長崎市の伊藤一長前市長が銃撃されて丸3年を迎える17日、市は事件現場となったJR長崎駅前に献花台を置いた。午前中から前市長の死を惜しむ人々が訪れて冥福を祈った。

 前市長を個人的に応援していたという長崎市岩見町の三浦登志子さん(76)は「惜しい人を亡くした。本当にいい人」と目を潤ませながら話した。献花台前で手を合わせた後、こらえきれずに手で顔を押さえ「伊藤さん、生き返ってもう一度、市長せんですか」と涙声で呼びかけた。

 市は命日の18日も献花台を午前9時~午後5時半に設ける。

5月末までに「政府の考え方決定」普天間移設、官房長官が後退発言(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
<こども環境フォーラム>貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で(毎日新聞)
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿(産経新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
AD