-------------------

プロセラピスト・カウンセラーのためのカウンセリング講座

Facebookページも宣伝

--------------------------

本格的な「傾聴ロールプレイ」等を実施中!

本気でやるなら「臨床カウンセラー養成塾」


カウンセリングの「反射神経」が養える秘密とは・・・


「相手の心を動かす技術」が養える独自の訓練プログラム

真剣に、楽しく受講されているプロセラピストの皆さん↓ ↓ ↓ ↓
$プロセラピストのためのカウンセリング講座 $プロセラピストのためのカウンセリング講座
プロセラピストのためのカウンセリング講座 $セラピストのためのカウンセリング講座

【臨床カウンセラー養成塾とは?】

相談件数4011件以上、500時間を超える研修に参加、

講師として107回を超える講座を実施している塾長の鈴木が

直接小人数及び個別指導を懇切丁寧に実施しています。

※当講座は、一部上場企業の企業研修にも導入されています。


【これまでの主な受講者】

心理カウンセラー・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・

臨床心理士・スクールカウンセラー・離婚カウンセラー・

アロマテラピスト・レイキヒーラー・スピリチュアルカウンセラー・

ヒプノセラピスト・アートセラピスト・恋愛コンサルタント・美容師・

企業研修講師・介護福祉士・看護師・教職員・学習塾講師・

ケースワーカー・コーチングコーチ・傾聴ボランティア・占い師・

絵本セラピスト・NLPプラクティショナルマスター・営業職部長・

フィナンシャルプランナー・ヨガインストラクターetc


★受講者の声はこちら


【最近の人気記事ランキング:よく読まれている記事】

1位「カウンセラーの迷い

2位「資格が通用しない時代になる?

3位「カウンセラーにはこの2つが絶対必要

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-12 09:50:58

真の援助者2つの視点とは?

テーマ:心のケア

こんにちは、鈴木です。

 

カウンセラーもそうです。

 

コーチやセラピスト、

福祉や医療の現場の方たち。

 

つまり身体や心のケアをする際に、大切なこと。

 

それは、

「相手にとって援助となるか」

という視点です。

 

 

難しいのは、この

「相手にとって」というところ。

 

果たして私たちのしていることは

「相手にとって」援助になっているのでしょうか?

 

 

援助の難しさは、この

「相手にとって」になっているかというところです。

 

「相手にとって援助となるか」について、

私は次の2つの視点を重視しています。

 

1)相手が本当に助かると実感すること

2)相手の状態が良くなる、成長を起こすために必要なこと

 

 

この2つの視点を見つけ、実行することが、

真の援助だと思っています。

 

実は、この1)2)と混同しがちなのが、

次の視点です。

 

・相手が望むこと(をする)

 

 

この視点だけで行うのは、

援助とはいえません。

 

それは、相手が望むことであっても、

1)と2)につながるとは限らないからです。

 

 

カウンセリングでいえばこうです。

 

クライエントが、自分に

優しい言葉を欲したとします。

 

しかし、往々にしてですが、

優しい言葉が本当の援助になることはありません。

 

 

人間、辛いときには、

慰めや同情を欲することは仕方ありません。

 

そしてそれがまさに、

いっときの「慰め」にはなります。

 

ですから、慰めや同情を

してはいけないとは思いません。

 

 

しかし、それがその人が本当に

立ち直るきっかけになるかというと、

ならないことが多い。

 

時には、耳の痛いこと、

本人にとって厳しい取り組みこそが、

立ち直りにつながることも多いのです。

 

 

だから

 

「相手が望むことをする」

 

という視点だけでは、援助になりません。

 

 

もう一つ混同してしまうことがあります。

 

それは、

 

・こちらが援助になるだろうと思ったこと(をする)

 

です。

 

 

こちらが援助になるだろうと思ったこと。

 

その視点だけが、必ずしも

相手の援助になるとは限りません。

 

良かれと思ってしたことで、

余計に相手を困らせ、事態を悪くする。

 

日常の人間関係でもありますね。

 

 

これは相手にとっての援助とはなっていません。

 

つまり、いくらこちらが

援助になるだろうと思っていても、

 

1)相手が本当に助かると実感すること

2)相手の状態が良くなる、成長を起こすために必要なこと

 

でなければ、援助になるだろうは、

援助にならないわけです。

 

 

カウンセリングやコーチング、

セラピー、福祉や医療、教育の現場。

 

いえ、多くの仕事や

人間関係にもいえるかもしれません。

 

だから、相手にとって援助となることをするには、

相手がしっかりと見えて

(理解できて)いる必要があるわけです。



カウンセリングや傾聴について、
もっと濃い内容をメルマガで公開しています。
読んでみたい方は、下記より登録できます。

>>読みたい方はこちらから


●養成塾では実践的な授業を気軽に体験できる体験講座として
オープンセミナーを開催しています。

>>セミナーの詳細



☆鈴木雅幸のfacebookアカウント(日々情報配信中)☆
https://www.facebook.com/masayuki.suzuki.106
※よろしければ上記ページの「フォローする」をクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-07 11:02:17

セラピーは楽になるのが目的?

