ネイチャーツアーズ社長のブログ

楽しい山と旅のよもやま話を綴ります。


テーマ:

4月8日から3日間の石巻震災ボランティアに参加してきました。

活動場所は宮城県第2の都市石巻市です。


今回のボランティア活動は栃木県日光市在住の小坂氏によって組織さられたボランティアグループその名も「チーム日光」の応募に馳せ参じての活動でした。 


短時間の募集にも関わらず30名程の老若男女のボランティアさんが全国から参加。遠くは大阪から夜行バスに乗り継いで参加した方もおりました。

皆気持ちは同じ。何かしたい。役に立ちたいという思いで参加してるのがわかる。


集合地点の霧降高原を8日6時出発。一路北を目指す。


ネイチャーツアーズ社長のブログ


高速道路は、自衛隊、警察、消防、緊急物資輸送車が数多く被災地を目指して走っている。

まさしくオールジャパン。。。日本の国力を実感する。



ネイチャーツアーズ社長のブログ
長崎県から大型バスで駆け付けたと思われる支援団の一行。



前日の7日に襲った震度6強の余震のため仙台周辺の道路が各地で通行止めのため、大和ICでおりて一般道路で石巻に向かう。


沿線の家屋の被災状況はそれほどひどくはない。

むしろ茨城のほうが建物の被害は大きそうだ。


渋滞もあり被災地入りは予定時間を過ぎた昼頃に。


郊外から市街の中心部分に近づくにつれて戦場の様相を呈しはじめる。



ネイチャーツアーズ社長のブログ

ネイチャーツアーズ社長のブログ

至る場所で全国のパトカー、消防車両が活動しているのが心強い。


郊外のコンビニ、大型店舗などは営業をし始めているようだ。

ガソリンなどの燃料不足はほぼ解消しているようである。


北上川を河口に進む。道がなかなか見つからない。

川沿いのわずかに残された家に住む年老いた女性がロープにつけたバケツで北上川から水汲みをしている。

高さがあるせいかもどかしいほど作業が捗らない。


助手席に座っていた甥っ子ユウダイがたまらず老女に駆け寄り水汲みを手伝う。


「ありがとう。。もう疲れました」

「でも少しでもなにかやっていかないと前に進まないんで」


活動地に急がないといけない我々は疲れた老女に後ろ髪を引かれながら先に進む。


石巻市場のある大きな通りには巨大なクジラの大和煮の缶詰が転がる。

このあたりは鮮魚の巨大倉庫が並ぶが、多くの保管魚が津波に流されたそうで、その処理が問題になっているらしい。


いまは時期的にはまだ寒いので匂いはそれほどでもないが、暑さが始まる5月までが復旧作業のひとつの山場ではないかと考える。

ネイチャーツアーズ社長のブログ



初日の作業場所は石巻市松並地区と思われる場所 


閑静な古い町並みが密集する住宅街。

町はほぼ壊滅状態と思われる。


ネイチャーツアーズ社長のブログ

住める可能性のある住宅は数軒残るのみ。


さっそく作業にとりかかる。

家、庭に入り込んだ砂とヘドロの除去作業、作業通称「泥バスターズ」。


水分を含んだヘドロは重く固い。予想以上に骨の折れる作業。

畳や大型家電の運び出しも同時に行わなければならない。

水を含んだ畳は男二人がかりでもやっと運べるほどの重さがある。


砂の中には倉庫から流されたであろうサバやカツオも混じる。


周辺の流された放置された多くの車両にはペンキで×マークがされている。×マークは遺体が発見された場所。リアルに被害を実感してしまう。



午後3時に作業終了し、ボランティアセンターのある石巻専修大学キャンパスに向かう。

ここで野営準備。 


ここには地元社会福祉協議会が窓口になり、その下にめ組ジャパン、ピースボート、青年海外協力隊、私設ボランティア隊などの多くのグループがテントを張り活動の拠点としている。


ネイチャーツアーズ社長のブログ

夕食を済ませ、毎日午後7時より始まるミーティングにオブザーバーで参加させてもらう。


その日被災地入りしたボラティアグループの代表が自己紹介をし、続いてその日の活動報告が社協からあり、その後要望改善事項等が社協、ボランティア代表が双方より述べられる。



ネイチャーツアーズ社長のブログ


気になるのは、マナーの悪いボランティアがおり、キャンプか何かと勘違いして夜遅くまで騒いでいるとかで、今後このようなことが続けば専修大学から排除されかねないと非常に危惧してしたことだ。



テントに戻りシュラフに潜りこみ眠るが、寒さで何度も目を覚ましてしまう。夜明けまで救急車のサイレンが一晩中鳴り止むことはなかった。




つづく














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ネイチャーツアーズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。