23日午前0時10分ごろ、愛知県蒲郡市港町の国道23号交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突、乗用車は弾みで道路左側の信号に衝突した。乗用車の同市三谷北通6、建設作業員、鈴木健人さん(19)が全身を強く打ち間もなく死亡した。同乗の岡崎市内と蒲郡市内のいずれも19歳の男性会社員が頭などを打ち重軽傷。軽乗用車を運転していた同県幡豆町鳥羽、無職、辻幸子さん(48)が胸に軽傷を負った。

 同署によると、乗用車は事故現場の西約2キロの同市竹谷町の交差点で、信号を無視したため巡回中のパトカーが追跡。車は猛スピードで逃走し、パトカーは赤色灯をつけサイレンを鳴らして時速約80キロで約1.2キロ追跡したが、危険と判断し追跡をやめたという。同署は、事故原因と乗用車を誰が運転していたのか調べている。

 同署の青山明彦副署長は「追跡方法に問題はなかった」と話した。【丸林康樹】

【関連ニュース】
交通事故:3台が玉突き、10人が病院搬送 福島・瀬上町
都営バス:乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立
交通事故死者数:春の全国交通安全運動期間中は96人
ひき逃げ:逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ

志願者2万4000人=法科大学院入試、低水準続く-文科省(時事通信)
【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)
岡田外相、核密約で陳謝=佐世保市長と会談(時事通信)
元秘書有罪「一生の戒めに」=鳩山首相(時事通信)
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待(産経新聞)
AD