俺はいったい何をやってるんだ日記

毎日ネガティブなシステムエンジニアがITコンサルという漠然とした職業を申し訳なさそうに目指し転職活動する傍ら何故か税理士資格の取得を目指し簿記論の試験を受けたが自然な流れで結果は「D」となり現在はとりあえず転職活動する日記

お立ち寄りありがとうございます…
しょっぱいシステムエンジニアです
俺はいったい何をやってるんだと自問自答の日々
基本ネガティブです(´・ω・`)
ITコンサル目指すため
現状打破を思い立ち
転職目指して五里夢中
現在もんどり打ちまくり中

★★華々しくない経歴★★
浪人生
理系大学生
理系大学院生
中堅IT系企業でSEとして勤務。途中休職あり。常に転職活動中みたいな
SE続けながらなぜか税理士試験受験したり(2010年簿記論結果「D」)
転職先はいつも蜃気楼

ランキングに参加してます!
ポチッと押していただけるとむちゃくちゃ嬉しいです!

にほんブログ村
にほんブログ村(転職) にほんブログ村(簿記) にほんブログ村(IT)

テーマ:
これは愛着という皮を被った惰性という呪縛から解き放たれたおっさんの物語である。

確か浪人生の頃、初めて携帯を買った。

docomo の携帯。

メールはカタカナしか送れなかったけどそれでもとても新鮮だった。

大学に入学して、液晶がカラーになったら買い替えて、折りたたみ携帯になったら買い替えて、ずっと docomo の携帯。

新卒の入社試験で無謀にも docomo の面接を受けたら碇ゲンドウみたいな態度の面接官にボロクソに言われてもやっぱり docomo の携帯のまま。

そして結婚後、au だった相方がファミリー割引のために docomo に変えた。

俺は墓場まで docomo の携帯を持っていくつもりだったのだろうか。

俺にとっては2年縛りよりも、ずっと docomo を使ってるという愛着縛りが他のキャリアへの移動を阻害していた。

最近、会社で同じ英語の講習を受けている同僚にどこの携帯を使ってるか聞く機会があった。

そうしたら「iPhone と格安 SIM」という答えが返ってきた。

さらに「端末は高かったけど、通信料の支払いは月2,000円くらい」と。



俺の2月の携帯代「8,749円(税込)」

え~と (8,749 - 2,000) × 12 = 80,988

年80,000円くらい差が出るの?

オムツがいくつ買えるだろう…

俺はもしや、今まで親友と思っていた「拝み屋D」に洗脳されていたのだろうか…

まあそんな大げさな話ではなくて、最初に docomo の携帯を買ってから十数年、さすがにもう docomo に固執する必要はないんじゃないかと考え始めた。

キャリアの ~@docomo.ne.jp のメールアドレスもほとんど使ってないし。

ということであんまりよく分かってないけど、もう格安 SIM と格安携帯でいいんじゃないかという結論に至った。

とりあえず知識はない。

ちょっとネットで調べたら、MVNO(大手キャリアから回線を借りてサービスを提供している事業者) が出している格安 SIM を SIM フリーの携帯に入れればいい、と書いてあった。

じゃあ格安 SIM と SIM フリーの携帯を見に行こうということで池袋のヤマダ電機へ。

こういうところって、docomo のエリア、ソフトバンクのエリア、au のエリアに分かれてるけど、そこに SIM フリーの格安携帯のエリアもあった。

そこの SIM フリーの格安携帯を見てみた。

ZenFone、FREETEL、HUAWEI などといった、あまり聞いたことのないスマホが並んでいた。金額は2~3万。安い。

中国メーカーなのがちょっと気になる。(FREETEL は日本企業だけど中国産らしい)

一応 arrows とかの SIM フリー版も売っていた。

次に、格安 SIM。

ヤマダ電機だからか「ヤマダ SIM」が目立っていた。

あとは俺にはよく分からない色々な SIM。

お店の人に、大手キャリアから MVNO に移る際の注意点を聞いてみたらこんな感じだった。

・無料通話分は無いので通話の多い人は注意
・docomo.ne.jp などの大手キャリアのメールアドレスは使えない
・通信速度はキャリアより遅い。回線が細く、使用人数の影響を受けやすいので昼休み時は特に遅い
・ただ、通信速度は日に日に変わっていくらしい。加入者数によって通信が速かったところが遅くなったりする

