いらっしゃいませ。
初めましての方は必ず、
【こちら】 を御一読願います。
 
管理者・あさはな

テーマ:
※人形が会話しているかのような表現があります








トモキ「はぁ~……桜子ちゃん…何でだよ…sss


タクミ「………。」









タクミ「ほらよ」

カチャッ

タクミ「…お前、またフラれたのか」

トモキ「うるせぇ…ガクリ

タクミ「もはや趣味の領域だなww」


トモキ「それが傷心の親友に対する言葉かよ…」

タクミ「もう慣れてんだろ。お前女にフラれんのこれで何回目だよ」









トモキ「何回目であろうと俺にとっては一生に一度の恋だったのに…桜子ちゃんん…!!」

コトッ…









トモキ「ん?」

タクミ「これでも食ってさっさと帰れ。こんなとこで落ち込まれるとバイトの邪魔なんだよ」









トモキ「いやんハートとか何とか言って慰めてくれるタクミくん、やっさしい~♪あ~やっぱ俺にはお前しかいねーわタクミ~!!」

タクミ「食ったらとっとと帰れ」









トモキ「いっただっきまーす!ハート









トモキ「うん!うまい!」

タクミ「そりゃ良かった」

トモキ「これタクミが作ったの?」

タクミ「ああ」


トモキ「へぇ~…」










トモキ「……俺もここでバイトしよっかな」

タクミ「…は?」









トモキ「だって、そしたらタクミと学校外でも一緒に居れるじゃん!」

タクミ「………お前それ、本気で言ってんの?」

トモキ「うん!」










トモキ「それに!カフェって、女性客との出会いにめっちゃ恵まれてそうだし!!!キラキラ








トモキ「ぶっ!!」









タクミ「動機が不純」


トモキ「ちぇsss










トモキ「あ、そー言えば」

タクミ「口に物入れたまま喋るなよ…何だ?」


トモキ「タクミの姉ちゃんってさ、めちゃ美人だよな~。…シオンさん、だっけ?やっぱタクミの姉ちゃんなだけあるっていうか…」

タクミ「紹介ならしないぞ」


トモキ「ヒッ!タクミさん何でボクの心が読めるんデスカ!?」

タクミ「『桜子ちゃん』はどうしたんだよ?…ったく、頼むからもうちょっとくらい落ち込んでろ」








*****




タクミ「…………。」

カチャカチャ

タクミ「(…全くいい気なもんだよな…あいつ)」









タクミ「(人の気も知らないで…)」














*****






トモキ「た~だいま~」


「トモキー!!!」


トモキ「げっ1









マリーン「何処ほっつき歩いてたの!?今日アンタが夕飯担当でしょ!早くしないとお母さん帰ってくるでしょ!ムカ

トモキ「キンキン声でうるせーなぁ…『おかえり』くらい言えねぇのかよバカマリーン!また制服脱ぎっぱだし!ムカ









マリーン「誰がバカですって!?怒

ゴキィッ!!

トモキ「ぎゃーす!!」










トモキ「お前本当にあの聖ミモザ女学院の生徒かよ…」

マリーン「あ゛?」

トモキ「すんません汗









トモキ「はぁ…同じ『姉』でも何でタクミの姉ちゃんとこうも違うのか…(マリーンの制服をハンガーにかける)」

マリーン「何ぶつぶつ言ってんの?」

トモキ「何でもありませんマリーンお姉様」



~fin~










やばいマリーンちゃんがめちゃイキイキして見える…
「お姉様ハート」って言ってるマリーンちゃんも好きだけど、弟に容赦ないマリーンちゃんも好きsao☆プッ
ごめんなさい強い女の子好きなの…









この二人は兄弟ですが、二卵性双生児という設定です。
二人とも高2。

何かね…何となくね、トモキくんを見たときにマリーンちゃんと姉弟にしたくなりましててへ
双子と言うことで、互いに遠慮は一切無いくらいの間柄かなと思っております。
姉弟揃って女の子大好きな上に気が多いです。

ちなみに、♂に興味ないマリーンちゃんは、タクミさんと弟が親友なことを知りません。









で、この姉弟が
シオンさん→高3
タクミさん→高2

タクミさんとトモキくんは親友同士。
シオンさん含めてこの三人は同じ公立の高校に通っているという脳内設定です。







35

初代さんは高3。
シオンさんと同学年(でもお互い面識はない)