テーマ:心理カウンセリングについて

こんにちは、鈴木です。

 

早く楽になりたい。

 

悩んだり苦しんでいるときは、

そう思いがちです。

 

そこで、カウンセリングなどをする側の人間も、

早く楽になる方法を考えたくなります。

 

 

しかし、ここに落とし穴があります。

 

 

楽になること自体を

否定するつもりはありません。

 

ただ、重要なことは

「どう楽になったか」だと思います。

 

 

私たちの目の前に、

問題や困難が起きたとします。

 

それは、その問題や困難と向き合い、

乗り越えることで、

「何か」を学ぶことが必要だからです。

 

問題や困難、悩みや苦しみは、

私たちが何かを学ぶために起きる。

 

私はそう捉えています。

 

 

なぜそう捉えているのか?

 

 

それは、カウンセリングの経験を通して

見えてきたことがあったからです。

 

 

手っ取り早く解決しようとした人は、

後で別な問題や困難に

ぶつかっているんです。

 

 

例えば、上司との人間関係に悩み、転職をした。

 

ところが、転職先で、

今度は同僚との人間関係に苦労する。

 

 

これも、転職の是非の問題ではありません。

 

重要なのは

 

「どう転職をしたか」

 

ということです。

 

 

上司との人間関係に悩んだけど、

そこで自分の問題にも気づいた。

 

自分も気づかないところで、

部下や後輩に心ない態度を取っていた。

 

それを改めると、

部下や後輩との関係も変わった。

 

 

その上で転職すれば、

次の会社では上手くいった。

 

こういうケースを何度となく見てきました。

 

 

今ある自分の精神的苦痛だけを

取り除ければいい。

 

厳しい言い方をすれば、それは

やはり「安易な発想」といえます。

 

問題や悩みが解決することの本当の意味。

 

それは、その人が人間的に成長することで、

その人の中で問題だったことが

問題では無くなるということなんです。

 

 

大切な人を病気や事故で失ってしまった。

 

こうした事態に対して、

精神的な苦痛をすぐに取り除くという発想で対応したら、

大変なことになります。

 

また、失われた命は、

帰ってはきません。

 

人間の力で操作できない悲しみや苦しみ、

そして絶望というものが、

この世にはたくさんあります。

 

 

そうした人たちとカウンセラーが向き合うとき、

精神的苦痛だけ取り除けばいいという発想は、

本当に安易です。

 

 

そうではなく、クライエントが

この運命をどう受け容れ、

自分はそこからどんな生き方を選択していくのか。

 

そこまでやってこそ、

その問題や困難から学ぶものが出てきます。

 

 

悩んで苦しんで、

だからこその学びもあります。

 

そうした悩みの方が、

胸に深く刻まれるものです。

 

 

精神的苦痛だけ取り除く。

 

とにかく早く楽になる。

 

ここにだけフォーカスすることは、

こうした学びの経験を、

その人から奪うことにもなります。

 

 

悩んで苦しんで、だからこそ、

思慮深くなり、懐が深くなり、

人間的に一回りも二回りも大きくなれる。

 

 

私はこうした苦難を経ての人間的成長というのは、

とても大きな財産になると思っています。

 

 

そして、カウンセリングをずっと続けてきて

見えてきたことがあります。

 

それは、自分が

 

「人間として成長したと実感できること」は、

 

生きていく上で最も

幸せなことなのではないかということです。

 

 

特に、人間的に著しい成長には、

やはり痛みが伴うようです。

 

だから、この痛みを避けたり、逃げたり、

無かったことにするだけでは、

本当の成長はありません。

 

 

カウンセリングを行う際には、

このことを熟知していることが必要になります。

 

 

問題を根本解決するには、

解決手段を講じることも必要です。

 

しかし、人として本当の成長を経験できたとき、

例え状況は変えられなくても、

 

その状況がその人にとって、

もはや悩みの対象にならなくなる。

 

これも「根本解決」の一つだと思っています。


カウンセリングや傾聴について、

もっと濃い内容をメルマガで公開しています。
読んでみたい方は、下記より登録できます。

>>読みたい方はこちらから


●養成塾では実践的な授業を気軽に体験できる体験講座として
オープンセミナーを開催しています。

>>セミナーの詳細



☆鈴木雅幸のfacebookアカウント(日々情報配信中)☆
https://www.facebook.com/masayuki.suzuki.106
※よろしければ上記ページの「フォローする」をクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-31 10:09:44

なぜこの体験で笑顔になるの?

