公明党って、何なの・・・?

支持母体が創価学会で、国民最優先の政治を目指す日本の政党・・・。

創価学会の第2代会長・戸田城聖先生が、「青年よ!政治を監視せよ!」との

指針を示され、それに呼応した第3代会長・池田大作先生により、

1961年仏法の平和主義・人間主義を基調とした政治団体「公明政治連盟」が創設されたのです・・・。

1962年機関紙「公明新聞」創刊。1964年「公明党」として、政党を結成。

そんな時に池田先生が良く言われていたのが、「公明党なんてなくていいんだ」ということ・・・。

それと同時に、「今の政党に国民目線の政党がないから、公明党が必要なんだ」と言われていた・・・。

国民最優先の政党が、政治を良い方向に導いてくれたら、公明党は不要なんだと・・・。

その後、僕のおふくろが尊敬していて良く指導を受けに行っていた柏原ヤスさんも、

公明党の参議院議員として義務教育の教科書無償化に尽力しました・・・。

その他にも、福祉の公明党といわれるように、福祉政策を中心に様々な

国民本位の政策を実現してきました・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

都議会でも議席を獲得し、キャスティングボートを握る存在となり、都民本位の政策で

欠かすことの出来ないスタンスを今も維持しています・・・。

このところのニュースを見ると、公明党が都議会を改革したものとばかり思っていましたが、

「伏魔殿」と呼ばれる都議会・・・、それほど簡単には浄化されなかったということなんでしょうか・・・?

註:「伏魔殿」は、悪魔がひそむ殿堂。陰謀・悪事などが常にたくまれる所。
  東京都議会・東京都が「伏魔殿」だとの発言もある・・・。

今までも疑問に思っていたのですが、公明党の都議会議員になぜ造反者が多いのか・・・?

そんな都議会に無菌状態で育った、政治未経験の人間が飛び込んだらどうなるか・・・?

甘い言葉やうまい言葉に騙されて、理想とする政治が出来ないのは火を見るよりも明らか・・・。

でも地道に地域を回って集めた都民の要望や提案を、都政に実現すべく努力した・・・。

その結果が、キャスティングボートを握れるまでの勢力に成長したのです・・・。

選挙では候補者全員当選を続ける中、徐々に初心を忘れて行ったんじゃないでしょうか・・・?

これは、地方議員だけでなく国会議員も同じ状況ではないでしょうか・・・?

なぜ、公明党の候補者は全員当選するのか・・・?

創設者の池田先生のご配慮で、勝算のある選挙区にのみ候補者を立てているからなのです・・・。

天下を取ることが目的ではなく、庶民により良い政治の恩恵が来るように、

政治の方向性を庶民第一にするために設立された政党だからなのです・・・。

政治に庶民目線と庶民感覚を反映させるための勢力があればいいのです・・・。

そこには、創価学会員に苦労をかけたくないという、池田先生のお気持ちがあったのです・・・。

当選ラインぎりぎりの候補を立てれば、ただでも手弁当で選挙戦を戦っている学会員に、

さらに負担をかけてしまうことが懸念されるため、ちょっと努力すれば当選できるレベルの

候補を立てているのですがそれでも頑張ってしまい、結果はほとんどが上位当選です・・・。

公明党の候補になるのは、とても厳しいみたいです・・・。

しっかりとした信心のある人で、自分で事業または収入がある人でそれで生活が維持できる人・・・。

「貧乏人と病人ばかりの宗教団体」と揶揄されてから5~60年位しか経っていない・・・、

まだまだ、そんな裕福な人たちはいないのが現状です・・・。

だから、必然的に候補者候補もそれほどいないのはわかるでしょう・・・。

それと公明党の議員になりたいと思う創価学会員は、あまりいません・・・。

なぜでしょうか・・・?自分の悩みを解決するために、信仰の道に入った人がほとんどなのです・・・。

宗教家になるつもりも、ましてや政治家になるつもりもない人が大半だということなんです・・・。

ただ、自分が信仰に励んで現証(現実での証拠)が出れば他人に話したいのは人の常・・・、

それだけで、他人も幸せにしたいと話を続けているだけなんですね・・・。

でも議員候補として推薦されたら、庶民に貢献(利他)するために、使命と受け止めているのです・・・。

でも公明党の長い歴史の中、その決意にほころびが出てきたのではないでしょうか・・・?