初代さんとマリーンちゃんが通うのは「聖ミモザ女学院」という私立のお嬢様学校です。
名前は別につけてもつけなくてもどうでも良かったのですが、テキトーにつけてみました。
そのうち賛美歌ちゃん達の学校やシオンさん達の通う学校にも名前がつくかもしれません。
なくても問題ありませんが。



長々とお付き合いいただきありがとうございます好

なんか…ちょっと関係が複雑になってきたから今度相関図でも作ってみようかしら…

.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

シオンさんの弟1 」からの続きです











「その子…」


初代ジェニー「え、あの…私がぶつかってしまって…何処か怪我をしたのかも…」

??「うえーん!!ぱぱーー!!!」

「いや…」










ヒョイッ

「この子、知り合いの娘さんのかこちゃんです。勝手に抜け出しては、帰れなくなって泣いてるだけですよ。いつものことです」

かこ「うえぇえ~ん…」









「よしよし、もう大丈夫。パパのとこ帰ろうな~」

かこ「うぇえん…ぱぱぁ…」


初代ジェニー「あ…」










初代ジェニー「行ってしまわれたわ…私、御礼も言っていないのに…」

マリーン「あぁ、あのお方でしたら、」









マリーン「確か、シオン様の弟さんですよキラキラ









初代ジェニー「シオン様?」

マリーン「ハイ!!私と同じ中学で、一年先輩のとても素敵なお姉様ですぅあはーハート









マリーン「まさに才色兼備というお言葉がぴったりのお方で、本当にお綺麗なお方なんです~ハート
運動神経も素晴らしくて、部長を務めていらした弓道部では、全国大会にも出場なさったほどの腕前なんですキラキラ









マリーン「シオン様の弓道着姿があまりにも眩しくって、
マリーン密かに毎日シオン様が朝練なさっているお姿を盗み見…見守らせていただいておりましたのかお照
残念ながら高校は公立の学校に進学なさいましたが、弟さんも同じ学校でして、うちのお…」









マリーン「あ!でもでも!それは中学の頃のことで、今はお姉様一筋ですから!!!マリーンのお姉様はお姉様だけです~ハート

初代ジェニー「(マリーンちゃんが知っているのなら、また会えるかしら…今度会ったら、御礼を言わなくてわね…)





続く?












去年の8月のLC札幌にてリメイクをお願いしていたシオンさん、ようやくお披露目です!!!

えっと…別に今までリメイクに時間がかかっていたと言うわけではなく、単に私がお披露目を延び延びにしていただけです´・ω・`
実際には我が家には去年の10月末には帰還しておりました。
三ヶ月くらいかかると思っていたのですが、結局二ヶ月半弱と、思ったよりも早かったですワーイ
再植毛のみだったからかな?









憧れの姫カットにリメイクしてもらいました!
あぁ~…麗しい…ポッ









キリッとした涼しげな目元に落ち着いた色のストレートヘア、セーラー服の組み合わせが堪らんです顔









長さはこんな感じ。












この姫カットは後ろの髪をまとめると、前から見たときにボブっぽく見えるのがいいんですよ~!!
理想の姫カットシオンさんになってくれましたあはー
ちゃんとオーダーした通りにリメイクしてもらって、感謝感謝です!!!ありがとうございます!!


もしまた機会があったら今度はリメイクではなく自分で一からオーダーをして
理想の子を作ってもらいたいなぁなんて思っていますsao☆
まぁ…予算の問題もあるのでお財布と要相談ですがパンダ汗かく









本編には回想シーンにしか登場しなかったシオンさん、前にチラッと言っていたタクミさんと姉弟になりました!
髪の色が似ていたので…(理由が単純)



あぁあ…何だかこのまま色々と人間関係が広がっていってしまいそうなこのシリーズですが、
もしよろしければお付き合いいただけたら幸いです好

.
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
※人形が会話しているかのような表現があります
※女の子ドール同士が密着しています













マリーン「お姉様~~~~ハート










マリーン「お姉様、つっかまえた音符

初代ジェニー「マリーンちゃん、急に抱き着いては危ないわよ?」

マリーン「えへへにこごめんなさぁ~いキラキラ









マリーン「お姉様ったら、先に帰っちゃ嫌よってマリーンいつも言ってるのにぃ~↑2

初代ジェニー「ごめんなさいね、ついうっかり」









初代ジェニー「ところでマリーンちゃん、先日話していたお店のことなんだけど…」


トンッ










??「…………。」


初代ジェニー「え?あ!ご、ごめんなさいね!ついうっかり…」










??「ふえっ……」









??「えーーーん!!!えーーん!!!」


初代ジェニー「!?1









初代ジェニー「ど、どうしたの!?もしかしてさっき何処かぶつけたのかしら?何処が痛いの!?」









??「うわーーん!!ぱぱーー!!」


初代ジェニー「!?」









初代ジェニー「どど、どうしましょうマリーンちゃん…このお嬢ちゃん、私の質問に答えてくれなくて…あせあせ

マリーン「私も流石にょぅι゛ょは守備範囲外でして…」

せめてあと12年くらい育ってくれたらウェルカムなんですけど…

初代ジェニー「ようじょ?」









「どうしました?」










初代ジェニー「え?」






へ続く


.


