『 青 年 訓 』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 創価学会会長 戸 田 城 聖

新しき世紀を創る者は、青年の熱と力である。吾人等は政治を論じ教育を

勘(かんが)うるものではないが世界の大哲・東洋の救世主・日本出世の

末法御本仏たる日蓮大聖人の教を奉じ、最高唯一の宗教の力によって

人間革命を行い、人生の苦を救って各個人の幸福境涯を建設し、

ひいては楽土日本を現出せしめんことを希(こいねが)う者である。

この事業は過去においては釈迦の教団が実行し近くは日蓮大聖人の教団が

勇ましく戦ったのである。釈迦の教団の中心人物たる舎利弗にせよ阿難にせよ、

皆若き学徒であった。日蓮大聖人の門下も又、皆若き学徒によって

固められていたのである。日興上人は大聖人より廿四歳も若く、日朗も

又廿一歳の年のひらきをもっていた。西より東に向かった仏教も青年によって

伝承せられ東より西に向う大聖人の仏法も青年によって基礎づけられたのである。

吾人等は此の偉大なる青年学徒の教団を尊仰し同じく最高唯一の宗教に随って

人間苦の解決・眞の幸福生活確立・日本民族の真の平和・苦に没在せる

東洋の浄土化を弘宣せんとする者である。諸兄等は此の偉大なる過去の青年学徒群と

同じ目的同じ道程にあることを自覚し此れに劣らぬ覚悟がなくてはならぬ。

霊鷲山会に共々座を同じうした時、末法の青年は『だらしがないな』と

舎利弗尊者や大聖人門下の上人方に笑われては地湧の菩薩の肩書きが

泣くことを知らなくてはならない。

奮 起 せ よ ! 青 年 諸 氏 よ。

闘 お う で は な い か ! 青 年 諸 氏 よ。

しからば誰人と如何なる戦を、吾人等はなすものであろうか。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 以 下 省 略 ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

全文をご覧になりたい方は、

http://love.ap.teacup.com/pianissimo2/42.html

http://micup.web.fc2.com/secn.html にあります・・・。

====================

半分弱書き写したところで、ふと気が付いた・・・。

これを書き写すことに、それほどの価値がないことを・・・。

戸田先生の『青年訓』を知ってほしいと思っただけのことなので、

誰か書き写した人のブログを探してリンクすれば、目的を達成できる・・・。

と考えたので、途中で終了しました・・・。

この『青年訓』は、大時代的な表現と、置かれた状況が今とは少し違うのです・・・。

日顕一味に乗っ取られた宗門ではありますが、当時の日蓮正宗は、

日蓮大聖人の正しい教えを、連綿と伝えてきた唯一の宗教団体であることは、

間違えのないことだったため、賞賛されている表現もあります・・・。

日顕という詐欺師が現れて、血脈相承を偽って乗っ取ったことが原因で教義が歪められたため、

創価学会は日蓮正宗と決別しましたが・・・、その後の日顕の乱心振りはとても異常なもので、

日蓮大聖人の教えを受け継いできた人間とは思えないような、教学力と慈悲のなさが、

池田先生への恐ろしい『嫉妬』の姿となって現れたのです・・・。

当時の日蓮正宗は、創価学会も所属していた正統派の宗教団体だったのです・・・。

その後日顕の行った異常な行為は・・・、

創価学会が、会員のためを考えて整備した日蓮正宗総本山の大石寺の様々な施設を、

ことごとく破壊し尽くして、自分の功績となるような建造物に作り直した・・・。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日蓮大聖人が全世界に向けて認められた「一閻浮提総与の御本尊様」を安置するために、

信者(大半は創価学会員)からのご供養を元に、355億円をかけて建設された正本堂も、

まだまだ新築同然の30年しか経っていない平成10年に、50億円もの巨費を投じて解体されました・・・。

正本堂については・・・、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%9C%AC%E5%A0%82_(%E5%A4%A7%E7%9F%B3%E5%AF%BA)

↑↑に、詳しく書いてあります・・・。

こんなことがあったため、この正本堂に安置されていた「一閻浮提総与の御本尊様」が、

認(したた)められた弘安2年10月12日を、創価学会では大々的には祝わなくなってしまった・・・。

日顕一味に不当に占拠・奪取された総本山と「一閻浮提総与の御本尊様」を取り戻すための

行動を示す意味でも、忘れてはならない教義の根幹を成す重要な出来事だと思うのです・・・。

また、この『青年訓』も発表後の世間の様々な経緯(いきさつ)があったとしても、

いつまでも受け継いでいかないとならない、戸田先生の青年に対する重要な指導だと思います・・・。

この『青年訓』をしっかりと学んだ世代の創価学会員は、基本が出来ていると思います・・・。

池田先生も、様々に青年に向けた書籍・指導を出しているのですが、この『青年訓』のように

教材として頻繁に使われることが少なかったように感じます・・・。

創価学会初代~3代会長の、青年に向けた指導をもっともっと教材として使っていたなら、

現在のような青年部の弱体化はなかったのではないでしょうか・・・。

もちろん未来部(高校・中学校・小学校)での教育・指導が大事なのは間違いないのですが・・・、

それだけに頼るのではなく、父母がしっかりと躾(しつけ)・教育しないといけないのは当たり前ですが・・・。

昨日は、中等部結成52周年の記事が新聞に載っていましたが、この組織もマンネリに

なってはいないでしょうか・・・?ちゃんと機能しているのでしょうか・・・?

