人間ドックの選び方

人間ドックは、近い将来病気を引き起こすと考えられる、体の異常や生活習慣などの問題点を検査によって明らかにする事で、病気を未然に予防するためのものです。


テーマ:
メガソーラー(大規模太陽光発電所)建設候補地に鳥取県米子市大崎、葭津にまたがる崎津地区(約50ヘクタール)を選定しているソフトバンクグループが、三井物産との提携により、同地区でのメガソーラー事業を目指していることが8日、分かった。事業費は約100億円。2013年夏の稼働開始を目標に準備を進める。

ソフトバンクによると、100%子会社SBエナジー(東京)と三井物産が6日、崎津地区でメガソーラー事業を共同で検討する内容の覚書を交わした。具体的な事業内容の協議はこれからだが、新設する特別目的会社(SPC)が建設や運営を手掛ける手法を視野に入れている。

崎津地区のメガソーラーの最大出力は、一般家庭約8千世帯分の年間消費電力量に相当する3万キロワット。SBエナジーが既に建設を発表した京都市などのメガソーラーの10倍以上の規模となる。

ソフトバンク広報室は「13年夏には稼働させたいので(自然エネルギー固定価格買い取り制度の)買い取り価格などが決まり次第、なるべく早く事業に着手したい。中国電力とも協議を進めている最中」としている。

崎津地区の土地は、県企業局と県住宅供給公社、米子市土地開発公社が所有しており、同室は「土地に関しては賃貸借契約を結ぶことになる」と話す。

鳥取県の平井伸治知事は「三井物産が事業パートナーになると聞き、大きく前進したと思う。2月24日にソフトバンクの孫正義社長に会い『ぜひ前に進めていただきたい』とお願いしたばかり。こんなに早く吉報が届くとは思わなかった」と喜んでいた。地元の野坂康夫米子市長も「計画が着々と進展しているようであり、非常に喜ばしく思っている」とコメントした。

出典:日本海新聞

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「真っ暗な海の中で灯台の光を見つけたような気持ちだった」---ヤマジュウの工藤文彦社長は振り返る。北海道厚岸郡浜中町霧多布で鮭の加工販売を手がける同社の工場は東日本大震災の津波の直撃を受け、全ての加工設備と原料を失った。現在、セキュリテ被災地応援ファンドを通じた出資と寄付により加工機械の購入にこぎつけ、工場再建への道を見出しつつある。


「届いたのは機械ではなく、皆さんの気持ちだと感じた」

北海道が選出する「北のハイグレード食品」にも選ばれたヤマジュウの「北海道きりたっぷ網元浜中丸 時不知鮭焼きほぐし」。被災してからも「お客さんが『お前のところの鮭じゃないとだめなんだ』と、生産を再開できるかどうかもわからないのに、代金を置いていってくれた。何十人ものお客さんが」(工藤氏)。しかし、北海道の被害に対する国の支援は遅れており「公共の被害に対しては財政援助が受けられるようになったが、民間の被害は対象外」(工藤氏)。再建資金調達のめどが立たずあきらめかけていた中でセキュリテ被災地応援ファンドのことを知り「藁にもすがる思いで連絡したら、すぐに来てくれて再建計画を一緒に考えてくれた」(工藤氏)。ヤマジュウは2011年11月に出資の募集を開始した。

2012年2月24日に東京で開催されたセキュリテ被災地応援ファンドの説明会で、工藤氏は「皆さんの資金で輸入することができた加工機械を目の前にして、恥ずかしい話だが、機械に抱きついておいおいと泣いてしまった」と目を潤ませながら語った。「届いたのは機械ではなく、皆さんの気持ちなんだと感じた。皆さんの気持ちが詰まったこの機械で、漁師が命をかけてとってきた鮭を、命をかけてうまい商品にする」と意気込む。

説明会には、ヤマジュウのほか、岩手県陸前高田市で200年間醤油などを醸造し続けてきた「八木澤商店」、福島県西白河郡で慶応元年(1865年)から日本酒を作る「大木代吉本店」、宮城県気仙沼市で唯一の製麺工場を営む「丸光食品」、宮城県名取市で水耕栽培による農業再開を目指す「さんいちファーム」が参加し、それぞれの自慢の製品や、事業再建への思いを語った。多くの出資者が集まり、立ち見も出る状況となった。

出典:ITpro

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
STMicroelectronicsとLuxteraは、シリコンフォトニクスに関するLuxteraの専門知識および先端IPを、STの仏クロル工場にある300mm製造設備で開発中の専用プロセスへ適用することに合意したことを発表した。両社は、シリコンフォトニクス部品やシステムをSTのクロル工場で製造することにより、先進的かつ低コストな量産ソリューションの実現に取り組んでいる。