話を聞いたお店の人がワイモバイルの人だったので、ワイモバイルの宣伝を受けたが、ワイモバイルは大手キャリアと格安 SIM の中間というかほぼ大手キャリア風な感じがしたので、格安 SIM を探しに来てワイモバイルにしてしまうのは本末転倒な気がした。

この時点で興味があったのは IIJmio 。

BIGLOBE、DMM、UQ …色々あるけど、料金形態はそんな変わらないから、なんとなく名前の聞いたことのある IIJ はどうかな~という状態。

お店で色々見て、家に帰ってよく考えた結果、SIM は IIJmio にすることにした。

通話は必要なので音声通話機能付きのやつ。

携帯は迷った。

格安携帯はちょっとな~っとネットを探してると、Xperia Z3 Compact の評判が良かった。

別に SIM フリーの携帯じゃなくても、docomo の回線を使ってる MVNO であれば、docomo の機種かつ IIJmio で動作確認が取れてるものであれば使えるということを知った。

Xperia z5 の海外版がいいとかいう記事もあったけど、素人なので今回は海外版には手を出さないことにした。

iPhone でも悩んだが、今回は高い(つまり相方の瞳からの凍てつく波動で瀕死)という理由で却下。

じゃあ Xperia Z3 Compact をどう買うんじゃい、ということで調べたら白ロム(解約済または SIM が入っていない携帯)を買うしかなかった。

どこで売ってるかというと、Amazon で普通に売ってる。

ネットで探せば「ムスビ―」とか「イオシス」とか色々なお店が出てくる。

携帯が新品未使用か超中古かで値段も結構違う。

俺はやっぱり新品未使用がいい~ということで色々探したら結局 Amazon が安くて物がよさそうだったので Amazon で買った。

53,000円くらい。

白ロムを買う時の注意としては、買った携帯が端末代未払いでいわゆる「赤ロム」と化して使用不可になってしまってることがあるということ。

なので、「赤ロム」に対する補償があるお店が良い。

俺が買ったお店には「利用制限がかかった場合には同等品(交換時の状態と同じもの)と交換させて頂きます」という表記があったから大丈夫…なはず。

注文した2~3日後に携帯が届いたが、普通に新品未使用だったのでよかった。





充電器が無かったのが盲点だったが…(充電器は通常別売り?)

携帯が届いたので、ネットで docomo の MNP 転出の手続きを終えて、次は SIM の購入。

あ、docomo を解約する前にできるだけドコモポイントを使い切った。

あと Line にメールアドレス(新しく作った Gmail のアドレス)を登録して携帯の移行に備える。

準備はこれくらいでOK?

SIM の購入へ、ヤマダ電機…ではなくビックカメラへ。

なんでビックカメラかというと、IIJmio の音声通話機能付 SIM を当日使えるようにするには、ビックカメラのカウンターで BIC SIM(中身は IIJmio)を購入する必要があったから。

ビックカメラじゃないと(あとイオンとかでも買えたかも)、お店で買っても SIM は後で家に郵送されてくることになり、通話できない期間が発生する。

まあ通話する友人もいないんだけど、会社に「体調不良(仮)で休みます」の通話ができないのはちょっとつらい。

そこで、ビックカメラで BIC SIM を購入。

カウンターでの手続きは、必要事項の記入がタブレットで若干面倒だったが、それさえ終えればあっさり BIC SIM は買えた。





家に帰り、SIM カードを取り出し、ネットで調べながら Xperia Z3 Compact に挿入。

Xperia Z3 Compact を電源ONにし、APN の設定が完了すれば、ネットも通話も問題なくできた。

ちなみに俺が申し込んだのは、3G で 1,600円(税抜)のプラン。

あと月300円(税抜)の留守番電話をつける予定。

俺の2月の携帯代「8,749円(税込)」は遠い過去のものとなった。

あとは実際使ってみて不便なところが出てこないかが気になる。

何もありませんよ~に!

あ~そういえば色々移行が必要なデータがあった~面倒くさい。



↓ランキング…どれか一つでも押していただければ幸せ… 
にほんブログ村(転職)にほんブログ村(簿記)にほんブログ村(IT)
にほんブログ村 転職簿記IT
AD
いいね!(110)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。