ざつだんバレーボール!

バレーボールが大好きな人集合

ただし、16禁です。


テーマ:

  オーバーハンドもジャンプも終わったわけではありませんので、どしどしコメントをお願いしますね!さて、芭麗人先生が相当お悩みの様子ですので、一般的に見受けられる光景についてご意見をいただきたくここを立ち上げました。練習や試合でシャツやユニフォームの上着のすそを出すのはどうでしょうか?

 僕は、入れなければ練習もしません。理由は見苦しいからです。だらしがないからです。何故そう考えるかと言われてしまうと僕がそう思うからです。少なくても自分の指導するチームには徹底させます。以前は、同じ地区のチームにも強く要望しましたが、うるさく言えばバレーをやってくれる子が減るから言うなとまで上層部?には言われました。て、ことはやっぱりだらしないけど目をつぶれ!ってことではないでしょうか。それから10年そんなだらしなさが、いまや当然になりシャツを入れることがダサイ時代になったのでしょうか?そこが妥協できなければ、バレーの指導者として失格なんでしょうか?

 芭麗人先生になりかわり、お題を提供させていただきました。みなさん、きてね!

AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

テーマ:
 お題の通りです。気が付けば、ジャンプして空中でカカトを上に上げろって指導者いません?根拠は?必要性は?何かの矯正?皆様のご意見お待ちいたしております。はぁ~、田舎って祭りって大変。わたしゃ、もういらないわぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、コメントありがとうございます。

 さて、どうやらキャッチパスから導入する方が多いようですね。具体的には、コヤック博士のコメントが判りやすいのではと思いますが、僕の場合、肘を胸の位置に置くように指示します。キャッチパスの色々なバージョンについてご紹介いただければと思います。参考までに

>ボールをキャッチする手の形は以前へりくつでも取り上げられた【正方形】です.で,リリースした手の形がキャッチするときの手の形と大きく異なる事がないようにということを強調します.具体的には手のひらを中心とした面内回転でボールをリリースしろといいます.<

 合わせて、ヘディングの効果についてはみなさんどう捉えられておられますか。僕は、繰り返しの中で常に差し込んでいくことで自然と体の使い方を覚えるのにいいと考えています。

 明日の夕方には、自分なりのドリルを掲示したいと思ってます。

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:
 「へりくつ」で話題になっております。皆様は、初心者にオーバーを導入する時まず、何から始めますでしょうか?どんなんでも結構です。また、コメントに対するコメントや反論、意見もありの大人の議論を展開しましょう。(いきなり逃げを打ちました。藤木です。)僕個人のドリルの紹介などは土曜からかと思います。お許し下さい。
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国のレフトは凄い。是非、加奈はあの打ち方をマスターして欲しい。日本は良かったですね。しかし、中国のブロックは、リードじゃなかったですね。極端なコミットを多用していたような。あと、板橋はやっぱりパス力ないですね。3セットの後半でのハイセット、レフトまで届かなかったし。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大胆予測。1-3です。

さて、感想は夜のお楽しみといたしまして、ヒデヨシのキューバの思い出話など。

 今から、15年くらい前、前の地元で日本-キューバ戦が開催され役員でお手伝いしました。何故か、キューバチームのお世話係になり、ロッカールームの前にパイプイスを置いて待機してました。試合前は、通訳さんに雑用をおおせつかって戻ったらもう試合は始まってました。さて、試合が終了し、またパイプイスに腰掛けていたら、選手達のおしりが頭上を通過していきます。僕は、座高84ですし、パイプイスに背筋を伸ばして構えてたのにです。あの脚の長さとおしりのカッコ良い事。目の当たりにしてビックリ、感動でした。

 旧ソ連男子のロッカー付きもしましたが、選手の明るかったことにびっくりしました。ドロホフの最後のころでしたが、かっこ良かったですね。コンドラコーチからバッジを貰ったりして楽しかった。アントーノフ選手が全盛期で日本は全く手も足も出なかったことを憶えてます。

 どちらも良き思い出です。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ただ今、地上波終了です。みかさん、どうでしたか?結論から言えば僕は現状の日本からすれば、いい結果を残せたと思っております。

 まずは、ブラジルチームについて。

 作り笑顔笑顔がない。悔しい時には、悔しい表情をあらわにする。叱咤激励も厳しい表情でする。これは僕好みです。

 日本は、全ての世代において「笑顔」の意味を取り違えていないだろうか?

