ちまちま進めてる零戦。

 

コックピットの計器のデカールミスって、メーカーから届いたの貼り直し出来たので、やっと胴体に組み込んで主翼を接着しました。

 

裏側にスミイレ中。

試しに尾翼だけウォッシングもしてみたものの、もうちょっと使い古された感じが欲しいところ…

 

また、基本的にパーツの合いは良いキットなのですが、胴体と主翼の間だけ結構な段差が出来てしまい、リューターで削り、タミヤパテ盛り、神ヤスでヤスリ、溶きパテ塗った状態。

勿論モールドは埋まるので、彫り直さないとー

 

ところでそもそも組む順番はこれで良いのだろうか?

 

 

その他の完成品ギャラリーはこちら

AD

オデッセイ

マット・デイモン主演、リドリー・スコット監督によるSF作品。
一人取り残されてしまった火星で何とか生き残り救助を待つマット・デイモンと、そのマット・デイモンを何とか救出に奮闘するNASAのお話。
NASAの中では人命優先派も居れば広告優先派も居て、現実的な時間と技術の問題などなど、組織の面倒さをコンパクトにまとめてます。
若干のネタバレになりますが中国が切り札となろう件があり、でも結局手は借りれど肝心な所では頼らず自らで何とかしてしまう、というお話の持って行き方にNASA(延いてはアメリカという国)のプライドというか傲慢さと、経済大国化する中国へのアピールも一応やっとけみたいな、ワールドワイドに展開してる風を装う小賢しさを感じてしまいます。
火星の地で初めて芋から芽が出るシーンは感動的。

 

 

 

ケース39

レネー・ゼルウィガー主演によるサスペンスホラー。
これもネタバレになりますが、かなりエスターを意識した感じ。
洋ロリ萌え的には ジョデル・フェルランドがめちゃ可愛いです。

 

 

 

フェーズ6

新しいスター・トレックのシリーズでカーク船長役のクリス・パイン主演のパニックスリラーでかつロード・ムービーでもある。
感染すると必ず助からないウィルスが蔓延して荒廃した世界で、何とか生きて行こうという男女4人の物語。
ゾンビものかと思いきや、ウィルス感染すると普通に死に至るだけで、ゾンビにはなりません。
中々良いです。

 

フェーズ6 [DVD]フェーズ6 [DVD]
3,990円
Amazon

 

 

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

現代世界に紛れて生きる吸血鬼を中心に狼男やゾンビ達などの生活を追ったドキュメンタリー風のホラーコメディー。
クスクス笑える中々の良作でオススメできます。
低予算映画でお馴染みとなったPOV手法ですが、臨場感云々はこの作品の場合ほぼ関係ありません。

 

 

 

ネスト

ケビン・コスナー主演のではなく、スペインとフランスの合作サイコサスペンス。
荒削りな部分はあれど、結構このジャンルを研究している様で、良く出来ています。
反面、ヒントがわかりやすいので、ネタばらし前に気が付いてしまう事も多々ありました。
悪くはないです。

 

ネスト [DVD]ネスト [DVD]
5,184円
Amazon

 

AD

結構進んだ様なまだまだ長そうな。

 

マスキングの図。

曲面にはタミヤの曲線用マスキングテープ2mmを導入してみました。

 

暗緑をブシュー。

 

そして黄橙の箇所を雑にマスキング。

 

 

以前、隠ぺい力の弱い黄色を塗るには、意外と隠ぺい力の強いピンクを下地にすると、発色が良いと聞いて、半信半疑で実践したらこの通り。

 

 

 

ベース塗装がほぼほぼ完了し、仮組してみました。

カメラが顔認識してくれると嬉しいもんです。

 

 

その他の完成品ギャラリーはこちら

AD

先日craft space NextGateにてご教授頂きましたルーペを導入してみました。

 

零戦のパイロットの面相をやるにあたり、肉眼ではとても無理なのでルーペが要るなあとAmazonで見てると、模型メーカーお馴染みのタミヤのが出てきたんですが、これが結構高くてどうしたもんかと思ってた所、店長が教えて下さったのがこちら。

 

 

アルゴファイルジャパンというメーカーのクリアスター16です。

何が良いかっていうと、そりゃもう安いのにちゃんと使えるという点に尽きるかと思います。

 

タミヤのレンズ3枚付きでAmazon価格が4000円越えに対し、こちらレンズ5枚付きで約2000円とコストパフォーマンスの良さ。

 

↑が製品内容。(本体にレンズを1枚セットしてます)

レンズは1.0倍、1.5倍、2.0倍、2.5倍、3.5倍が付属しています。

 

そして↓がこちらのルーペを使用して面相した1/32フィギュア頭部。

 

眉毛や帽子の塗り分けなどは後でもう少し精度出しますが、最大のネックだった目の塗装が出来てホッとしました。

オススメのツールです!

 

 

スローペースで進めております。

 

タミヤパテで合せ目を処理して組める部分を借り組みました。

 

主翼、胴体、尾翼、プロペラ、カウルなどのベース塗装を開始。

 

塗装開始してから気が付いたヒケや合わせ目の消し残しも何とかキレイに。

ガンプラと同じノリで接着剤付け過ぎたのか、乾燥機の熱のせいなのか、はたまたその両方なのか、主翼の薄い部分にものっそいヒケが出てしまいかなり手間取りました…

 

色ついて来ると上がりますね。

 

 

その他の完成品ギャラリーはこちら