トヨタ自動車は21日、高級ブランド「レクサス」の最上位モデル「LS」の制御システムに不具合が生じた問題で、4509台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出る。
 リコールの対象は、昨年11月以降に生産されたLSの4車種。車の速度に応じてハンドル操作と前輪の動きを最適に調整する「ギア比可変ステアリングシステム」(VGRS)に不具合があり、右左折やUターンでハンドルをいっぱいまで切った後、素早く回転させて戻すと、車の進行方向とハンドルの位置が数秒間ずれる状態が発生しやすい。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ自動車「プリウス プラグインハイブリッド」
【特集】トヨタ リコール問題
トヨタホームとリフォームや介護で連携検討=竹中ミサワ社長
トヨタ、「パッソ」を自主改修=2万台超、低速時などにエンスト
小沢トヨタ副社長、「大きな影響は必至」=「ギリシャ」問題の長期化懸念

<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)
クリントン長官が21日に来日、普天間協議へ(読売新聞)
Cookieからの刺客・藤末さくらが月刊ヤンジャンに登場
<口蹄疫>食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域(毎日新聞)
社民・緊急両院議員総会 日米共同声明「辺野古」明記反対を確認(産経新聞)
AD