 ジャクリネの後方からのハイセットの叩き方は素晴らしいと思います。また、彼女のガッツも好きですね。

 解説者(多分、タレントK)曰く、「手を廻してから打つからタイミングが取りにくいんですよね~」だって。そうじゃね~だろ~!そして、宝来についても「フォームの大きさのわりにボールが遅いのでブロックのタイミングがあわせにくい」だと?大丈夫か?出雲中だろ?もう少し勉強しろよ!(斑鳩に負けたけどさ…)

 高橋選手については、スイングの速さについては世界に通用するどころか、トップクラスだと思います。速さが無ければ、緩急の幅は狭くなるのですから。

 戦術面としては、日本がバックレシーバーに腰位置で取らせるサーブを徹底したのは、非常に効果的だったと思います。やれるじゃん!って思いました。

 宝来選手の前衛でのレセプションはとてもいいと思います。北京まで是非頑張って欲しいです。

 WSの吉澤、高橋選手のレフトの平行、若しくはダブルBの使い方が良かったですね。特に高橋選手に対しいいトスを上げていたと思います。遅れるリードブロックのセンターの右手に当てる技術は世界NO.1だと感じました。

 あとは、サインがばれてるんじゃなくて、ブロックシステムを変更したんだと思いますね。結局、センターの単独の速攻がオランダのフルーマン並みじゃない限りサイドからのブロックはブロードに残してピンポイントでいきましたね。こんなのデータなくても当然の戦術。

 日本チームはいい課題を残せた事で良かったと思います。

 解説者Kはやっぱりだな・・・。

 みなさん、どうお考えでしょうか・

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「へりくつ」でオーバーハンドの話題があります。マッスル系の話には正直もう全くついていけなくなりました。何時間かけてレスされているのでしょう?

 さて、オランダのパスですがどう思われたでしょうか?僕ははっきり言って「下手」だと思いました。セッターも「下手」。なじゃぁ?って思いました。

 ブラジルはいいですよね。ポーランドも良かった。いやいや、オランダが目立って悪い。こう思ったのは僕だけでしょうか?もし、そう思った方がいらっしゃれば「なして?」なんでしょうね?

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

  みかさん、スッキリしましたねぇ。しっかし、大味な試合だったなぁ。ミスをしないじゃなくて、ミスが多かった方が負けみたいなゲーム。こんなのもあることを再認識させられました。日本チームの今の状態じゃイタリアの勝った時のオランダには勝ち目はないはず。それが1セット目。なんだぁ?2セット目からレセプションは崩れるは、チャンスレシーブは相手コートに返すは、一体どうしたの?って感じで最後まで…。

 確かに宝来の使いどころが良くて相手のレシーブフォーメーションが崩れたのは確か。竹下が冴えていたと思います。勿論、高橋のキレが今まで見た中で一番だった気がするのも優位に試合を展開できた要員でしょうね。

 しかし、オランダのフリールのジャンピングサーブ、凄い破壊力だわ。

 もっと選手を使って欲しいなぁ、やっぱし。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 イタリア戦の地上波放送が今終了。予想以上に点差が開き、日本チームよりイタリアの若手の成長とコンディションの良さに驚きました。

 20,21の選手が日本の中堅選手のブロック、レシーブをはじきとばし、ブロックして拾ってつなぐ。これじゃ日本がいつ勝てるのか誰しも思うところ。

 イタリアは、予選ラウンドで中国に勝って勢いもあり、チームの状態が非常に良いのも事実であろうと思います。逆にデータバレーを意識し過ぎてレセプションまで崩れた日本チーム。最後は、ディフェンスシステムもおかしくなってまさしくザル状態ではなかったか?

 ただ、バックライトの高橋選手を狙う深いサーブは芸術的であり、ああいった戦術的サーブの導入も今後は考えているのだとは思うのです。

 気になるのは、使わない、使いどころが無い選手が何人かいるようだけど、何のため入れてるのか判らない。要は、練習試合なのだからチャンスをきちんと与える事が大事なんではなかろうか?

 個人的には、ピッチリーニの顔が拝めないのが寂しい、いや、あのオープンを引っ叩く美しきサーキュラーが見られないのが寂しいです。

 みなさんは、どんな感想をお持ちでしょうか?お聞かせ下さい。

 タイトルは、終了後のインタビューで監督のお言葉「自分達のバレーをさせてもらえんかったのが敗因や」なんですが、もうちょっとなんかなぁ。仙台でさせてもらえるとまさか思ってたわけでもなかろ~し。

 最終予選とこういった大会の違いをもっとファンや視聴者にも理解してもらえるよう、テレビも協力して監督も目の前の何かに拘る事のないように環境を整える必要もあるのではないかとも思いました。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。