循環型社会で遊ぶ

私の夢: ☆自然と調和☆人・地球・社会システムがHAPPY☆
な社会でつねに遊び心を持って過ごす。
 すべての人がワクワク楽しい毎日を過ごすお手伝いができれば、
と このブログを書いています。


テーマ:
インターネットにつながないパソコンの盗み見・遠隔操作を「テンペスト」と言います。
1960年代には既にアメリカでは開発されていたそうです。
パソコンから漏えいしている電磁波をひろうと、パソコン画面の盗み見、操作が可能らしいです。銀行や信用問題にかかわる企業(どこもだとおもいますが)の役員会議などでは、この方法で機密が漏れないよう、電磁波を遮断する部屋で会議を行っているそうです。
しかし、悪いことを考える人達だと自分達がテンペスト行為を行いながら、テンペスト対策の物を開発するかもしれません。防御はあくまでも、対処療法で、根本療法ではありませんし。私の偏見かもしれませんが、監視カメラや盗聴技術、電磁波に関することは軍事産業が専門ですから。
だから、信頼できる人や会社に同様の防御物を作ってもらうのがいいかもしれません。
また、遠隔操作できるソフトもあるらしいです。その可能性も考えて下さい。
日本人は優しいから 「まさか」と思われるかもしれませんが、人生には「上り坂」、「下り坂」があるように、世の中は極悪非道な人や企業もいます。

いろんなところで言われていますが、世の中が「お金」より「命」を大切にするようになれば自然の摂理で悪いことをする人もいなくなり、対処療法でなく根本療法が進み、良い世の中になるのかなと思います。

★「テンペスト(漏洩電磁波盗撮)」
http://bokumetu.o.oo7.jp/TEMPEST.html 



集団ストーカー行為の中に、「思考盗聴」というのがあります。
これも軍事技術です。
被害者は周りにこのことを言っても、「まさか、それは思い込みでは?」と精神病扱いされますが、実はれっきとした科学犯罪なのです。私は全てを把握していませんが、この説明は納得です。ただいろいろな説があります。

★NOTEBOOK  「思考盗聴の仕組み?」:一部引用
http://blogs.yahoo.co.jp/falcon1net/35688458.html   

『人が言葉を口にするとき、言葉の元になる要素を頭のなかで組み立てるようである。
 これはもちろん脳内で行われる。

 犯人が教えてくれたことによると、脳内で固まった言葉の元=思考は口や喉の筋肉を動かすもととなる情報が集約される部分があるのだという。
そこは脳下垂体?の一部だという。
 そこにはまだ脳としてのシナプスの働きで、情報伝達がなされているので、普通の方法ではその活動を読み出せないのだそうだ。
 ここまでは脳科学者ならある程度知られているそうだが、どうやってその活動を読み出すかが問題だそうだ。

 そこで、脳内物質の一種の脳内情報伝達物質の活動をみるために、一部を放射性同位体に置き換えたもので測定をするのだそうだ。
 その同位体の分布が時間とともに変化するさまを知れば何を考えたのか言葉として分析できるのだとのことだ。
 つまり脳内のある特定の場所の脳内神経情報伝達物質の動きをリアルタイムで観測すればよいということになる。
 そのためには脳内神経伝達物質を放射性のものにする(ドーピングという)必要があるそうだ。

 それは私の場合、歯の中にちいさなタンクを埋め込んで、元神経が通っていた歯の骨のわずかな通路から、脳内に染み出させているのだそうだ。
 そのわずかな放射性物質からでる放射能を時々刻々測定する器具が「起き上がりこぼし」と犯人らが呼んでいるものらしい。』



↓お思考盗聴や幻聴を嘘だと思う方は読んで下さい。
★「■思考盗聴についてのメモ■」
http://www.geocities.jp/daster44/index.html#contents



↓これ、私も思っていました。集団ストーカーの加害者はたわいもない事をします。
だから自分がどれだけひどい事をしているか分からないのです。
それで、知人にふと加害行為について言うこともあるでしょう。
私が悪事を悪事と思っていない依頼者の立場なら、加害者を消すことを考えると思います。
もし消さない加害者があるなら、集団ストーカーを集団的に常時行っている加害者だと思います。そのような加害者は、自分のしている悪事をよく認識しているので、自分の加害行為について他言しないからです。

★私のブログ(詩的風景の見える、カフェテラス)懐かしの文学・シネマ・テレビ・文化館・DVDショップ「集団ストーカーの加害者も、最後は、消される。」:一部引用
http://plaza.rakuten.co.jp/ubout51/diary/201108300000/

『さらに、最近、分かった事ですが、集団ストーカーのメンバーが、よく、倒れて、救急車で運ばれる、と言う事です。

 これは、そうか警察などに、カネで雇われた、集団ストーカーの加害者(実行犯)自身が、自分達が悪用している、薬物や、電磁波や、思考盗聴器の被害を受け、体を悪くしているのではないかと考えられますが、

 集団ストーカーの指導者にとっては、自分達が雇った手先も、ついでに殺す事で、証拠隠滅にもなりますし、支払うべき、報酬も、支払わなくても済みますから、一石二鳥の策略ではないかと思います。

 さらには、生命保険をかけて、保険金詐欺まで行っている可能性さえあります。』


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

遊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。