夏の夜空を彩る打ち上げ花火作りの最後の仕上げ「天日干し」が、愛知県豊橋市で行われている。花火製造会社「豊橋煙火」では、花火職人たちが丹精を込めて火薬を仕込んだ花火玉が、夏を思わせる日差しを浴び、本番を待ち構えるようにずらりと並べられている。

 同社では、2号玉(直径約6センチ)から尺玉と呼ばれる10号玉(直径約30センチ)を中心に約2万発を製作。加藤賢造社長(87)は「不景気のせいか、年々出荷量は減少傾向だが、夜空に開いた大輪の花を楽しんでもらいたい」。【大竹禎之】

「車購入」…実は買ってなかった=NHK、海外ニュース番組で謝罪(時事通信)
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)
まず姿勢を低く、頭保護=大地震時、火の始末は次に―避難行動で報告書・文科省(時事通信)
故中内氏次男を逮捕=贈与税2億円超脱税の疑い―さいたま地検(時事通信)
東京・赤坂の台湾クラブ連続襲撃、元経営者の女ら国際手配へ 引き抜き巡るトラブルか(産経新聞)
AD