そこで、何年か前の創価学会の本部幹部会の席上、橋元男子部長(現・青年部長)が、

厳しい口調で、公明党の奮闘努力ををさらに強固なものにするように訴えられたのです・・・。

これは取りも直さず、戸田第二代会長の「青年よ!政治を監視せよ!」との指導を

心に体し呼応された姿ではないのかと痛切に感じ、僕は感動を禁じ得ませんでした・・・。

青年部長といえば、僕が男子部時代の青年部長は、前・国土交通大臣の太田昭宏さん・・・、

すごい迫力の人で、ず~~っと創価学会なのかなと思っていたのですが、公明党に使命が・・・。

やはり迫力は相変わらずで、尊敬できる大先輩です・・・。

註:創価学会では、国会議員であっても「先生」とは呼びません、~さんです・・・。
基本的に「先生」と呼べるのは、創価学会三代の会長だけです・・・。
草創期には一部の最高幹部も「先生」でしたが・・・。
もちろん教師や医師は別ですよ・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

政治家というのは、究極の金儲けとして行き着いたほんの一部の人を除いては、

地域のため、日本のためを考えて、青雲の志を持った人が就く仕事じゃないでしょうか・・・?

それがいつの間にか、周囲の環境に巻き込まれて「悪」に染まって行くのでしょうか・・・?

それ位欲にまみれた輩が多くなっているらしいので、心して入っていかないと、

「ミイラ取りがミイラになってしまう」などということにもなりかねないので、

都議会だけに限らず、政治自体が大変な「伏魔殿」なのかもしれないです・・・。

そんな中で闘う公明党は、気持ちをしっかりと持って、周囲に影響されないでほしい・・・。

都議会においては、公明党と共産党、わずかに民進党が現地調査の結果を報告してますが、

最大会派の自民党は何をやっているんだろうか・・・?

こんなことをしていると、痛くもない腹を探られることもあり得ますよ・・・。

この問題発覚後のニュースでは一時期、豊洲市場の工事に関わった企業の中に、

前・内田幹事長に関連のある会社があるとのことだったが、その後工事業者の名前は、

全てが発表されずに、なぞがなぞを呼び、闇から闇に葬られそうな勢いだ・・・。

自民党が現地調査に行かないことで、事実を隠そうとしているのではないかとか、

疑われたり、共犯者がいるのではとの有らぬ疑いまで持たれかねないと思います・・・。

もしかしたら、前・幹事長の不正を暴くということになるのではという心配が心の奥底に

あるせいなのかもしれない・・・。←これはあくまでも、僕の想像です・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こんな政治の現状を見るにつけ、公明党の果たすべき役割は大きいと思います・・・。

これも他の政党が、公明党と同じく庶民目線の政党に成長してくれれば、

公明党の役割も終わるんですが・・・、その道のりはまだまだ遠いみたいですね・・・。

世間一般では、公明党は「創価学会」を国教にしようとしているかの様に言われています・・・。

でも創価学会は、そんなことを考えるほど陳腐な宗教団体ではないということなのです・・・。

だってそうでしょ・・・、アメリカみたいに国教をキリスト教にするような国っていうのは、

その教団にそれだけの力がないから、国の力を借りて宗教を広めようということじゃないんですか・・・?

これだけ大きくなって、周りから批判されるような宗教団体というのは自分で大きくなれる・・・、

国の宗教になんかなって、自由を制限された中に身を置きたいとは思わない・・・。

さらに国教にするというのは、皆が嫌っている「政教一致」じゃないの・・・?

