電車内で女性に痴漢行為をしたとして、警視庁は22日、同庁訟務課の男性警部(45)を東京都迷惑防止条例違反などの容疑で書類送検した。同庁は同日、停職1カ月の懲戒処分とし、警部は辞職した。

 送検容疑は、16日午後10時半から同50分ごろにかけ、JR湘南新宿ライン横浜-大崎駅間を走行中の電車内で、隣に座った20代の女性の太ももをジーンズの上から触ったとしている。女性に手をつかまれ大崎駅で下車。逃げようとしたが、ホーム上で通行人に取り押さえられ、現行犯逮捕された。

 警部はこの日、休日で、以前の同僚と横浜市内で飲食後、埼玉県内の自宅に戻る途中だった。容疑を認めているという。【川辺康広】

【関連ニュース】
教え子性的暴行:フィギュア元コーチに懲役7年判決
電車内痴漢:39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく

ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目-東電(時事通信)
歴代政権の責任指摘=日航破綻で政府・与党-首相は意識改革促す(時事通信)
富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)
AD