2016年06月29日

コルビュジェの敷地検分

テーマ:住まいづくり入門
 コルビュジェに関する本を読んでましたら、次のようなエピソードが載っていました。

 コルビュジェは日本から国立西洋美術館設計を委託され、1955年に来日します。
コルビュジェは東京に居た4日間で、なんと5回も上野公園の敷地検分のために足を運んでます。

 もう一つは、フィルミニの教会堂の設計中の話です。
建て主側は地盤工事費の削減のため、敷地変更を要求してきます。
しかしコルビュジェは、設計案を別な敷地で建てることを断固拒否します。

 コルビュジェにとっては、敷地はたいへん重要なようです。
彼は建物を敷地環境と不可分な関係なものとして設計するのですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

negishi-archさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。