菅直人副総理兼財務相は1日の閣議後会見で、宮崎県で被害が広がっている口蹄(こうてい)疫対策として、2010年度予算で計上した予備費から96億円の支出を決定したと発表した。殺処分した家畜の評価額の8割を国が補償するなど家畜伝染病予防法に基づく措置に充てる。畜産農家への損失補てんや生活支援などを盛り込んだ口蹄疫対策特別措置法に基づく必要な支出は、別途手当てする方針だ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害

<米沖縄海兵隊>北海道での訓練を公開(毎日新聞)
若年層の献血離れ深刻 すそ野を広げる“仕掛け”(産経新聞)
原口総務相「宝くじやめさせない」と改革約束(読売新聞)
梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化(産経新聞)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
AD