キメエ

テーマ:
http://need.seesaa.net/article/55767687.html

最近見つけたマジキチ、なのだそうな
キメエのはテメエだ、と言っておこう

ぬるいよ

この前、ある社長は、いってた、

肉体労働者を正社員にするな、と

正社員というのは、自分の頭で考えて、自分でプランを練って、会社のために尽くす人なのだそうな

だから指示だけを受けて、指示通り動くだけの肉体労働者は正社員にする必要なし、とのことだ

まぁつまり、自分の頭と時間を使って、社長と株主の金儲け、資産運用のために尽くしてくれる奴だけが
正社員にふさわしいというわけだ

とある資格試験の会社、社員は半額で講義を受けられるという、これは、結局は
社員に払った給料をそういう形で吸い上げてるということ

GTAという犯罪ゲームで、売春婦にカネをはらって、やることをやったあと、
売春婦を殺してカネを回収するのと同じ・・・ではないけど、原理はそういうこと

会社って何か?わかるか?

会社というのは、資産運用なんだよ
銀行にカネを預けるとか、債権相場、株式相場に投資するとか
まぁそういうのと同じ
商売をして、資金を運用する、という、資産運用の一種なんだ

遊休資産があると、これをどうやって増やしていくかと、
利回りが良いと思うなら、会社経営につぎこむというわけだ

パチンコのほうが利回りが良いというなら、パチンコにつぎ込めばいい

会社の仕事を通じて、人格が向上する?

まぁそんな奴も中にはいるだろうよ
パチンコを通じて人格が向上する奴だっているだろう

使われて働くというのはそういうこと
給料を稼いでる?払われている給料は投資ということ
給料以上のリターンをとるための投資
AD

ニートと預金封鎖

テーマ:
さて、ニートという存在が何故に作られたか?

ニートがけしからんのは、ズバリ、これは預金封鎖なんだよ

預金封鎖

そして、家族制度の解体

GHQの亡霊がまだ生きているって訳だ

家族を解体し、反目し合わせるためだ

日本軍の強さの原因を家族制度であると考えたアメリカは、戦後、徹底した家族制度の解体を
行ってきた

対立を煽り、家庭不和を煽り、離婚を煽る、家庭内で団結させない

ニートはけしからんとして、親の財産を子のために使わせない

これは実質的な生前贈与になるからだ

日々の生活の糧として、または遊びのためとか、まぁそんなこんなで、
ちまちまとニートのために親の財産が使われてしまうと、これは無税だ

生前贈与されてしまうと、国家が相続税として徴収する分が減ってしまう
国家の取り分が減ってしまう

税金は国家、つまりは腐敗したこの行政権、それを牛耳る役人達が、
そのお仲間たちへの公共事業なりバラマキなり、利権構造に流し込みたい

だが、ニートのおかげで、相続税が使われてしまう

だからニートはけしからん

国家はタンス預金を狙っている
預金に対して資産税をかけたい

しかしニートがどんどん遊休財産を使ってしまう、タンス預金を使ってしまう

だからニートはけしからんということになる

ニートのために、国家へ入るはずのお金が、市中へ、一般市民経済へと流れてしまうからだ

ニートはけしからんことにして、その親たちに預金をつかわせない、つまりは預金封鎖だ

AD

勝ちました(?)

テーマ:

気がつけば34歳になってしまいましたが、現在もニートをやってる。


で、今の俺は何をしているかというと、だから今も言ったとおりニートなのだが、


32歳当時とは何が違うかというと、


俺はお金持ちになった、ということだ。


大金持ちになった。


だから、真剣に、もう働かなくていい。


家も自分で買ったし、マンションも買ったし、土地も買ったし・・

なんていうか、住むところも自分の金で買ったし、

食費も自分で払ってるし、

全部、自分の金でまかなってるから、

もう、ニートとは言わないのかな?


でも、俺は相変わらず無業者で働いていないから、

やっぱりニートなのかな?


