みんなの党の渡辺喜美代表は9日夜、京都市内で講演し、米軍普天間飛行場の移設問題が今月末までに決着しなかった場合の鳩山由紀夫首相の進退に関し、「首相はガラス細工のような国家間の合意を見事に壊した。辞めてもらうしかないが、辞めそうもない」との見方を示した。
 また、小沢一郎民主党幹事長について「首相より偉い人がいる」と指摘し、「自己保身のために政治にとんでもないゆがみが生じている。ゆがみを放置したら国家の衰亡は避けられない」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

TBS社員名乗り詐欺容疑(産経新聞)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
3月税収2.4%減=主要税目、回復基調に(時事通信)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記-修正案(時事通信)
AD