政治の力を使って、宗教団体にとって有利な政策をしてもらうように仕向けること・・・。

でも今の公明党には、創価学会員だけに有利な政策なんて、とてもじゃないけど出来ないよね・・・。

サラ金社員・ゲイボーイ・AV女優・AV男優・芸人・タレント・運転手・営業マン・医師・教師・・・、

病気においても、先天性の病・うつ病・各種ガン・その他の成人病・難病指定の病など・・・、

あらゆる職業、地域、立場、病気などにわたって、生活している人たちの集まりですので、

そのどこに焦点を当てても、必ず創価学会だけではなく、他の人々も含まれてしまう・・・。

僕が練馬区に住んでいた時の、公明党の政策で実現した、中学校の体育館の開放・・・、

最初は学会員からの話で、区立中学校の体育館を平日の夜間に解放してほしいと要望があり、

それを実現したところ、月曜日でその日は創価学会では集まりがあって全然使えなかった・・・。

公明党が、創価学会会員のためにと実現した要望が、実は他の人たちに大好評だったのです・・・。

こんなこともあり、逆に皆を利することが回りまわって創価学会のためになることがわかり、

僕達学会員も、それ位大きくなってしまったんだと再認識したものでした・・・。

そうなんです・・・、もう、創価学会だけを利する政策なんて、とても難しいことなのです・・・。

公明党が政権与党の一角を、ほんの一角を占めていることで、皆さんも思っているのでは・・・?

衆議院議員は、自民党289名・公明党35名、参議院議員は、自民党122名、公明党25名、

合計で国会議員は、自民党411名・公明党60名・・・。87.3:12.7の比率。

内閣の閣僚は、官房副長官を含めて24名、だとすれば、公明党は3名でもいいのでは・・・。

大臣は石井さん1名だけ・・・。ちなみに、副大臣は3名です・・・、長沢・古屋・高木の各氏・・・。

公明党は、大臣ポストを欲しがっているんじゃなくて、発言力・実行力を持ちたいだけ・・・。

だから今までになったポストも、福祉の公明党らしく、厚生労働省と、国土交通省・・・。

だからこれで、庶民目線の政党さえ出てくれれば公明党の役割は終了です・・・。

もうすぐだったら良いと思いますが・・・、ここからが大変なのかな・・・?

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

公明党について、詳しいことは・・・、下記URLへ・・・。

https://www.komei.or.jp/komei/

ウィキペディアなどで検索しても、詳しく正しい情報は得られませんでした・・・。

公明党が不要になる時・・・、それは、国民本位の政党が、しっかりと根付いた時なんですがね・・・。

それほど難しい条件ではないと思っていたんだけれど、なかなかクリアできるものではないんですね・・・。

早く公明党よ、なくなって・・・!!!


今日も長くなってしまいました・・・orz


今日は、この辺で・・・、出羽股之介・・・。

AD
2016年9月1日~9月15日までの検索ワードを調べてみました・・・。

細かい内容は違いますが、大きな検索内容でまとめてみたところ、下のようになりました・・・。



順位・・・・・・・・・・・・・大きな検索ワード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・検索件数

1位=====イチジクの甘露煮の製造方法・・・・・・・・・・・・・・・・・19

2位=====開進第3小学校(僕の出身校)・・・・・・・・・・・・・・・・・6

3位=====山崎製パン・たけや製パン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

4位=====デリネーター(道路脇の反射ポール)・・・・・・・・・・・・4

5位=====シャバ駄馬男(秋田の御当地芸能人)・・・・・・・・・・・3

同じく5位 ==河合一(創価学会元教学部長)・・・・・・・・・・・・・・・・・3

6位=====ドンパン節(秋田県民謡) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

同じく6位 ==前川ネギ之介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

同じく6位 ==雪山の寒苦鳥(仏法説話) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

7位=====葱 4文字熟語・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

同じく7位 ==飲み物 昔の言い方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

同じく7位 ==練馬区 風祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

同じく7位 ==同音異義語 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

同じく7位 ==戸田先生 座談会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

同じく7位 ==東奥商事(大相撲クイズを運営している会社)・・・・ 1



以上のような検索ワードで、僕のブログを訪ねてくれる人が多いんですね・・・。

夏も終わり秋に突入したこの時期・・・、八百屋の店頭には日持ちしない果実、

イチジクが短い旬(いや、日持ち・・・)を恨みながら並んでいます・・・(笑)