マルチ・テラビットまで接続性を拡張するシリコンフォトニクスは、光ネットワーク、CPU相互接続、データストレージなど、将来の超高速演算および通信アプリケーションを可能にする重要な技術であると考えられている。同技術により、ガリウムやインジウムを含む高価な化合物半導体材料を使用することなく、低コストかつ実績のあるシリコン技術を用いて、高速光通信デバイスの製造が可能になる。

今回の提携により、STは、Luxteraのシリコンフォトニクス技術を新しいフォトニクスプロセスおよびその次世代プロセスに導入することができる。STの基盤技術は進展し、光トランシーバと、先進的なCMOSノードを用いたシステム・オン・チップ(SoC)とを集積化することで、大規模システム向けのフォトニクス対応SoCを実現する。さらに両社によるシリコンフォトニクスエコシステムの拡充に伴い、先端の光学IPをユーザに提供できる。

また、STは、Luxteraに対し、信頼性と拡張性を備えたコスト効率の高いサプライチェーンを提供するため、Luxteraは量的および質的な観点から成長市場に適合することができる。

なおSTが開発中の300mmシリコンフォトニクスプラットフォームは、低コスト・トランシーバについて、データ転送速度が100Gbpsおよび400Gbps以上の拡張性を有する。また、低消費電力かつ大容量の相互接続を実現する他、1310nm、1490nm、1550nmの各波長をサポートする相互運用性を有する。

出典:マイナビニュース

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ドイツ連邦環境省のレトゲン大臣とドイツ連邦経済省のレスラー大臣は、EUエネルギー効率指令と太陽光発電買い取り補償額に関する共同ポジションを提示した。EUエネルギー効率指令については、国家目標設定や目標達成手段における柔軟性の導入、太陽光発電への買い取り補償額については、全クラスの設備に追加的な減額の実施、2012年5月1日以降は低減を月毎に実施、対象電力量の制限の導入、増加に応じた買い取り補償額の短期的な調整などがまとめられている。両大臣は、これらは、エネルギーシフトの迅速な実行とその成功に繋がる提案とするコメントを発表している。レトゲン大臣とレスラー大臣は、エネルギーシフトを成功に導くことを共に目指しており、電力網拡張促進法、電力網開発計画、コジェネレーション法改正、ドイツ復興金融公庫による洋上風力助成プログラム、再生可能エネルギー法改正など、一歩ずつ進めている。また、連邦環境省は、連邦経済省の参加のもと、再生可能エネルギー拡張や電力網拡張の調整を行う「再生可能エネルギープラットフォーム」を設立している。

出典:EICネット

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東日本大震災から1年を迎えるのを前に、香川県内の量販店などで防災グッズの売れ行きが伸びている。家具の転倒防止グッズなど地震に備える商品だけでなく、備蓄食や太陽光で発電できる携帯電話の充電器など避難生活を想定した商品にも注目が集まっている。

イオン高松東店(高松市福岡町3丁目)は、震災後から常設する防災グッズ売り場の品ぞろえを2月に拡充した。特に売れているのは家具の転倒防止グッズで、昨夏ごろまで品薄で手に入りにくかったことから、2月以降の売り上げは1月の10倍のペースという。

震災直後、被災地に支援物資が届きにくかったり、避難生活が長期化したことを教訓に、備蓄食料の準備を進める消費者も目立つ。

こうした動きに対応して、西村ジョイ成合店(高松市成合町)は非常食の展開を充実。レトルトカレーや水で戻して食べられるアルファ米など約15種類を各100点以上そろえる。

同店は「食べ慣れた味を非常食に」と、缶入りで保存の利く有名メーカーのビスケットやキャラメルなどを非常食として活用する方法を提案。防災コーナーに並べたところ、200缶が1週間で売り切れた商品もあったという。

防災グッズへの関心の高まりは家電量販店でもうかがえる。ヤマダ電機テックランド高松春日本店(高松市春日町)では、震災後に発売されたソーラーパネル付き携帯電話充電器の人気が高く、売り上げは昨年末に比べ2割増。同店は「節電の流れもあり、日頃から使える点が受けている」としている。

災害への備えを進める動きは企業の間でも広がり、防災関連商品を製造する県内企業には法人からのまとまった注文が入っている。

福祉関連機器製造のシコク(さぬき市)では、保存水やラジオを収納し、簡易トイレにもなるエレベーター用の防災椅子に関する問い合わせが増えている。ホテルやマンション運営会社などからの引き合いが多く、担当者は「企業の防災の備えが一巡し、エレベーターの中にまで目が向き始めた」とみる。

オリジナルタオル製造のユタカ(善通寺市)でも備蓄用の真空パックタオルにまとまった注文が相次いでいる。

出典:四国新聞

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
オムロン ヘルスケアは、音波式電動歯ブラシの新モデル「メディクリーン HT-B473」を4月10日より発売する。

