ネイチャーツアーズ社長のブログ

楽しい山と旅のよもやま話を綴ります。


テーマ:

おととい水戸の帰りに内原にあるイオンに立ち寄ったら、なんと!”土佐料理”のお店を見つけてしまいました(^ε^)♪

さっそく藁焼きのカツオの塩たたきを食べてきてしまいました。昨年食べた土佐宿毛港のカツオにはおよびませんが、十分納得できるお味でした。

 

小豆島を歩いていたときに、ず~と塩タタキ食べたいなんて、お大師様に念じていたから、願いがかなってしまったわけです。。。うお座

 

あ~美味かった! 水戸に行く楽しみが増えました。

 

 

ところで、小豆島ロングトレイルを歩いてきたわけなんですが、公式的に小豆島ロングトレイルなどというものは存在しているわけではなく、わたしが勝手にそううたっているだけです。

 

要は小豆島八十八ケ所(小豆島遍路)の遍路道を歩いて巡る旅なのですが、札所を結ぶ古道が実に情緒ある道なので、皆さんもぜひ歩いてみてください。きっと歩き旅の良さ再発見できると思いますよ。

 

今回地元小豆島遍路の関係者の方に「小豆島ロングトレイル~祈りの道を歩く」というツアータイトルを教えたら、なかなかナイスなネーミングですね~と褒められてしまいましたから、まんざらでもないようですね。

 

本場四国の歩き遍路などというのはちょっと現実的ではないですが、最短7日間で歩けるこの小豆島遍路の古道歩きは、ミニ四国遍路といった趣きがあって、手頃な日数で遍路気分を味わえ、充実した旅が満喫できますので、もっと人気があっても良いと思うのですが、まぁ小豆島に遍路があるなんて、その筋のひとしか知らないでしょうから、今回のようにネーミングを変えて客層をかえて宣伝すれば、素晴らしい観光資源になると思います。

今回は参加者が少なかったのですが、私自身がとてもとても歩きたかったので催行させちゃいました!

 

 

今回このツアーにマイ自転車を輪行して参加された方もおります。 そんな方も当社では応援させていただいておりますので、人数に限りはございますが、ぜひツアーに便乗してご参加ください。

 

今回の輪行された自転車は、なんと! 電動アシストロードバイク!!   なかなか格好いい!!  

これからの発展に大いに期待がもてそうなパイオニア的なバイクです。  

これなら足弱な女性でも小豆島一周快適にできるかと思います。

 

小豆島ロングトレイルについて写真でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は秋を予定しています!!

社長の超~お薦め、自己満足の島旅でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

写真は南会津村で2月に撮影したものです。

秘蔵してましたが公開することとしました。

東京五輪へむけて、ブルーインパルスが福島奥地で秘密訓練飛行でもしていたのしょうか。。。

 

 

さてさて昨日は天気が良かったので久々に自転車を乗り出しました。

ツアーのお客様から「茂木町鶏足山のミツマタが綺麗だよ」との話を小耳にはさんだので、来シーズンのツアーの下見がてら出かけた次第です。

 

 

筑波山麓から雨引山麓にかけて桜が満開を迎えておりました。

 

ヤマザクラも咲き始めており、これから新緑とヤマザクラが競演する美しい季節を迎えます。

見頃は今週末からでしょうか。

 

下の写真は旧雨引駅です。

春、ワタシの一番のお気に入りスポット。

これからの季節、トレーニングを兼ねて週に2~3回は通っちゃうほど気にいってます。

新緑が芽吹くこれからが最も美しい季節を迎えますので、皆さんも是非おでかけください。

 

更に足を延ばして栃木県と県境にある高峰山麓の「里山の桜」を訪ねてみましたが、開花が遅れているようでした。

ここの桜も絶景です!!

 

磯部の桜も満開でした!

 

夕方にヤマ友達とプールの約束があっため、早めに切り上げるつもりでしたが、ミツマタ群落地が思った以上に山奥だったため、お昼ご飯も食べず、冷たい向かい風に吹かれながら帰ってきました。

 

本日走行距離120㎞。その後プール。。。なかなか快調な走りだったので久々に200㎞走っちゃおかな。。。なんて考えてます。

 

山遊びやスキーも楽しいですが、これからの季節のサイクリングもまたメチャ楽しいですよね。。。

 

野鳥のBGMを聞きながら、ヤマザクラと新緑を愛でる待望の加波山マウンテンバイクの季節がいよやってまいりました!! 