池田先生は未来部を・後継者を育てて初めて、将来が磐石になると事ある毎に言われています・・・。

もちろん少年部を含めた未来部は大切ですが、特に少年部は将来を大きく左右します・・・。

だからこそ少年部担当幹部には、特に厳選した人材を登用することが大事だと思います・・・。

そして次の中等部と高等部、さらに学生部・・・、自我の芽生えた中等部からは思春期として、

同じような悩みもあると思うので、新たに「思春部」としてまとめて指導した方が良いのかもしれません・・・。

僕がこの年代の頃は、高校3年になると受験部として、高等部とは違う組織になっていました・・・。

高等部は好きだったけれど、受験部と学生部は嫌いだった・・・。だから学生時代は、退転部でした・・・(笑)

未来部で記憶に残っているのは、創価中学・高校の先生で高等部担当だった末定(すえさだ)さん・・・、

妙なご縁で、当時創価中学校で弟が教わっていた先生でした・・・。

今でも心に残るような温かい人でした・・・。

未来部の担当者は、適材適所でやって行かないと、良い人材は育たないと思います・・・。

毎日のように、聖教新聞には池田先生の青年の奮起を促す言葉が続いています・・・。

その先生の気持ちをしっかりと受け止めて、壮年部・婦人部が青年部の背中を押していかないと、

これからの広布の進展はないと思います・・・。

皆が生涯青年の気概を胸に、自らが闘いながら青年部をバックアップして行きたいものです・・・。


今日は、この辺で・・・、出羽股之介・・・。


AD

謹賀新年・・・

テーマ:
 

昨年は色々とお世話になりました・・・。 


 
 

 

 
 

今年もよろしくお願いします・・・!!


 
 色々と煩わしいので、今年はこの程度で・・・。
 

平 成 2 9 年 正 月

前 川 ネ ギ 之 介
AD

2016年 総決算・・・

テーマ:
今年も、もうあとわずか・・・、とりあえず今年の一文字は・・・、

これしかないでしょう・・・、 『 窮 』 ・・・(笑)

この『窮』・・・、いつまで続くのでしょうか・・・?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

では、次に今年の出来事を月別に書いて行きます・・・。

1月===

あまり変わりのない毎日だったようで、その日の出来事をカレンダーに記入しているのだけれど、

特に変わった記載がない・・・(笑)

2月===

8日、向かいの奥さんから長芋もらったり、27日、ご主人からはニッカの『竹鶴』をもらう・・・。


 



28日、結婚していた時の和・洋菓子店の職人さんと、スーパーで久しぶりに会って、

元嫁のお父さんが亡くなったと知らされる・・・。

3月===

3日と5日に就職の面接・・・。3日は近くの海鮮食堂の従業員の面接、5日は酒田市のボーリング会社・・・。

思いもよらず、7日からボーリング会社で作業員として働く・・・。山形県全域を回っての作業・・・。

ただ年度の変わり目ということもあり、月末には仕事がなくなり、酒田市の本社での仕事が続く・・・。

4月===

1日まで仕事をして、4日に社長に呼ばれて今後の仕事についての話を聞く・・・。

資格を取らないと今後は現場に出られないとの事・・・。資格は自費で3万円だそうですが、

取ったからって毎日仕事があるかわからないので、金銭的余裕が全くないので辞めることに・・・。

三崎公園の桜の開花と自宅の山桜の開花と同時に、また失業しました・・・。

仕事はきつくて疲れたけど、充実感があって好きだったなぁ~~・・・。

14日には、熊本で大地震があったんだね・・・。カレンダーにメモってありました・・・。

5月===

起業を視野に入れて、川や沼で水生生物(シジミや魚類)を採集する・・・。

6月===

7日、前川部落内にクマ出没・・・。26日には、隣の大竹部落でもクマ出没・・・。

12日、前川部落の飲み会で酒番を・・・。記憶を失い顔面のキズ・・・。←ブログを参照・・・(笑)

13日、梅雨入り・・・。14日から、部落内でホタルの採集・・・、キズついた顔面のまま・・・。

7月===

1日、ネットで売ろうと思って沼で水草・カボンバを採集・・・。紹介したけど売れませんでした・・・(残念)


 



10日、参議院議員選挙、投票日・・・。22日、ポケモンGO配信開始・・・。

29日、東北梅雨明け・・・。31日、千代の富士死去(享年61歳)・・・。

8月===

8日、前日魚体が白くなっていたナマズが、背びれからうしろが白骨化して死亡・・・。

前日までは泳ぎ回っていたのに、1日にして白骨化して死亡、どうして・・・。

8日、向かいの奥さんから、小玉のトマトと、大量のナスをもらう・・・。

9月===

1日、向かいの奥さんからきゅうりと、大量のナスをもらう・・・。

2日、向かいの奥さんからミニトマトをもらう・・・。

3日、向かいの防火用水槽に勝手に放された鯉の稚魚を5匹捕獲し飼育・・・。

20日、向かいの奥さんからレジ袋(大)1杯分の規格外のナスをもらう・・・。


 



