寝ずにエロ動画を見る平日の夜

テーマ:
5:00起きの7:00出社が苦じゃなくなりました。ここあです。



わし こんなん ちゃうで !!



秋の雑誌を刊行すべく毎日働いております。
200文字という短いようで果てしなく長いテキストに戦いを挑んでいます。
わーわーした時間帯だと落ち着いて文章が書けないので早出。



さて、最近美しい文章とは何かを考えとります。
美しい文章とは

①形容詞が美しい
②形容詞に頼らず、言葉から想像が膨らむたとえを使う
③ちなみに無駄な形容詞は要らない
④同じフレーズを繰り返さない

とかか。

想像が膨らむたとえっつーのがまた難しいんだな。
誌面から物は浮かび上がってこないので、消費者がぽんとすぐ思い浮かぶ物に例えると読みやすい文章になる。
何枚も重なったフリルは「ミルフィーユ」とか
軽いシフォンが「蝶々」とかな。

美しい形容詞っつーのもなかなか思いつかない。
そして形容詞っつーのは無意識に何度も繰り返し使ってしまうのが悲しいところ。

美しいものが美しいのは当たり前なんだよ・・・
そりゃ美しく見えるように作ってるからさ。
それがどう美しく見えるかってのが重要。

あでやか と 華やか は微妙に受けるニュアンスが違うし、
(あでやかの方がつやっぽい美しさ。華やかは豪華な美しさ。)
洗練された と 都会的な は微妙に使う場面が違う。


など。

こんなことを考えながらわしは椅子に胡坐をかいてうんうん言ってるわけよ。


ま文章はとっても楽しい。
苦痛な人にとってはほんとに苦痛な作業だと思うが、わしは昔から大好きだ!
性格がよく現れると思う。

わしは普段はこんなにおちゃらちゃらしてて適当だが、文章になると生真面目で理屈っぽくなってしまう。
それはわしが心配性で人に言いたいことが伝わらないのが怖いからで、情報は全部詰め込んどこうって変に気を利かせるからなのだよ。


何を言ってるんだろうね、わしは。




そういえばアクセス解析をみたら、相変わらず検索ワード一位はいくあむ小説でした。




じゃあエロ動画見て寝ます。













ここあ!