よくわかんねえ。


ニートって言葉を発明した、なんとかいう、(もう名前も忘れたぜ)

くだらない学者か作家かしらんけれど、そいつに聞いてくだっさい。


ま、さておき・・

大金持ちになるために、少々ブログもお休みしなければ

ならなかった、というわけだ。


一生かかっても使い切れない大金を手に入れた今、

俺には何の不安もない。


太陽は明るく、木々は緑。


世界はこんなにうつくしかったのか・・。


天は高く、どこまでも青い。


気が向けば、俺はいつでも、世界中、どこへでもいける。


気が乗れば、俺はポンと億ションだって買える。

ちょっと、これいいかも、と思ったマンションや家に、

ちょっと住んでみることもできる。


日本の名所といわれるところは、ほとんど行った。

このまえもAUSへ行ってきた。


これからも世界遺産めぐりをしていこうと思う。


向こうでも、いろいろな金持ちといろんな話をしてきた。


そうだな、世界にはまだまだ見所があると思うし。

どうやって金持ちになったのか・・


どこから語ればいいんだろう・・。


どうやって語ればいいんだろう・・?


ちょっと、まだ、整理がつかないんだ。


金持ちになってから、結構、時間がたつんだけど、

俺って、生まれつき金持ちの家に生まれてるし、

友達にも金持ちがたくさんいたから、

別にあまりなんとも感じない、っていうのもあるのかもしれないな。


だけど、ニートをしていなかったら、きっと、こんな、大金持ちには

なれなかったと思う。


大金持ち・・・


大金持ち・・・・か。


なんかちょっと笑わせる響きだな。


うん、でも、俺の通帳には、いやというほど、数字がたくさん書き込んである。

税金とか、払っても、とんでもなく、はっきりいって、

使い切れない。


手元にも現金がわしゃわしゃある。


そしてこれからも、

俺の元へ流れ込むカネの流れは続く。


いつまで続くかわからないが、そんなこと考える必要もない。


だって、もう十分に俺の手元にはカネがあるわけで。。


なんだよこれ?

どうなってるんだ???


つまりは俺は俺自身で大金持ちになったってことなんだけど、

俺はもともと金持ちの子息で、結構貯金も好きだったから、

ニートになっても、そこそこ遊ぶ金はあったんだけど、

別に使いたいとも思ってなかった。


だけど、俺はこんなふうになりたいとは思ってなかったのかな?

とも思うんだけど、まあいいじゃないかカネがあって困ることはないんだから、

などと思いながらも、俺って勝ったのかな?


勝つってこういうことなのかな?


日本人としては、こういうとき、なんだか虚しい・・と

思うべきなのかな。


だけど、そういう虚しさは、贅沢な虚しさだよね。


っていうか、俺は別に虚しい、とは思ってないし・・。


でもなんなのこれ?


俺みたいなのが勝ち組なの?

こういうのを勝ち組っていうの?


俺は、金持ちにはなったけど、大塚愛みたいな曲を

書いたわけじゃないし。


ポルシェを買えば勝ち組なの?

俺、ポルシェより日本の軽のほうが、よっぽど優秀だと

思ってる。


くだらねえよ。勝つとか負けるとか、いってる奴らはすでに敗れたり!だよ。


勝つとか負けるとか、そんなこと、意識する必要ないと思うよ。

AD

犬との闘い

テーマ:

最近うちの犬がむかつく。


俺の顔を見ると、走って駆けつけてくるのだが、

俺が近づくと、ダッシュで逃げていくのだ。


そして、犬小屋に隠れてニヤニヤしながら俺を見ているのだ。


犬のすることだから、と大目に見てきたが、

さすがの俺も堪忍袋の緒が切れた。


いつものように犬が犬小屋に逃げ込んで、

ニヤニヤしながら俺を見てきたので、

俺はホースをもってきて犬小屋に突っ込み、

情け容赦なく放水してやった。


犬は必死で小屋から逃げ出してきやがった。


犬は庭をダッシュで逃げると、植木鉢の後ろに回りこんで隠れて

俺の様子をうかがっていたが、俺がボールを投げてやると、

必死でボールを追いかけていった。

飲んでも酔うな!

