ヒューストン

テーマ:
ヒューストン(Houston)は、アメリカ合衆国テキサス州南東部に位置する都市。1,953,631人(2000年国勢調査)の人口を抱えるテキサス州最大、全米第4の都市である。ハリス郡を中心に10郡にまたがるヒューストン都市圏の人口は約470万人(2000年国勢調査)にのぼる。サンベルトの中心都市の1つとして高い成長を続けており、2007年の推計では市域人口約220万人[1]、都市圏人口約562万人[2]に増加している。市域面積は1,500km?におよび、市郡一体の自治体を除くとオクラホマシティに次ぐ全米第2の広さである。ヒューストンは1836年8月30日にオーガストゥス・チャップマン、ジョン・カービーのアレン兄弟によってバッファロー・バイユーの河岸に創設された。市名は当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍、サミュエル・ヒューストンから名を取って付けられた。翌1837年6月5日、ヒューストンは正式に市制施行された。19世紀後半には海港や鉄道交通の中心として、また綿花の集散地として栄えた。やがて1901年に油田が見つかると、市は石油精製・石油化学産業の中心地として成長を遂げた。20世紀中盤に入ると、ヒューストンには世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターが設置され、先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ。古くからこうした様々な産業を持ち、フォーチュン500に入る企業の本社数がニューヨークに次いで多いヒューストンは、テキサス州のみならず、アメリカ合衆国南部のメキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。また、全米最大級の貿易港であるヒューストン港[3]を前面に抱え、コンチネンタル航空のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港を空の玄関口とする、交通の要衝でもある。また、日本を含む世界86ヶ国が領事館を置く国際都市でもある[4]。このようにヒューストンは工業都市・ビジネス都市としてのイメージが強い都市であるが、文化水準の高い都市でもある。ダウンタウンの南側には10以上の博物館・美術館が建ち並び、年間700万人の訪問者を呼び寄せるミュージアム・ディストリクトがある。ミュージアム・ディストリクトに隣接するエリアには、全米の総合大学の中で常にトップ25位以内の

参院選「小沢氏仕切って」 首相(産経新聞)
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に-時事通信まとめ(時事通信)
「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官(産経新聞)
<破産>過去最多1万1423件(毎日新聞)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(5)(産経新聞)
AD