それを何とか上手に加工して、長い間楽しみたいって人が、割と多いんですね・・・。

以前に書いた僕のブログがヒットして、検索ワードランキング9月上半期第1位を獲得、

毎年のことなんだけれど、半月で19件の検索は嬉しいですね・・・。

僕も「いちじく甘露煮 秋田」で検索してみました・・・。Googleで・・・。

TOPは、秋田県人らしい「じょうまま」の「クックパッド」レシピが獲得しました・・・。

2番目~4番目までは、ここから東に1~2km離れているのでしょうか・・・?

隣の集落「大竹」の、北限のいちじく甘露煮製造「佐藤勘六商店」の関連ブログ・・・。

嬉しいことに、その後の5番目に僕のこのブログがランクイン・・・。

そのブログを見てみたいという人は・・・、

http://ameblo.jp/neginosuke7/entry-10137394029.html ←こちらまで・・・。

2008年9月9日・・・、前のブログに書いた羽部さんの、23回忌の日に書いた記事・・・。



検索ワード2位に輝いたのは・・・、と言っても1位とは大きく離れた検索6件の・・・、

僕の出身校・・・、「開進第三小学校」でした・・・。

東京都練馬区にあって、僕が在学していた頃は「練馬の学習院」と言われるほどの

人気のある公立小学校だったのです・・・。

今でも人気のある公立小学校なんでしょうか・・・?検索されるということは、そうなのかも・・・?

僕が通っていた頃には、クラス52人中21人が通学区域(学区)内から通う児童・・・。

学区外の児童は31人、男子12人女子8人が電車通学、残る11人は徒歩通学・・・。

学区内の生徒の親と相談して、学区内に住所を移して入学手続きをしたらしい・・・。

アパート経営だったので僕のおふくろも、同級生に住所を貸していた人がいたようです・・・。

こういう内容も含めて書いた記事は、Googleの「開進第三小学校 秋田」で検索すると・・・、

開進第三小学校のページに続き、堂々の上から6番目で出てきます・・・。

http://ameblo.jp/neginosuke7/entry-11773282254.html ←詳しくはこちらまで・・・。




検索ワードランキング第3位は・・・、5件で「山崎製パンとたけや製パン」でした・・・。

山崎製パンはご存知の方が多いと思いますが、たけや製パンは秋田の製パン業者・・・。

昭和43年6月、山崎製パンと業務提携して、現在は秋田県内を中心に、

山崎製パンの各種パンを、製造しています・・・。

数年前までは、「たけや製パン」の独自のホームページはなかったのですが、今日調べたら、

新たに作られていました・・・、それまでは得体の知れないパン屋でした・・・(笑)

新たに作られたホームページも、山崎製パンの関連会社ということは「沿革」の中に

わずかにあるのみです・・・。

しかし、山崎製パンと良く似た製品を、別の名前で数多く出しています・・・(笑)