テーマ:

それは8年ほど前のことだ。

俺は不覚にも酔っ払ってしまったことがあった。

それで、歩けば1時間くらいの距離なのだが、

もうだめだ、と。


歩けないことはないが、途中で敵に襲われたら、

おそらく闘えない、冬だし、途中で横になって寝てしまったら

財布とられたりイヤだし、面白半分にライターで火をつけられたり、

指を切断されたり、耳を切られたり、

鼻や口にガムや廃棄物を入れられたらたまらない、

と思ったので、

ここはシャクだがタクシーで帰ろう、

と思ってタクシーに乗ったのだ。


すると、俺が酔いつぶれているのを確認した

タクシーのドライバーは○○方面から行っていいですか?と言ってきた、

俺は意識が朦朧としていたもんだから、

○○方面、ってのが聞き取れず、それでいい、と

安易にいってしまった。


すると、とんでもなく大回りされてしまった。

ちっくしょお!!やりやがったなーと

思った俺は文句をいいたかったが、文句を言える体調じゃなかった。

臍をかむ、っていう言葉の意味が

五臓六腑に染み渡った。


そして、通常の約2倍以上の運賃を請求されてしまい、

たまたま財布には1万円があったので、

俺は悔しかったが、闘っても勝てないと思ったので

素直に払った。

選手権から一夜明けて・・

テーマ:

一夜明けたわけだけど、

なんでいい大人ってか、たとえば勝谷とか、二宮とか

いう奴らが亀田を非難するかね?

非難するなら亀田に文句いうより、

ジャッジの奴らに文句言えって。

ジャッジの面々や興行を仕切っていた面々を

さらし者にして、いじめたらどーなんだ?

なんで亀田選手をヤオだの、国辱だの言うのですかね。

理解に苦しむ。


マジでヤオとか国辱なら、

ジャッジを下した審判たちとか、興行を行った連中が

国辱だよね。

TBSが高視聴率をマークしたのが悔しいんじゃないの?

と思えてくる。


これを是が非でも潰したいから

因縁つけてんじゃないの。

亀田選手はただ一生懸命試合しただけだろ。


八百長もなにも、彼はそんなの知らないよ。


ただ命がけで死狂いしただけだろうよ。


そんな亀田選手を批判するのは、間違ってる。

俺は亀田が勝ってたと思うけどね。

ポイントになる急所への

パンチがクリーンヒットしてたし。

ランバエダ選手は手数は多くて、うまかったけど、

あまりいいところに決めていなかったよ。


ボクシングはポイント制のスポーツだから、

相手を痛めつけたり、

圧倒したほうが勝ちってわけじゃないんだ。


クリンチに逃げてた、とかいっても

クリンチも立派なボクシング技術のひとつなんだから、

危なくなったときにきっちりクリンチで逃げる

っていうのは、減点になるわけじゃない、って

聞いたことがあるよ。


押しまくって会場を湧かせてたほうが負けるとか、

元世界王者の採点と実際の採点が全く違う、というのは

今までもよくあったことだ。


言葉遣いがなっとらん!とか

今更言っても仕方ないだろう。


そんなこと今更言い出すのは、因縁としかいいようがない。


今更、そんなのを聞き入れて、

敬語を使い出すわけにもいかんだろう。

世界戦

テーマ:

その昔、畑山がフランスの選手に負けたときも

解説の竹原慎二は「僕の採点では8ポイント差で畑山です!」とか

言っていた。


だけど、実際は逆に大差の判定で畑山は負けてしまった。


なんかの試合で解説の辰吉丈一郎が「僅差の判定」とか

いっていたら実際は大差の判定だったこともあった。


畑山の試合では、ボクシング雑誌では、

竹原の採点について少し触れてて、

「竹原さんも言ってたけど、

畑山のアグレッシブさがもっと評価されるべきだったのでは?」

みたいなことか書いてあった


それで今回の亀田の試合で、

亀田のアグレッシブさが評価されたのかもしれないが

試合内容は完敗だった、とか書いてある。


畑山のときは、試合内容では勝っていた、とか、

要するに好き放題、適当に外野がごちゃごちゃいってるだけだ。


元世界王者の竹原とか辰吉でも、

正確に判定できないってか、デタラメなんだから、

きっとボクシングの判定は、選手とか、ファンとは違う感覚とか

基準で行われているんだろう。


今回は、亀田はダウンをとられたけど、

何度も追い込んで、

相手を倒せはしなかったけど、

まとめてパンチを浴びせていた。


相手のほうは、一回にダウンをとっただけで、

あとは、かわしたり、とにかく巧くあしらっていたけど、

そういう奴は結構負けてる。


鬼塚だって、一回にダウンをとられた試合で

勝ったこともあった。


なんか前に観た試合でも、パンチをかわすのがめちゃくちゃ巧い

選手がいて、凄かったけど、結局負けていた。

マイターン

テーマ:

さて、去年の今頃、身内に不幸があって

俺はその葬式に行かされた。


きもい親戚達が集まっていて、

挨拶もまともにできない奴ばかり。


一番、世間的にはきもいとされていて、

親戚中の鼻つまみ者の俺、この俺が、自分から

挨拶しに行ってやらねばならない始末。


だけど俺は当時、まじで死にかけていて・・。


さらに当時は空前のニート、フリーターいじめブームで、

日本人の美徳がどうのこうのと、(略)


で、お気に入りのブログが消滅したり、

俺のブログにブックマークつけてた奴が

それを外したり、

そんなことばかりだけどさ、人は変わっていくってことさ。


俺はこの一年で、

どうも俺は死んでないってことがわかったよ。


俺はライブだよ。


ニートになったら生涯賃金損するとか、

そんなのまるっきり嘘さ。くだらねえ。


俺はニートをしながら、かなり億円レベル以上の

貴重なものをつかみつつあるよ。


「マイターン」って曲しってる?


俺は知ってる。昔はやったユーロビートの曲さ。


マイターン、マイターン

さあ今度は私の番


ってな感じでさ、主人公の女は

さんざん男をもてあそんできて、朝起きたら周りに

誰も居なかった、さあ今度は私の番って曲さ。

大当たり!

テーマ:

これは大当たりだなぁ、と思うのは、

やっぱりカキ氷作り機である。


安売りショップで680円で買ったのである。


手動式の、ハンドルをくるくるまわして

氷を削る方式のものではあるが、

もうこれはすごいね。


世紀の大発明、いや、実用新案であるぞ。

ほめてつかわす。


いやほんと、かき氷作り機を、俺は毎日

ほめてやっているよ。


えらい、お前はえらい、と。


俺はすぐ体が熱くなるタチだからさ、

一年中カキ氷はかかせないんだよね。


カキ氷にカルピス。


これだよ!これ。

カネもかからないし。うまい。


歯もまったくさびない。

ハードに使っているのに、まったく刃こぼれなんかもしない。


これも俺が愛情をかけて使ってやってるからだと思う。


愛情にはやっぱり何らかの波動っつか、なんかエネルギーが

あると思うよ。


物質を構成する原子に何らかの影響を与えていると思う。


だからね、携帯にも時々話しかけたほうがいいよ。

愛してるよ、なんてね。

きゃー。

家賃ゼロの秘策

テーマ:

結構1万円とか2万円の家賃で借りられるアパートが

全国にあるみたいだ。


ということは、億ションとか買うより

家賃3万円くらいでたくさんアパート借りたほうが、

全国各地に基地を作れていいかもしれない。


一番いいのは、ダンボールをもって

移動することだと思う。


俺はダンボールを持って、全国を旅しようかと

思ったことがある。


本気でだ。


世間ではこれをホームレスというらしい。


ホームレスと言われるのはプライドの高い俺としては

つらいし、


夜、学力の低いチンピラに襲撃されたりしたら、

寝にくい。


そこで、「僕はホームレスではありません!」

と書いたTシャツを着るなり、

看板をもって歩くなり、背中に背負うなりするのが

いいと思う。


こうすれば、かわいそうな人だと思ってもらえる

かもしれない。


さておき、家賃がかからないのはいいとして、

風呂に入れないのがつらい。


俺ははっきりいってきれい好きだし、

ヨゴレがたまると、お肌に悪い。


美貌をキープするためにはお風呂はかかせない。