充電時期を光で伝える「充電お知らせランプ」機能を新たに搭載したモデル。電池残量が減ると、本体の「充電お知らせランプ」が赤く点滅するようになっている。

性能面では、縦方向・横方向の振動を組み合わせた独自の立体微振動「マルチアクション音波」により、歯垢をすばやく除去することが可能だ。動作モードは、歯垢を効果的に除去する「クリーンモード」、歯ぐきをいたわりながら歯垢をしっかりと除去する「マッサージケアモード」、前歯の裏側や奥歯、歯並びの悪いところなど磨く「ポイントケアモード」の3種ル画用意されている。

価格はオープン。

なお、ブラッシングモードや付属ブラシを絞った「HT-B472」「HT-B47」「HT-B470」もラインアップする。こちらも価格はオープン。

出典:価格.com

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
県は8日、導入を進めているメガソーラー(大規模な太陽光発電所)の建設候補地のうち5カ所について、宇都宮市の藤井産業とソフトバンクの子会社、シャープの3社を事業候補者に選んだと発表した。

県は、県有地や民有地など計57カ所を建設候補地として選定。更地や送電線が近いなどの条件に該当する11カ所について、今年1月から事業候補者の第1次募集をしていた。

選定の結果、鹿沼市の農業試験場農場跡地(2・9ヘクタール)と大田原市の工業団地2区画(計8ヘクタール)の事業候補者には、電設資材を扱う藤井産業、矢板市の産業団地内の2区画のうち、1区画(8・6ヘクタール)はソフトバンクの完全子会社で自然エネルギー事業を手がけるSBエナジー、もう1区画(6・8ヘクタール)は太陽光パネル製造の実績があるシャープに決まった。

ソフトバンクのSBエナジー担当者は「約2メガワットの最大出力を考えている」としている。県地球温暖化対策課は「国が電力の買い取り価格と期間を示してから、さらに協議をしていく」としたうえで、5カ所で一般家庭3千世帯分の電力をまかなえる計10メガワット(1万キロワット)の発電規模を想定している。

出典:朝日新聞

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
豊田合成㈱(荒島正 社長)は、省エネ・長寿命で環境にやさしい次世代の光として注目をあびている豊田合成製LEDを使用したLED防犯灯を安全な地域社会づくりへの貢献のため清須市へ寄贈した。

また寄贈日に併せて寄贈式および点灯式を開催し、式典後には地元の防犯パトロール隊と共同で清須市春日地域の防犯パトロールを実施した。

同社が昨年より実施している「地域防犯パトロール活動」の集大成として、本活動で集めた積立金と弊社管理職からの寄附金を併せてLED防犯灯を購入し、清須市へ寄贈した。

寄贈日は2012年3月5日(月)、設置場所は愛知県清須市春日交差点付近となる。

寄贈製品はLED防犯灯(全10基)。

出典:ゴムタイムスWEB

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
JR九州は、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設して売電事業に参入する方針を固めた。近く公表する新中期経営計画(2012~16年度)に盛り込み、早ければ12年度内の運転開始を目指す。太陽光などの再生可能エネルギーでつくった電気を電力会社が全量買い取る制度が7月から始まるのを受け、鉄道以外の収益源の多様化につなげたい考えだ。

すでに鉄道沿線の遊休地などで、メガソーラーの候補地選定を進めており、出力が1000キロ・ワットを上回る太陽光発電所を建設する。その後、九州内の複数か所に拡大を図る。全量買い取り制度に基づき、九州電力への売電を前提にした「発電ビジネス」として展開する。

政府は「全量買い取り制度の開始から3年間は特に事業者の利潤に配慮する」としており、JR九州は買い取り価格など新制度の中身をにらみながら、メガソーラー計画の具体化を急ぐ。

出典:読売新聞

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
県は八日、県内五カ所の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設候補地について、ソフトバンクグループの発電事業を担うSBエナジーとシャープ、宇都宮市の建設会社藤井産業の三社を事業候補者に選んだと発表した。

五カ所に出力計一万キロワットの発電施設を設置し、一般家庭約三千世帯分の電力需要を賄う計画。各社と具体的な協議を進め、今年秋の稼働を目指す。

今回の五カ所は、大田原、矢板、鹿沼三市にある工業団地の更地など。いずれも県有地で計二六・三ヘクタールになる。

県は災害に強い地域づくりの一環として、県や市町、民間が所有する五十七カ所をメガソーラーの設置候補地に選んだ。事業候補者が決まったのは今回が初めてで、残る五十二カ所も引き続き事業者の募集や選定を行う。

出典:東京新聞

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。