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※人形と会話しているかのような表現があります









本日3月6日は、我が家のボーカルこと唄太朗さんの誕生日です!バースデーケーキ









と言うわけで今年の誕生日プレゼントはこのお帽子ですにこハート









いわゆるフライングキャップというもので、耳当て部分があるので冬でもあったかですハート

唄太朗「うん、ありがとう。もうそろそろ春だけどね~llll_ゝ`)ll」


ずっと前から唄太朗さんに作りたかった帽子なので満足です!!!
テヤンでボアウィッグだから頭でかすぎて帽子のサイズかなりギリッギリだけど、入って良かったわーい










唄太朗「あのー、何でこの帽子をずっと作りたかったの?別に衣装とかでもないしsei









実は「雪蛍」の衣装を、ニットカーディガンのフード被ってる状態だとは思ってなくて…
生地とか材料全部揃えていざ資料をチェックしたときに初めてそれに気付いて、
でも正直テヤンサイズのカーディガンはいっぱいあるし云々ってなって……

唄太朗「あーうん、要するにこういう帽子被ってる衣装だと勘違いしてたんでしょ」


10年くらい前のことだから…そそそそういうことも、あるある(°Д°;≡°Д°;)

唄太朗「こういう帽子被ってたのは正でしょllll_ゝ`)ll-3」

たぁしくん「ほよ?l■ ■l」

思い込みこわいお血
衣装のフード付きカーディガンはそのうちリベンジしたいです…ガクリ










もう一つの誕生日プレゼント。
これもずっと前から唄太朗さんにあげたかった金魚鉢と金魚です金魚









唄太朗「金魚は普通に嬉しい。ありがとう」


いえいえキラキラ唄太朗さんに喜んでもらえて嬉しいわ好(目は死んでるけど)










↑早速エサをあげている唄太朗さん音符









水槽で泳ぐ金魚蘭鋳2蘭鋳2 尾ひれ











「雪蛍」仲間として並べたかったのに、私のやらかしのせいでねぇ…sei
まぁ、帽子仲間と言うことで(雑)









うん、でもこのカットなら、カーディガンのフードっぽく見え……ないか…
一応カーディガンとかグローブ?とかポーズとかは意識してみたんだけどもむぅ~
でもカーディガンぺらぺらで寒そうだ汗









唄太朗さんかわいい。
こんなに光の中に居ても目は死んでるしドヤ顔だし…
でもかわいい。

唄太朗さんは、唄太朗さん!って意識が強すぎて、テヤンってこと忘れてます。
帽子を被せたしりたときに「テヤンだから頭でけーな。え!テヤン!?」って改めて思い出してびっくりしてますきゃは










一応てっぺんにはポンポン着いてます。









横~









後ろ。
縫い目ずれてますねwww(^q^)









そして本日3月6日は小太朗のお誕生日でもあるのですキラキラ
というわけでお帽子を小太朗にも被せたけど…服装と帽子が全然合ってない(´ω`)
あとサイドの飾り?みたいな三つ編み長すぎぃ!sss

うーん、テヤン(ボアウィッグ)には小さいけど、イスルにはちょっと大きいかな?
まぁサイズテキトーに作ったので、そんなことは想定の範囲内ですが(ダメじゃん)









共用のお帽子だけでは寂しいので、一年位前に買ったミニチュアカレーをプレゼント!!
でも、小太朗が好きなカレーのイメージとはちと違うドライカレー…ガクリ
ノーマルカレーを狙ってたのにオワタ\(^o^)/

でも嬉しそうにしてくれてる(ように見える)から、良しとしよう!









唄太朗さんにあげた金魚を早速眺めている小太朗。









表情は見えていませんが、何処と無く小太朗も嬉しそうですsao☆









最後にも一枚唄太朗さん。





改めて、唄太朗さん&小太朗お誕生日おめでとうクラッカー

.


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。