 我が事務所の町家再生による、埼玉県「彩の国さいたま景観賞」の3度目の受賞です。(詳しくは我が事務所HPをご覧下さい)

③「ホットスポット 秩父館」
 これも秩父にある古い旅館の再生利用で、我が事務所が設計を担当しました。
 持つ主が地元の商店会に「建物を貸してもいい」ということになり、「みやのかわ商店街振興組合」がコミュニティー施設に改装し、運営をしています
 建物内には、お休み処の囲炉裏土間コーナー、ボックスギャラリー(個人作品販売)、地場野菜売り場、喫茶・弁当食事コーナー、会議室、商店街事務局などがあります
 観光客や地元の人々が立寄る人気の「ホット・スポット」となっています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月18日

町家再生:満る岡

テーマ:町家再生
 我が事務所の町家再生による、埼玉県「彩の国さいたま景観賞」の2度目の受賞です。(詳しくは我が事務所HPをご覧下さい)

②鰻料理店の「満る岡(まるおか)」
 熊谷の隣町の行田、秩父鉄道持田駅のすぐ近くにある、鰻料理店の建て替え新店舗計画でした。
 依頼主の最初の計画では古い店舗を壊して新築ということでしたが、我が事務所ではその築百年の古い店舗を再生利用しましょうと提言しました。
 始めは乗り気ではなかった店主も、計画途中で先代が亡くなり、自分が生まれ育った古い町家に愛着を覚えたのでしょう、とうとう町家再生の店づくりに踏み切りました。その結果は、大繁盛です。ご主人は過労で10キロも痩せる程でした。
 古風な味の本格的な蒲焼には、古い町家再生の店がぴったりです。私の家内も大ファンで、「ここの蒲焼は
日本三大蒲焼の一つ」と言っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月18日

町家再生:松本教室

テーマ:町家再生
 我が事務所は町家再生の設計で、今までに埼玉県「彩の国さいたま景観賞」を、3度受賞しています。(詳しくは我が事務所HPをご覧下さい)

①「松本教室」
 秩父にある古い旅館を持ち主が学習塾にしたという発想から始まり、「平成の寺子屋」というコンセプトで設計した学習塾です。
 完成後2ヵ月募集したら、塾生が80人から180人に増え、主催者が過労で一時入院してしまいました。
 母親と下見に来た子供が「ここに決める」、塾生の友達が遊びに来て「ここに移る」、などとという具合に
塾生が増えていったのです。
 古い建物は、年配者ばかりでなく、若年層にも人気があることを発見しました
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月18日

町家再生:丁子屋

テーマ:町家再生

 先日根津の「丁子屋(ちょうじや)」を見に行ったところ、以前から貼ってあった解体お知らせが新たに2月18日から解体」と書き直されていて、たいへんビックリしました。

 明治28年創業の「染物・洗張 丁子屋」は、三間真っ角総2階のまこと可愛らしい、根津のイメージにぴったりの建物です。

 さっそく保存運動関係の方に連絡したところ、「・・・建物保存は叶わず、持ち主が当地で建替える住宅に古材としてを利用するl・・・」ことになったということでした。

 古い建物の保存は、我が事務所の経験ですと、「所有者が使う」ということでないとなかなか実現しないようです。
これから町家再生ということで、我が事務所の事例や他事例を、少し書いてみたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)