30 something

しなやかでセクシーな大人の女性を目指して、日々邁進中♪ 


テーマ:

このBLOGの最初の日記で   FRENCH WOMEN DON'T GET FAT  (←日記については、こちらをクリック!) という本を紹介したのですが、これに対抗して、こんな本が出版されて、話題になっています。



japanese women


Naomi Moriyama, William Doyle
Japanese Women Don't Get Old or Fat: Secrets of My Mother's Tokyo Kitchen

その名も、『日本人女性は、年をとらない。太らない。』

    

いや~~ それにしても、このタイトル。『フランス人女性は 太らない』 の完璧コピーじゃないですか!それプラス年をとらない。。。って。。。


そんなこと、大っぴらに本にされたら、、

   

普遍の事実みたいで、日本人女性として、ちょっと恥ずかしいじゃないか!

   

これでもう、私は 年をとれない。太れないやんか!!(←もうすでに手遅れですが) え?ど~してくれるんや、森山さん!!(いちゃもんつけてどうするってか)


アマゾン日本サイトのレビューはこんな感じです。↓

  

[工業先進国の中で日本人女性の肥満率が最も低く(3%)、平均寿命が最も長い(85歳)という事実、また、食事がきわめて質素であることはよく知られている。


東京生まれの著者、モリヤマはこの現象を具体的に説明するために、非常によく構成された純和風の日常食計画入門編といった趣の本書の中で、彼女の母、チズコを登場させている。モリヤマは彼女自身と夫で共著者であるドイルのため、母の食習慣を再現するとともに、チズコの台所も紹介する。そこでは、鰹節、大根などの日本特有の食材や炊飯器、中華鍋といった調理器具がきわめて詳細にわたって説明されている


ほとんどのレシピは「7本柱」―鮮魚、野菜、米、大豆、麺類、茶、果物―を基盤としており、なじみのあるものが多く、作りやすい(小エビと野菜のてんぷら、魚の照り焼きなど)。


実際、調理する上での示唆に富んでいるのはもちろんのことだが、「French Women Don't Get Fat」方式の旧来のアプローチと比較して、本書の新しい点は、食事の食べ方にも注意を払い、「腹八分目」のような有益なアドバイスを与えてくれることだ。中庸さの勧めが世界中いたるところで広く叫ばれているわけだが、もし、本書が読者の興味を引くのであれば、モリヤマにとっては願ってもないことだろう。 ]

パラパラッと本屋で立ち読みしたけど、、、、感想は、


『 日本食初心者用のレシピブック っていう感じだな。日本人の私からしたら、どれも当たり前のことばかりだけど、アメリカ人にはエキゾチックで新鮮なのかな?』


というものでした。日本人の私には、立ち読みで充分でしたが、興味がある皆さん、本屋で手にとってみてね!!


。。。。。しかし、日本ではきっと 『アメリカで今、流行っているダイエットですよ!!』って言うと飛びつく人がいるのだろうが、この場合は、どうなるんだろう。。。汗。逆輸入か?これ、流行るのかな?


『日本人女性が、ずっと若く、細くいられる秘訣!!それは、そのままの私(=日本人)であることだったのだ!』


なんか禅問答みたい。。


この本がこれからこっち(アメリカ)で流行ったら、『日本人女性の細さ・若さが羨ましくてしょうがなくて、$14.96 出してまで、その秘密を盗もうとしているアメリカ人が多い』 ということなんだな。


ふふふ。。。照れるなあ~~~。(お前が照れて、どうする。)


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
宇野 千代
幸福に生きる知恵

私の尊敬する・憧れてやまない女性の一人、宇野千代さんの言葉、ふと目にとまって、素敵だなと思ったので、書き留めておきますね☆



[ お洒落をする、あるいは、気持ちよく気じまいをする、と言うことは、生きていくうえの生き甲斐でもある。ちょっと大げさに言うと、人としての義務でもある。


世間には、自分がお洒落でないことを、自慢にしているような人もありますが、私は、その時その時会う相手に対して、それでは失礼ではないか、と思うのです。お洒落は、自分のためにするのではなく、半分以上は、自分に接する人たちの眼に、気持ちよく映るように、と思ってするのだから。


私は、90歳になる今でも、2人か3人のボーイフレンドがありますが、何かの拍子に、そんな人の一人と一緒に道を歩いたりする時にも、その人が、グレーの洋服を着ていると思うと、自分は、その人の着ているグレーに合わせて、きっと紺色の着物を着ると思います。


そんなことを考えるというのも、自分にはまだ、こういう楽しみがあると思うのも、なんという楽しいことかと思うのです。


どんなことの中にも、楽しい、と思う要素はあります。目をみはって、その 楽しい、と思う要素を探し出して、楽しく生きて生きたいものと私は思います。


楽しく思うことは、また隣りの人にも伝染して、そこら中が、楽しいことだらけになるものです。すると、世の中がどんなに暮らしよくなるか、想像するだけで嬉しくなります。]


後、この本で、渡辺淳一さんによると、


[ 宇野さんは、92歳という高齢でも、肌のきめは細かいし、シミやシワも殆どないとても美しい肌をしていらっしゃった。これは、切りかえの上手な生き方に大いに関係がある。


医学的に言いますと、いやなことはすぐに忘れて、常に明るく何事にも好奇心をもって前向きに生きていると、自然にリラックスして、それが血管にもいい影響を及ぼして、血管が広くなって血の巡りがよくなります。


