国土交通省は14日、高速道路の無料化社会実験の対象路線として、新たに宮崎県の東九州道高鍋―西都、門川―日向の2区間計26キロを追加する方針を決めた。同省は今月28日から全国37路線50区間で無料化を実施。追加2区間は無料化区間の延伸部分に当たる。高鍋―西都は7月に、門川―日向は12月に、それぞれ開通する予定で、開通後に無料化する。同省が15日発表する。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【Off Time】アメリカ横断ドライブ シスコからNYまで6400キロ
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
与党過半数阻止に全力=自民・大島理森幹事長インタビュー
高速5社、社長に民間人=天下りを排除

「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
北沢防衛相 普天間移設、「沖縄の理解が先決」(産経新聞)
<参院選>河村票取り込め 各党、市長人気無視できず(毎日新聞)
「亀梨さんのブレスレット販売」=投資話で現金詐取、男逮捕―神戸地検(時事通信)
本社・FNN合同世論調査 「菅新首相に期待」57% (産経新聞)
AD