ナスの甘露煮も作って食べてみた・・・。いちじくの甘露煮みたいな味だった・・・。

28日、向かいの奥さんからレジ袋1杯分のナスをもらう・・・。


 



29日、交通安全運動、AM7:00~7:30部落内の十字路で立ち番・・・。

10月===

13日、向かいの奥さんからいちじくもらう・・・。14日、向かいの奥さんから長芋もらう・・・。

17日、風力発電関連会社の面接・・・。向かいのご主人からウィスキー『CUTTY12』をもらう・・・。


 



23日、向かいの奥さんからこの秋最終のナスをもらう・・・。

29日、3匹飼っていた最後のナマズが死亡・・・。

11月===

3日、部落内の「いちょう館」前でギンナンを拾う・・・。

4日~10日、電気代滞納に付き電気を止められてしまった・・・。

9日、初雪・・・。

13日、仁賀保でタヌキとサケを見る・・・。20・27日にもサケを見る・・・。3週にわたり遡上・・・。

26日、向かいの奥さんから長ネギを肥料袋2袋分もらう・・・。

12月===

20日、向かいの奥さんからハタハタ10尾もらう・・・。今年は、ハタハタ接岸が遅くなったみたいです・・・。

さらにこの時期なら、オス・メスの区別は簡単なのだが、漁獲量も少なく何かおかしい・・・。

オスの精子は成熟して残っているのに、メスの卵は発育不十分なものばかり・・・。

ハタハタは、2尾は味噌汁で、8尾は天ぷらで頂きました・・・。

初めての食べ方だったのですが、とても美味しかったです・・・。

25日、前川部落役員の選挙会・・・。17時からは、部落の飲み会の酒番として準備・片付け担当・・・。

今回は酒番としての職務をしっかりと最後まで務めました・・・(笑)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

あまり大きな出来事のない1年だったのかもしれないですね・・・。

そんな中、こうやって見るとお向かいの奥さんとご主人に大変お世話になっていることが

はっきりとわかりますね・・・、いつもどうもありがとうございます・・・。

それと10月17日に受けた風力発電関連の面接は、先方が秋田県への出張でこちらに来るので、

その時に象潟の『ガスト』で面接を受けました・・・。

その結果は11月1日に僕のPCにメールで送られていました・・・。

でも、電話代の未払いにより、メールのチェックが10月下旬から出来なかったので、

実際に確認したのは、11月10日電話と電気が共に復活した時点でした・・・。

結果は、社員としての雇用関係は結ばないけれど、どこか条件にあった土地を紹介してくれたら、

紹介料を支払うということは出来るとのことでした・・・。

その気になって、その後何日かは周辺の地域を回って、条件に合う土地を探してみました・・・。

その状況をメールで報告したところ、返事が来て会社の方針に変更があったために、

秋田県での用地交渉は止めて、青森・福島両県を重点的に推進していくとの事らしいです・・・。

その後、周辺地域で情報収集したところ、海岸近くの集落の会合に他の風力発電のメーカーが

説明会を開催して、熱心に勧誘していたとの事でした・・・。

僕の面接した会社は、出遅れでの撤退みたいですね・・・、残念・・・ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

この周辺は、日本海から独立峰の鳥海山に向けて吹く強い風が、風力発電には

最適の条件みたいで、何社もの業者が入り乱れて用地を探しているみたいです・・・。

このことがあって、自然のエネルギーについて学ぶきっかけをもらいました・・・。

地元の企業が作った太陽光発電施設も回って、写真を撮って勉強しました・・・。


 



その隣接地に、見学スペースと発電量を表示したパネルが設置されていました・・・。

この日は1日天気が良く、自転車を漕ぐとやや汗ばむ感じで、時間は15:30頃です・・・。

1日発電して140,000円という計算になりますが・・・、これで採算は合うのでしょうか・・・?

1台じゃないですよ・・・、ここに見えるたくさんの台数でです・・・。

このような太陽光発電の施設が、車で5分圏内に全部で3個所あります・・・。

にかほ市が太陽光と風力・・・、自然エネルギーの発電拠点になればいいのですが・・・。

今年は一旦は就職したものの、その会社もギリギリの状態での経営だったみたいで、

作業場にはガス・水道・トイレもないという状況で、必要な時には近くのコンビニエンスストアに行き

用を足すという大変な会社でした・・・。でも仕事が安定してあるのなら辞めなかったんだけど・・・。

今も継続して仕事を探しています・・・。僕の年では、経験者じゃないと厳しいですね・・・。

あと2年ちょっとは、何とか働かないと生活出来ないので頑張ります・・・。

そんなことを考えながら、何回年を越したことだろうか・・・?

これが最後になるように、色々考えながら毎日を過ごして行こう・・・。

良い年が訪れるように、しっかりと祈りながら・・・。


今日は、この辺で・・・出羽股之介・・・。



AD