宮崎県の東国原英夫知事は22日、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)で殺処分対象になっている県家畜改良事業団の高級牛ブランド「宮崎牛」の種牛49頭について、経過観察を条件に殺処分しないよう国に要望する意向を明らかにした。

【関連記事】口蹄疫:スーパー種牛の感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃

 同県西都市に特例的に避難させていたエース級6頭のうち「忠富士」に感染疑いが確認され、残り5頭の今後も不透明な状況。東国原知事は「県の種牛が一頭もいなくなっては被害が甚大。日本の畜産にとって壊滅的な打撃だ」としている。

 これに対して山田正彦副農相は「大臣(赤松広隆農相)と相談するが、特例を認めていいとは思っていない」と否定的な考えを示した。

 県によると、現在、種牛49頭には口蹄疫の症状はないという。【石田宗久】

【関連ニュース】
【関連記事】口蹄疫:感染疑いのスーパー種牛の「忠富士」 殺処分に
【関連記事】口蹄疫:種牛「忠富士」感染 隔離「遅すぎた」 残る5頭、県「厳しい」
口蹄疫:未感染の20万頭対象、ワクチン接種開始 スーパー種牛、処分に衝撃
ことば:忠富士
【写真で見る】口蹄疫、感染拡大が深刻化

首相動静(5月24日)(時事通信)
オーストリアに学ぶこと……それは林業のチカラ(Business Media 誠)
避難した種牛、1頭に口蹄疫感染疑い…宮崎(読売新聞)
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏(産経新聞)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
AD