こんなページも、 http://portal.nifty.com/kiji/160713196967_1.htm ありました・・・。

秋田のたけや製パンで売っていて、他県で「まるごとバナナ」として売っている商品・・・、

「バナナボート」が秋田独自の製品であるということ、このブログではじめて知りました・・・。

今までたけや製パンの独自のホームページがなかったので、僕のブログが

検索順位で上の方にいたので、この検索ワードで訪ねる人が多かったんでしょうねぇ~~・・・。

Googleで「ヤマザキ製パン 秋田」を検索すると・・・、これまた5番目に入ってました・・・。

そんな僕のブログが、 http://ameblo.jp/neginosuke7/entry-10159678607.html です・・・。




すみません、急遽変なブログを更新してしまいましたが、いちじくのシーズンは短く、

今書かないと来年になってしまうために、あわてて更新しました・・・。


今日は、この辺で・・・、出羽股之介・・・。


AD

===== 得 す る 情 報 =====

自分独自のQRコードを、作ってみませんか・・・?
QRコードって、色々な所で良く見る四角いヤツです・・・。↓ ↓
 ← 前川ネギ之介のブログからのメッセージ
このQRコードはご存知だと思いますが、QRコードを読み込めるソフトの入ったカメラで、
撮影することで、その中に書き込まれた情報を知ることが出来るものです・・・。
最近では様々なものに、このQRコードが表示されていますよね・・・。
 ← 「機能性表示食品」のQRコード
このQRコードは、消費者庁のサイトのアドレスを表示しています・・・。
これは機能性表示の内容を見られるものですが、製品の原料や飼料や肥料までも
知ることができるものもあり、消費者が食の安全性を確認できるようになっています・・・。
それを見ることによって、その製品のルーツ(生誕からの履歴)を見ることが出来るものもあり、
食品の安全性を自分で確認することもでき、安心感が強まります・・・。
生鮮三品(最近はあまり聞かなくなった言葉ですが・・・)である、青果・精肉・鮮魚にまで
QRコードが付いていますが、見ている人はいるのでしょうか・・・?
食の安全を気にする人が多いにもかかわらず、QRコードで調べてまでという人は
少ないのではないでしょうか・・・?
四角いQRコードの上に重ねて、自分の名前を書くことも出来るんですね・・・。

こんなQRコードを、自分のブログでも貼り付けてみたい人は・・・、

http://www.cman.jp/QRcode/ ← こちらまで・・・。無料です・・・。

出来たQRコードの上にマウスを合わせて、右クリックして、「名前を付けて画像を保存」で
適当なホルダに保存するのが一番簡単です・・・。
このサイトでは、30分で画像は消滅するそうですので、お早めに保存を・・・。

===== こ こ ま で =====


今回のテーマ・・・、

『 商品価格は、全てワケあり 』・・・!!!

毎日色々なものを買いますが、その中の一部に「ワケあり」なんてPOP(広告)に
書いてある商品がありますが、皆さんはどうしていますか・・・?
買いますか・・・? 買いませんか・・・? 「買いま・・・」 ←有吉ゼミじゃないよ・・・!!
ほとんどの人が、その日に使うものだったらワケありでも気にしないで、
買うんじゃないでしょうか・・・?
食品の場合、ワケあり = 早く食べないといけないもの と思ってませんか・・・?
それって、ほとんど正解だと思います・・・。
衣料品の場合は、汚れなどが付いているため正規の価格で販売できないものや
中国製などで、仕上げで取るべき糸くずなどをきれいに取っていないものや、
売れ残りのサイズや色・柄のものなどが有名です・・・。
ワケありというと、マイナスのイメージが強いですがそれは間違った認識かも・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

じつは、小売店で売られているものは全て、値段についてはワケありなんです・・・。
高くても安くてもいつも同じ値段なのも毎回値段が変わるのも、そのすべてが
何らかのワケあり商品なんです・・・。
まず、必ずいつ行っても店に並んでいる商品は、「定番商品」と言って、
次の棚替え(陳列状況の変更)までは同じ価格で常に棚に並んでいます・・・。
このようにいつ行っても同じものが同じ値段で同じ状態で置いてあると、
安心して買い物に行くことができますよね・・・。
しかしその安心できる状態を脅かすのが「ワケあり」となることなんですね・・・。
そんなワケありの理由には、原因別に様々なものがあります・・・。

