15日の日没直前、太陽の一部が月に隠れる部分日食が東海以西で観測された。

【写真特集】昨夏の日食をもう一度 皆既日食 2009年7月22日

 日食の途中で太陽が沈む現象は日入帯食と呼ばれる。国立天文台によると、今回の日食は、西ほど欠け方が大きく沖縄県で約60%。大阪市では、午後4時47分に欠け始め、午後5時7分に最大の約25%欠けて間もなく日没となった。

 国内で見える日食は昨年7月以来。次に全国で部分日食が観測されるのは12年5月21日で、九州から南東北の太平洋岸では太陽がリング状に残る金環日食となる。【林田七恵】

【関連ニュース】
【写真特集】皆既日食:明治時代にもブーム 観測列車や観測船も
元日月食:日本初観測
八重山諸島:あす夕方 部分日食 日没に最大61%
部分月食:元日未明の西の空 初日の出の前に「お年玉」
天文:国内初、元日の月食

雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開-ソマリア沖(時事通信)
【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)
<コンビニ強盗>前橋周辺で男2人組 年末から4件目(毎日新聞)
鳩山首相 アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
AD