良かったらご一緒に走りませんか。。。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そろそろ雪も安定してきたようなので、天気の良い日を狙って八方尾根で山スキーを楽しんできました。

 

 

昨シーズンは雪不足でほとんど山スキーはできませんでしたが、雪の多い今年はなんとか5~6本は滑りたいな~なんて考えてます。

 

その今シーズン1本目が八方尾根から下る無名沢。

 

久々の山スキー。。。

それもソロ滑降だったせいか少々緊張した山スキーでした。

心配していた南滝は雪で埋もれていて上部を通過できそうでしたが、ソロ滑降での事故は致命傷なので無理をせず巻くことにしました。

 

※写真:下流から南滝を眺める。 左が巻道からの私のシュプール

 

南滝下の広いゴルジュ帯は左岸からの小さい雪崩跡がいくつもあったので急いで通過。

実際通過中にも小さい雪崩が発生して緊張する一瞬もありました。

 

 

 

二股の発電所には12時15分に無事下山。

タクシー(1700円)を呼んでゴンドラ乗り場の駐車場に戻り家路につきました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずはわたしにとって人生で最高のご来光を拝むことができましたことをご報告します。

 

彼岸の中日にしか見ることができない七面山より拝む富士山頂上からのご来光です。

 

なんと神々しいご来光なのでしょうか。。。

色々な山からのご来光を拝んでおりますが、この日のご来光は私の登山人生で最高のものの一つでした!

 

このご来光を拝みに大勢の信者さんが登拝しておりました。

 

 

午前6時5分の御来光にあわせて敬慎院のご住職が読経を唱えます。

 

太陽からのパワーを全身に受けることができたとてもありがたい山旅でした。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

明るい2017年の幕開けかと期待してましたが、わたし的にはどうも幸先が良くないようです。

元旦早々風邪で寝込んでしまい、治って喜び勇んで出かけたスキーではセンターハウス前で後頭部強打の大転倒もヘルメットが幸いして大事にいたらず、その翌日にはマウンテンバイクで新年早々転倒、ヘルメットが用途外のものであっため顔面擦傷と親指突き指。 その翌々日には腐った新雪で右足肉離れ。。。

 

旧暦ではまだ2016年ということらしいので、節分に向けて厄払いをして、改めて新年を迎えたい考えております。 

そんな感じではありますが、今年も元気で頑張ってまいりますのでよろしくご参加願います!

 

 

さっそくですが石割山に登ってまいりました。

最高気温がマイナスという厳しい環境にも関わらずご参加ありがとうございました。

 

新暦の新年で思ったこと 「やはりヘルメットは重要なアイテムです!」

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

素晴らしいアニメでしたので昭和世代の皆様にぜひシェアさせていただきます。

この世界の片隅に

 

 

何かと忙しい毎日で、

久々のブログ更新となってしまい誠に申し訳ありませんでした。

 

まずは朝日に染まる富士山です。

丹沢主脈縦走路より撮影しました。

 

塔ノ岳の尊仏山荘に泊まりながら、1泊で初冬の丹沢を縦走してきました。

 

塔ノ岳は富士山の眺めと夜景が有名です。

昨年の縦走ではあいにくの天候で夜景を眺めることはできませんでしたが、今回の山旅ではばっちり眺めることができました。

 

山荘の窓から写した関東平野の夜景です。

いや~素晴らしいにも!! まさしくビリオンダラーの夜景です。

 

ご来光直前の相模灘と東京湾です。

おまけに江ノ島までも見えてました。

 

雲一つないお天気なか、背後には関東平野に浮かぶ筑波連山を眺めながら縦走路をのんびりと歩きました。 

 

富士山の右横には南アルプスが全山揃い踏み。

 

 

今年もご参加下さいまして誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申しあげます!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋田県森吉山麓にある「奥森吉トラック」を歩いてきました。

今回の山旅は地元の名物ガイドさんに案内をお願いしましたところ、キノコに詳しいひとで何のツアーかわからなくなってしまいました。

 

とりあえずツアーは無事に終了。

思いがけないキノコの大収穫と、紅葉に彩れた渓流の美しさに大歓声が途絶えることがない実に愉快で楽しい沢旅となりました。

いや~それにしても素晴らしいルートでした。

別名、沢の高速道路ともいわれる奥森吉トラックの核心部「赤水渓谷」は、舗装されたような一枚岩を流れにそって歩きます。

走ることもできるほど。。。

水の深さはくるぶし程度。 水温も冷たくなく。 実に快適なウォーターハイキングを楽しむことができてしまうんです。

 

その素晴らしいルートについては写真でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真に映された浅い流れのなかを沢靴でボショボショと歩いてきます。

スパイク付の長靴で歩いてくる人もいますが沢靴のほうが断然歩きやすい。

 

沢から離れると途端にキノコ採りに勤しむの皆さん。 

これでは疲れるはずがありません。

 

小又峡にある三階ノ滝。

百名瀑に匹敵するこのような名瀑がこのあたりには数えきれないほどあります。

 

桃洞の滝。 

赤水渓谷の入り口に流れ込むトウド沢にかかる名爆。

 

紅葉の見ごろはまだ少し先ながらも、それでも十分満足できる素晴らしい紅葉。

最盛期はどれだけ凄い紅葉なのだろう。。。

 

地元の名ガイドのお二人のおかげで大満足な沢旅となりました。

参加の皆さんの多くが是非またリピートしたいと云わしめるほどの素晴らしい名ルートでした!!