1.天候や病気などの、生産地または製造現場の問題で価格が変わるもの・・・。
これが一番ダメージが大きく、しばらくの間価格が元に戻ることはないと思われます・・・。
特にその作物の有名な産地で、国内シェアーが高ければ高いほど影響が大きくなり、
そこでの作物は、一から育てないとならないので、月単位での影響が予想されます・・・。
大雨により作物が流されたり水をかぶったり、風や雹に因る落下や傷などがあります・・・。
以前にあったように、狂牛病や鳥インフルエンザでの殺処分により絶対数の減少での価格の急騰・・・。
あとは、中国の毒入り餃子などのために、安い餃子の輸入が減ったり、国産品への移行で
違う商品を店頭に並べないとならないということも起きてきます・・・。
青果なら緊急輸入という方法もありますが、現地でもそれほどの余剰品はないと思われます・・・。
めったにないことではありますが、工場の火事・洪水・地震による操業中止等もあります・・・。

2.トラックや貨車輸送などの物流に問題が発生した場合・・・。
地震・台風・火事・事故などにより、輸送体制が大きなダメージを受けた場合・・・。
それほど、長時間の運休や通行止めはないと思いますが・・・。
限定された商品について、数日間一切入荷しないなどということもあります・・・。

3.自然現象で、必ず毎年少なくなる時期がある・・・。
たとえば、4月上旬のキャベツの端境期、5~6月にかけてのネギの端境期、
これを克服するために、キャベツの雪下貯蔵とか、「坊主知らずネギ」の栽培とか、
色々と試行錯誤して克服しようとしているみたいですが、キャベツでは味は良くなるが、
保存期間を延ばすのは、難しいことが多いようです・・・。
ネギも、収穫量をゼロにしないことでは、収入にもなりそれなりの成果がありますが、
そればかりに力を入れられないのか、まだ絶対量が少ないため、その時期のネギはやや高め・・・。
この時期安く売っているのは、葱坊主を切り取って何事もない様に処理していますが、
葉を触ってみると硬くて、細かく刻まないと生食には向かないように思います・・・。
ペーストにすれば香りだけは楽しめる様な気がします・・・、僕が新商品を開発して売り出そうか・・・?
どうせペーストにするんだったら、美味しい時期の美味しい品種のものを使った方が、
美味しくない時期のものを使うより、顧客も喜んでくれるような気がします・・・。

4.取引先の様々な都合とか、周囲の店との兼ね合いによる価格の操作もあります・・・。
仕入れていた問屋が倒産したとか、業務形態の変更により取り扱い品目が減少したとか、
もちろんメーカーでの製造中止などもありますが・・・。
さらに周囲の競合販売店での販売価格が大きく関わってくることもあります・・・。
先方の特売価格を事前に察知した場合には、その特売価格よりも1円でも2円でも安く
価格を下げて、特売にぶつけることもよくあることです・・・。
相手が卵を安売りすれば、こちらも卵を安売りというように、常に競争になります・・・。
でも僕の良く行くにかほ地区のスーパーでは、卵の特売の場合、ビフレ仁賀保店では
一人2パックまでですが、MAXVALU仁賀保店では一人1パック限りとちょっと差があります・・・。
先日パック入り卵が「1名1パック限り」と書いてなかったので、2パック持ってレジに行くと、
店員もそのことを把握してなかったらしく、怪訝な顔をされて、話すと理解してくれました・・・。
お互いに先方の価格調査はシビアにやっているみたいです・・・。

5.売り場や陳列にも色々なワケがあるのです・・・。
前に書いたことがありますが、まずほとんどのスーパーの入口は、パン屋か青果売り場・・・。
どちらもスーパーには必要な売り場ですが、なぜ入口が精肉売り場じゃないの・・・?
客の大半が主婦層のため、入口に入ったらすぐに食欲を全開にしてもらえるように、
食欲をそそるものを配置してあるんです・・・、入口が二つある一般的なスーパーなら、
片方がパン屋ならもう片方は青果売り場になっています・・・。
それは食欲を感じるパンの香りと、人間の習性でオレンジ色に食欲を感じるので、
オレンジ色の商品の多い青果売り場が選ばれたんだそうです・・・。
肉って生だとそんなに匂いってないですよね・・・、煮たり焼いたりしてないといい香りはしない・・・。
鮮魚売り場の場合は、生臭さが逆に食欲を減退させてしまうかもしれない・・・。
そんなワケで、誰もが食欲を感じるパンと青果が入口近くに配置されているんです・・・。
陳列で言えば、平均的な店では、一番目に付きやすい取りやすい場所には、
一番の売れ筋商品が並び、やや売れ行きが鈍い商品は、売れ筋商品の周囲に配置され、
それ程売れないものは、上段に置かれる事が多いみたいです・・・、
これ冗談じゃないですよ・・・(笑)

