東京都江戸川区の区立第三葛西小学校に、包丁1本と「犯罪者が学校に危害を加える可能性がある」などと書かれた文書が送りつけられていたことが分かった。警視庁葛西署は脅迫容疑や威力業務妨害容疑などを視野に置き捜査している。

 葛西署や学校によると、今月12日に小包が届き、包丁1本とパソコンで作成したとみられる文書が同封され、「学校は何も対策をしていない。近隣に犯罪者がいるので注意してほしい。学校に危害を加える可能性がある」などと書かれていたという。

 同校には4月23日にも、特定の人物を名指しして「犯罪者がいるので注意した方がいい」という内容の文書が届いていたという。事態を重く見た葛西署は当面の間、学校周辺を署員がパトロールするなど警戒する。【山本太一、神澤龍二】

【関連ニュース】
山口組:組長らを提訴 埼玉の男性「恐喝で会社破綻」
恐喝:未公開株詐欺の社長脅し4000万円 容疑で男逮捕
福岡脅迫教諭:久留米市教委が懲戒免職 有罪判決受け
恐喝容疑:手配の総長逮捕 京都府警
テレ朝:金属入り脅迫文届く

受信料未収者に強制執行の予告通知 NHK(産経新聞)
<ニュース1週間>首相、普天間移設の5月末断念/英国キャメロン連立政権誕生、2大政党制崩壊(毎日新聞)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
マンション室内で刺される?男性2人心肺停止、1人負傷 大阪(産経新聞)
<ストーカー>規制法違反容疑で3回目の逮捕 松山(毎日新聞)
AD