テーマ:カウンセラー研修・実力養成について

こんにちは、鈴木です。


 

なぜ「エンカウンターグループ」に参加すると、
参加者は心からの笑顔になれるのか?

 

 

参加者の反響、感動が一番大きく、
最も爆発力のあるグループセッションがあります。

 

参加することで、新たな自分と出逢えます。

 

 

新たな人間関係を体感できます。

 

自分の人生に希望を感じられます。

 

そう、人生を前向きに生きていくために、
様々な気づきを得られるセッション体験。

 

 

今年2回目の開催となるグループセッション、
「エンカウンターグループ」を、
9月18・19日の二日間開催いたします。

 

自己啓発、カウンセリングの学習、カウンセラーの研修など、
様々な効果を期待できる2日間のワークショップです。

 

また、参加者の反響が最も大きい

ワークショップでもありますね。

 

 

自由な対話の時間の中で、
自分自身を深く見つめ直すことができます。

 

参加者同士のふれあいにより、
真の心の交流を体感することができます。

 

 

とても居心地のよい、あたたかい雰囲気。

 

心から安心できる、

ありのままの自分で居られる空間です。

 

 

今、あなたはもしかして、
こんな悩みや問題と向き合っていないでしょうか?

 

 

人から自分がどう見られているかを気にしてしまう。

 

自分に自信がどうしてももてない。

 

集団が苦手で、何を話していいかわからない。

 

雑談が苦手で、飲み会の席や会議の席が苦痛。

 

自分が何をしたいのか、自分の本当の気持ちがわからない。

 

自分がどう生きていけばいいのかを知りたい。

 

傾聴のスキルを身につける実践的な場が欲しい。

 

咄嗟の反応を磨くための練習がしたい。

 

 

こうした参加者のニーズが見事にマッチして、
ある意味、その目的以上の
「ぬくもり」「わかちあい」を体験できる。

 

それが「エンカウンターグループ」です。

 


このグループセッションは、

リピーターがとても多いんです。

 

 

何度も参加したくなるセッションでもあり、
参加するたびに自分の成長が実感できるセッションでもある。

 

笑いと涙、深い感動体験ができます。

 

セッションは2日間開催しますが、1日参加もOK。


笑いと涙の感動体験をしてみたい方、
自分を深く見つめ直し、人との絆を感じたい方。

 

自己啓発を無理なく確かに経験したい方。


下記よりお申込みください。

↓   ↓   ↓

エンカウンターグループ


日常の人間関係には、どうしても
「気兼ね」や「遠慮」が働きます。

 

自分の思ったことが言えない。

 

自分の気持ちをわかってもらえない。

 

職場の人たちと、

どう会話をしていいのかわからない。

 


私たちは、そうした状況を数多く経験すると、
さらに自分に自信がもてなくなります。

 

そのうち人を避けるように・・・・・

 

 

でも、安心してください。

 

「エンカウンターグループ」は、安心できる雰囲気。

 

自分のままでいることを、

限りなく尊重してもらえる場。

 

だからこそ、本当の自分に出会うことができます。

 

だからこそ、本当の自分のまま、
他の参加者との心の交流が可能になります。

 

 

今まで経験したことのないあたたかい場。

 

初めてのご参加でも、

心配することは何もありません。

 

また、何度か参加を続ければ続けるほど、
自分自身の可能性も広がっていきます。

 


エンカウンターグループは、こんな方こそ、
参加した後の効果を強く実感できます。


・自分にどうしても自信がもてない方

・自分が人からどう見られるかいつも不安な方

・雑談や会話がとにかく苦手な方

・仕事や人間関係で悩みのある方

・コミュニケーションをしっかり出来るようになりたい方

・セラピスト・カウンセラー。コーチの方

・自己啓発・セルフイメージの向上を実現したい方

・自分の目標や夢を実現したい方 etc

 

 

今のあなた自身に心から自信を持てます。

 

負の感情、将来の不安を解消できます。

 

満席になり次第、募集を締め切りますので、
その前までなら、下記よりお申込ができます。


エンカウンターグループ

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。