その他にも、色々な理由があったように思いましたが、今は思い出せません・・・orz

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

僕の好きなワケあり商品は、魚を捌(さば)く能力の高い鮮魚担当がいて、清潔なスーパーの
マグロの切り落とし・・・、もちろん生食には不適ですが火を通せば大丈夫・・・。

 ← マグロのアラ

このスーパーの鮮魚担当は、なかなか捌くのがうまくて、細かく切り刻んでしまう他店の担当者
とは違い、刺身には不用の部分を一発で落とすので、大きな身が多くて煮付け易いのです・・・。
それと、最近になって値付けされる金額が変わったのも、気に入っている理由です・・・。
このマグロのアラは、約850gありました・・・。
以前はこのアラが、最初の値付け金額で税抜き200円だったのです・・・。
それの売れ残りが、午後5時頃に半額で税抜き100円になってから買っていました・・・。
それがこれを買った日には、最初の値付け価格が税抜き100円、半額で税抜き50円と
安くなっていたので、大喜びで2パック買いました・・・(笑)
それを家に帰ってからすぐに、熱湯で血を洗い流しながら、やや火を通して切り易くして、
それをしょうゆ・みりん・酒・砂糖・しょうが絞り汁を入れた煮汁の中で、ゆっくり煮込む・・・。
なかなか安い酒のツマミになります・・・。108円のマグロのアラと調味料で出来るんですよ・・・。
たくさん出来たので、丸いマーガリンの空き容器に入れて、冷凍保存して楽しんでます・・・。
そうそう以前までは、このマグロのアラですが、薄く切った骨の部分まで一緒に入れて
売られていたのですが、最近は担当が替わったのか、分厚い身で角煮風の煮物になりました・・・。
それ以降買っていないのでその時だけの担当の気まぐれで安かったのかもしれませんが・・・。
あまりこういうのを買う人って少ないんでしょうか・・・、以前の骨入りので買うのやめたの・・・?
これはすぐに調理するのなら、その日に捌いた物なので、新鮮だからお買い得です・・・。
血合いが多いのですが、なかなか安くおいしく出来上がって大好きな一品です・・・。
 買い物をする時には、全てがワケありなんだと考えて、しっかりと値段を見て買いましょう・・・。
いつもと同じだと思っても、その日だけ入荷量が少なくて高いということもあります・・・。
これは生鮮食品、特に青果に多いワケありです・・・。
台風などで特に大きな被害がニュース報道された時には、以後値段が急騰することがあるので、
当面使う分については、買い置きしておいた方が良いと思います・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これに対して、僕達消費者はどのように対処したら良いのでしょうか・・・?

1.各小売店の特売のチラシなどを確認して、当日、近くの店にも必ず顔を出して価格を確認・・・。
先に述べたように、他店の特売やチラシにあわせて、さらに安い価格を出すこともあるので、
チラシの出た店だけに行く人も多いでしょうが、必ず近くの店の価格も確認しましょう・・・。
僕の行くスーパーでは、チラシ以外に「来店特価」と称して、より安い価格で販売することも
ありますので、実際に店に行ってみることをお奨めします・・・。

