東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)に勤務していた医師小林達之助容疑者(36)による不同意堕胎事件で、警視庁は25日、小林容疑者の容疑を裏付けるため、同病院を不同意堕胎容疑で捜索した。

 同庁は、薬剤の保管記録などを押収し、小林容疑者が子宮収縮剤を持ち出した経緯などについて調べる。

 同庁幹部によると、小林容疑者は、女性から妊娠を告げられた翌日の2008年12月31日、担当する患者名で処方せんを作成し、同病院から子宮収縮剤の錠剤を不正入手したという。

 錠剤を飲んだ女性が流産しなかったため、小林容疑者はその後、子宮収縮剤の点滴を投与したとされるが、女性宅に残されていた点滴パックは同病院で使われているパックとは異なっていた。

 当初、「流産は知らなかった」と供述していた小林容疑者は最近、「申し訳なかった」などと述べているが、子宮収縮剤の入手方法などについては詳しい供述をしていないという。

<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)
デイサービスの定員、倍の60人に―ツクイ(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望(産経新聞)
<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
AD