交際していた女性にビタミン剤と称して子宮収縮剤を点滴し、同意を得ずに流産させたとして、警視庁は18日、金沢大付属病院の医師小林達之助容疑者(36)を不同意堕胎容疑で逮捕し、金沢市内の自宅などを捜索した。

 同容疑の適用は極めて異例だが、同庁は医師の立場を利用し、子宮収縮剤を悪用した疑いが強いとみて、強制捜査が必要と判断した。

 発表によると、小林容疑者は東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)に勤務していた2009年1月、当時交際していた30歳代の女性に「ビタミン剤」と偽り、東京都内の女性宅で2回にわたり、子宮収縮剤を点滴するなどした疑い。女性は当時、妊娠初期で、点滴を受けた当日に流産した。

 小林容疑者は調べに対し、「知りません」と容疑を否認しているという。

 子宮収縮剤は陣痛を促すためなどに使われる薬で、医療関係者によると、妊娠初期に投与すると、堕胎を誘発する作用もあるという。

 同庁は女性から被害相談を受けて捜査を開始。女性宅には子宮収縮剤の点滴パックが残されており、同庁は小林容疑者が女性宅で、この点滴パックを使ったとみて調べている。

 金沢市の小林容疑者の自宅マンションには18日午前11時過ぎ、段ボールを持った捜査員数人が捜索に入った。

14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ-交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
制度改正論議スタートへ=介護保険、対象拡大など論点―厚労省(時事通信)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
桜島、爆発的噴火500回に=2年連続-鹿児島(時事通信)
AD