 

熊にあえないのが残念でしたが、国民宿舎「森吉山荘」さんが夕食時無料飲み放題になっていたので、まぁ良しとしましょう!

 

最後がちとカッコ悪いですが、沢靴を二人がかりで無理矢理脱いで夢のような3日間が終わりました。

次回は夏に実施予定。乞うご期待!!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

黄金色の草紅葉が今まさに見ごろを迎えている苗場山に登ってきました。

 

予定では初日の7日土曜日に斑尾山に登って、翌8日の土曜日苗場山に登る予定でしたが、8日の天気が荒れた天気が予想されたため、急遽7日に苗場山に登ることに変更し、秋山郷の小赤沢コースから頂上を目指しました。

 

その結果が下の写真です!!

地平線の彼方に北アルプスが全山望めるパーフェクトなお天気!!!

 

湿原に点在する池塘が実に絵になります。

彼方に見えるは草津、志賀高原の山々。

 

夢のような一瞬一瞬を心に刻みながら木道から頂上を目指しました。

 

山麓の紅葉は色づき始めでまだまだ早いですが、ブナの巨木の合い間からは米山らしい山が望めました。

 

予定を変更したためスタートが10時と遅かったにもかかわらず、どうにか日没前に下山することができました。

今宵のお宿は登山口にある300年の伝統を守る苗場荘に宿泊。

 

山菜尽くしの食べきれないお料理と岩魚の骨酒に大満足。

特になめこ汁とキノコの炊き込みご飯が絶品でした!

 

予期せずまったりした秋山を楽しむことができてしまいました。

山に民宿は実に相性が良いですね~

帰りはのんびりと蕎麦を食べながら帰ります。

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

幌尻岳に登ってきました。

 

何かと大変な災害に見舞われた9月の北海道でしたが、どうにか登ってまいりました。

知床山考舎の滝澤さんと伊藤さん、大多和リーダーいろいろとお世話になりました。

 

 

楽しい山旅になったようでした。

 

沢歩きは楽しいですね~

 

 

戸蔦別岳縦走もよく頑張りました!

チャレンジャーのお三方に拍手!!拍手!!

 

これで今年の北海道の山旅は終わりですが来年は意欲的な北海道ツアーを計画しております。振り落されないようついてきてくださいネ!!

 

参加の皆様ホントにお疲れ様でございました!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく悪天候が続きそうなので、昨日の土曜日に日帰りで西穂高岳へ下見に行ってきました。

image
 

 

 

西穂高岳はここ5~6年登っていなかったので安全確認のための下見登山のつもりでした。

 

朝の3時半自宅を出発。 

 

高速道路をひた走り7時30分には新穂高ロープウェイの鍋平駅に到着。

 

始発便が動きだすのが8時45分だから少しのんびりするつもりでいましたが、どうも登山者が多く、その登山者の動きが慌ただしい。

 

万が一始発便にでも乗れなかったりしたら、帰りが遅くなってしまうので休む間もなく出発準備して駅へ駆けあがる。

長距離運転していきなり登山はさすがにキツイ。

 

この日の天気は快晴。

おまけに土曜日。

そんでもって来週いっぱいお天気が悪そうなので登山客が多いのはあたりまえか。

image

 

往復切符を買って列に並ぶと始発便の時刻を待たず8時15分の臨時便が動き出した。

 

穂高平の駅には8時25分到着。

 

どうしても日帰りで帰りたいので休む間もなく歩き出す。

 

西穂山荘には30分ほどで到着。

それほど疲れもないようなので山荘を横目で見ながらさらに頂上を目指す。

40分ほどで多くの登山者でにぎわう独標を通過。

image

 

10時15分西穂高岳の頂上に到着。

下見なので危険個所を念入りにチェックしながら、歩き出しから1時間50分ほで山頂に到着。 単独登山だとどうも急いでしまう。 

image

 

なかなかの眺めに大満足。

本日初めての休憩を10分ほどとり下山する。

 

トレーニングも意識したの登山なので行動食と水分補給はなし。

12時ちょうどに西穂平の駅に無事下山を果たす。

どうにか午前中で行動完了。

この時刻なら遅くならず自宅に帰って久々の週末はのんびりできそう。

 

途中ラーメンを食べて、温泉にも浸かることなく18時には家に帰ることができました。

 

今度の西穂高岳も今回のような晴天になってほしいと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。