2.ニュースなどを良く見て、生活情報には敏感になること・・・。
これって生活情報?というようなことも、良く見ておくことが大事です・・・。
昔知人の有名ホテルのコックが、南米の旱魃(かんばつ)に因るオレンジ全滅のニュースを見て、
早く仕入先を変更して、献立に影響が出ないようにしなくてはと言っていたのがとても懐かしい・・・。
一般人は、そこまでグローバルな考えは必要ないと思いますが、国内状況ぐらいは、
把握しておきましょう・・・。
たとえばこの1ヶ月に起きた台風被害のニュースで、北海道のたまねぎが流されるニュース、
僕はすごく深刻に受け止めましたが、皆さんはどうでしたか・・・?
僕は毎朝、ピザトーストを食べていて、マヨネーズ・トマトケチャップ・たまねぎ・ピーマン・
ピザチーズ・ウィンナーソーセージは欠かせませんので・・・。
同じ所に種蒔きからたまねぎを育てると、今すぐ播いても収穫は来年の4~5月になります・・・。
たまねぎの生産は、ダントツで北海道が1位、この先しばらくは、たまねぎの高値は避けられませんね・・・。
特に年内のカレーライスの材料は、全て高くなりそうです・・・。
北海道の水害のせいで、たまねぎを筆頭にジャガイモもにんじんも・・・。

3.特売サイクルを覚えて、衝動買いはしない・・・。
各小売店、特にスーパーでは特売のスケジュールがしっかりと決められています・・・。
僕の行くスーパー「ビフレ仁賀保店」の特売のスケジュールは・・・、
火曜日 ・・・MAX VALU仁賀保店の火曜市を意識した、「火曜得ダネ市」・・。
水曜日 ・・・「ビフレ名物百円均市」
木・金曜日・・・「お酒市」
金曜日 ・・・「金肉市」
土曜日 ・・・「週末ジャンボ市」
その日その日によって、特売品が定められているみたいで、僕はほとんど日曜日にしか行きません・・・。
なぜかって、車で約10分約10kmの距離にあるので、週1回だけなので・・・。
これを知っておけば、特売の前日に高いものを買わなくても済みます・・・。
そう、1週間の計画を立てて家事をすれば、節約もとてもスムーズに行きますよ・・・。

4.値引きシールを張る時間を把握しておく・・・。
もちろん、値引きのパターンも知っておかないとダメです・・・。
10%⇒20%⇒30%⇒50%になるのか、10%⇒20%⇒50%となるのか、
20%⇒50%となるのかを良く把握しておきます・・・、その時間もですが・・・
個人商店では、対話をしながらオマケしてくれることもありますが、スーパーでは明確に
時間を決めていて、○○時に冷凍ケースの温度チェックとか、○○時から値引きシール付けとか・・・。
でもその時間になると、いつも狙っているハイエナみたいな人がたくさんいることに気付きます・・・。
最近では、それほどシビアに値引き品狙いをする人がいるんです・・・。
中には店員の押す値引きシールプリンターを載せた、ワゴンの後を付いていく人も・・・。
でもスーパーでは半額で売ったとしても、ほとんどの商品で利益が出てますから安心して下さい・・・。
ちょっと離れた所から、柱の陰から、店員が値付けするのをしっかりとチェックします・・・柱]ω・`)チラ!
自分の狙っているものに近付いたら、今来たような顔をしておもむろに近付き、
何か商品を物色しているような顔で、刻一刻と近付く目標への値付けシール貼り付けの瞬間を、
期待を込めて温かく見守ります・・・(笑)
周囲の状況を確認して、最高のポジションをキープするように、ワゴンと狙いの商品との距離を
慎重に確認して、店員がシールを貼り付けて置く瞬間を逃さないようにします・・・。
すかさずゲット・・・、ミッション完了・・・(笑)
普通のスーパーは、当日賞味期限を迎えたものを「半額」にしますが・・・、
MAX VALUでは、大福など餅類や団子類は当日賞味期限を迎えたものが半額ですが、
他の生鮮品やパン類は、賞味期限の前日夕方に半額になります・・・。
↑↑ MAX VALUでは、社内規定でそのように決まっているようです・・・。
こんなことも覚えておいて目を付けておくと、安い物を上手にゲットできますよ・・・。

またまた、長々と書いてしまいました・・・m(_ _)m 文才がないもので・・・。
これに懲りずに、また見に来てくださいね・・・。

今日は、この辺で・・・、出羽股之介・・・。
AD