11/2~3にかけて京都みなみ会館にて開催されました、ゴジラ誕生祭2016京都に行ってきました。

 

去年と同じく先にウルトラのイベント(今年はウルトラマンガイア)があり、続けて参加される猛者さんも半分くらい居られた感じです。

 

そしてゲストはなんと、ウルトラマンガイアではXIGコマンダー、GMKでは防衛軍広瀬中佐、平成ガメラでは陸自大野三佐、仮面ライダー牙王でもあり、黄金騎士牙狼の称号を持つ冴島大河でもある、平成の特撮作品には欠かせない名優、渡辺裕之さん。

 

フォトセッションが進行するにつれて、司会進行の木原先生と、馬場先生も加わり…

 

最終的には京都みなみ会館吉田館長も。

 

今回はもう御一方、VSメカゴジラや×メカゴジラの脚本家である三村渉氏のトークライブも開催され、豪華なダブルゲストとお写真を撮って頂きました。

丁度ここ最近、牙狼を一作目から観てたのもあり、喜びも一入。

 

御二方によるトークライブは、やはりネット上には書けないここだけのお話満載で、大変楽しい内容が盛り沢山でした。

 

 

ゲストによるトークライブ二本立てとサイン入りプロマイドお渡し会が終了後、いよいよ(やっと?)上映開始(笑)。

 

一本目は「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」

久しぶりに観ました。

バラゴン戦と千年竜王覚醒の件と、渡辺裕之さん演じる広瀬中佐が最高な一作。

ミレニアムシリーズの中でも一番の人気作だと思うんですが、個人的には宇崎氏と新山氏がどうにもこうにも…

 

二本目は「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」

ベビーブーム当時にあのゴジラにも子供が誕生。

ミニラ初登場の迷作ですが、キャスト陣が東宝特撮では馴染み深い俳優(高島忠夫、平田昭彦、久保明、土屋嘉男、佐原健二など)で固められており、ドラマパートは安定感があります。

ミニラについても夜中3時頃に朦朧とした意識で観ると意外と面白く、特にクモンガとカマキラスの操演は一見の価値ありです。

 

三本目は「ゴジラvsメカゴジラ」

年代的には一番思い入れが大きい一作。

個人的にはVSゴジラシリーズの最終作はコレだと思っています。

(実際、VSスペゴジとVSデストロイアは、エメゴジの公開が遅れた事により急遽制作が決まったという逸話があります)

オープニングはトリハダ必至!

スーパーメカゴジラ合体完了もトリハダ必至!

ゴジラ復活からの逆転劇にトリハダ必至!

怖がるベビーに優しく声をかけるゴジラに涙!

正にVSシリーズの集大成と言える傑作です。

その由縁が三村氏の脚本に因る所も大きかったのだと分かったのは、今回のトークライブでの発見でした。

 

 

寄る年波のせいなのか、平日故の朝からお仕事続きだったせいなのか、体力の消耗が思ってたより激しく、折角のVSメカゴジラが楽しめ切れなかった気も若干しますが、今年もディープで最高なひと晩でした。

 

 

次は12/29の京都怪獣映画祭ナイト6!

AD

来る11月5~6日(土・日)の二日間、大阪南港ATCにてモデラーズフェスティバルが開催されます。

 

 

こちらに出展される京都の模型等制作スペース「craft space NextGate」様ブースにて、またもやうちのアマテラス・断神・弓神、G-tempestさんの初ゴジを展示させて頂きます。

 

 

 

 

 

大阪ボークス日本橋、ボークス京都の展示会から立て続けでございますが、ご都合があいましたら是非とも。

AD

京都のエアクラフト・モデラーズサークル「SIRIUS」様主催による展示会に出展された作品の中で、その他個人的に気になった作品をを写真に収めて参りましたので、掲載致します。

 

 

イノウエアーツのモスゴジ! 

 

 

ヤマタクさん原型の懐かしツクダホビーのソフビ初代ラドン! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催のシリウス様は飛行機プラモのサークルにも関わらず、あてくし自身が実写やミリタリーモノに明るく無いものでございまして、主に特撮やキャラモノばかり撮ってしまいましたが、力作の数々には大変刺激を受ける事が出来ました。

AD