アフガニスタンで消息を絶ったフリージャーナリスト常岡浩介さん(40)は、同国北部で取材中に何者かに拉致された可能性のあることが2日、常岡さんの知人の話で分かった。
 アフガンで常岡さんと先月末まで一緒にいたフリーカメラマンの久保田弘信さんによると、常岡さんは、タリバン政権時代の元幹部の取材を進めていたという。常岡さんは、アフガン人のガイドを伴って取材していた。
 久保田さんは1日、このガイドからアフガン人の別の知人を通じ、「常岡さんが拉致された。わたしたちに任せてほしい」というメールを受け取った。詳しい状況には触れていなかったが、メールの内容を日本政府に伝えたという。
 久保田さんは先月末、カブールで常岡さんと別れた。常岡さんはこの後、同国北部のタリバン支配地域へ取材に向かい、その際に拉致された可能性があるという。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
【特集】オバマ語録
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
邦人不明、政府が確認=アフガン取材のジャーナリスト
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト

サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑-石川県警(時事通信)
エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)
【ゆうゆうLife】自分で立てるケアプラン(産経新聞)
国分寺市の路上遺体、6人を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
AD