航空会社スカイマークで、副操縦士が飛行中の操縦室内で客室乗務員らと記念撮影を繰り返したほか、管制官の指示よりも高い高度で飛行するなど問題が相次いでいることを受けて、国土交通省は15日午後、特別安全監査に入ることを決めた。

 航空法に基づく措置で、通常の監査より長期間にわたって詳細な調査を行うという。

 11日にも国交省が監査に入っており、相次ぐ国交省の立ち入りは異例だ。同社への安全監査は、2008年6月、パイロット不足を理由に大量の運休便を出した問題でも実施されている。

 スカイマークは今月に入ってから、西久保慎一社長と井手隆司会長が、安全のため客室乗務員の交代を求めた機長にそのまま運航するよう命じたとして、国交省から厳重注意を受けたほか、同社の副操縦士が飛行中の操縦室内で、客室乗務員らと記念撮影を繰り返していた問題も発覚。この時に撮影された写真では、機長と副操縦士がともに、進行方向や計器類に背を向けた状態でピースサインをしていたため、前原国交相が厳しく非難していた。

 さらに、今月11日には、新千歳発羽田行きの便で、2度にわたり管制指示を受けていたにもかかわらず、同機が一時、指示よりも約1950メートル高い高度で飛行していたことも判明。自動操縦装置に5~6地点での高度をあらかじめ入力する必要があったが、入力を忘れた地点があったという。

<佐賀人違い射殺>無期懲役確定へ 最高裁決定(毎日新聞)
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱(医療介護CBニュース)
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発(産経新聞)
<国会同意人事>日銀審議委員など8機関32人提示 政府(毎日新聞)
襲撃受けたケージ、構造見直しを=環境相がトキ保護センター視察-佐渡(時事通信)
AD