血の巡りがよいと、身体の隅々まで新鮮な酸素が送られて、細胞も、組織もイキイキし、いつもみずみずしくいられるということです。


だから、宇野さんの生き方は、健康にかなった生き方、ということが出来ます。]


ポジティブな生き方は、最高のアンチエイジングなんですね。


後、こういう傑作のエピソードもあります。


[ 彼女が、山田詠美さんの結婚式に参列したときのこと。山田詠美さんのご主人の友人達、陽気な若いアメリカ人男性たちは、宇野千代さんの周りに群がって、彼女を誉めそやした。『いい女』に敬意を払うのは彼らにとって 当然のことだから。


宇野さんは、結婚式を褒めて、


『こんなのだったら、私ももう一回結婚したいわ』と言った。


そこで、詠美さんのご主人の親友がすかさず手を取って、


『あなたなら何歳になっても、お待ちしていますよ。』と言った。


宇野さんは、鷹揚に 


『待っててくださる? 本当に?』と笑ったと言う。](『私の宇野千代』瀬戸内寂聴著)


このときの、宇野千代さん、なんと92歳!!


なんて、素敵な女性!! いやあ~~粋ですね~~。これぞ、生涯現役の女ですね。この心意気、、女性として、本当に素晴らしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 上大岡 トメ
タイトル: キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法

友人に薦められて読んだんだけど、この本、面白~い!!


どの方法も、本当に5分で実行できることばかり。例えば、、、、


光るものを磨く =なんだか気分がよどんでる~、すっきりしない、という時は、まわりにあるものを磨いてみましょう。

テレビのスイッチを切る = テレビを消すと、頭のスイッチが入る。

食べたものを、書きとめておく = その日あったことも、思い出せる。

口癖を変えてみる = 「全ては上手くいっている」 を口癖にする。

迷った時は、勇気がいるほうを選ぶ。夜空を見上げる。一日10回、「ありがとう」と言う。きれいな水を一日一リットル飲む。


などなど~~。その通りだわ!と思うことばかりでした。


____________________________________________


ところで、木、土曜 とお客さんが来たのですが、料理のレパートリーがただでさえ少ない私は、頭を悩ませてしまった。。。。というのも、お客さんは、アメリカ人&日本人だったので、皆に喜んでもらえるもの、なにがいいかな~~と考えてしまった。


結局、チラシ寿司(鮭缶をほぐして入れると、美味しかった!後、小エビも)と 北京ダック風チキン、トマトとキュウリの和風ドレッシング和え、ねぎと豆腐の味噌汁 などを出した。チラシ寿司はアメリカ人にも人気だし、一気にたくさん作れるので、重宝してます~~。このメニューは、アメリカ人にも好評だったので、よかった~!


土曜日は、相方のいとこ一家、お兄さんを呼んで、BBQ。この日は、私は、一切料理しないで、相方に100%まかせた。相方の実家レストランの丸秘レシピ・ソースで、チキンをラテン・カリブ風に味付け☆ 後、彼は、おなじみのライス&ビーンズ、サラダ、トマトチキンシチューなどを大量に作った。う~~ん、BBQ は毎日でも食べれるわ~~。満足満足。


後で、ポーチで スイカを食べながら皆で夕涼み。のんびり~~☆しました。


うちは、ゲスト、本当に大歓迎!ご飯を作って、気心の知れた友達や家族と一緒に食べる時(+一緒に一杯やる時)、一番幸せを感じる食いしん坊の私&相方なので、近くにお越しの皆さん、いつでも立ち寄ってね~~♪ 


あ、後、ゲストに好評だったメニューがなにかあれば、是非、教えて~~☆


AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

confession

 

数年前に、シカゴの地方新聞に紹介されていて 議論を呼んだ本です。

 

シカゴ出身のライター STEPHEN CHATMAN が、自分の体験記を日記形式にまとめた本です。

 

タイトルからして、自分で自分のことを 『WOMANIZER』~PLAYA~ だと 言ってしまうのもどうかねぇ、嫌な奴なんじゃないかねぇ~とまず思ったけど、読んでみて、色々な女性との出会い→恋愛→別れ、という表面的な記録だけでなく、彼が一つ一つの関係で考えた洞察が書かれていて なかなか面白かったです。

 

PLAYA の 『コミットメントフォビアでありながら、常に女性にそばにいて欲しい』 という内面の葛藤 (=私からすると、ただのわがままなお兄さんなんだけどさ) PLAYAが女性を誘う時の視点(女性のどこを見て、何をどう思って声をかけるのか・何がきっかけになって別れを告げるかなど) などなど、一人のプレイボーイの男性の視点から見た女性・恋愛像が 浮き彫りにされています。

 

ちなみに、彼は、カフェでよく女性に声をかけるみたいです。(昼間だし、クラブよりはいいかもね。おまけに安くすむし。←発想がなんだかケチで、すみません)

 

読んでいる最中は、『自分の欲求を優先させて、女性のことを考えない、勝手な奴!』 とちょっとむかついてたのですが、読み終わってみると、なんだかもの哀しくなりました。一人の女性で、絶対に満足できない、PLAYAのさがって 大変だし、決して心底幸せじゃないものなのだなぁ~。

 

彼の文章で、

 

"The curse of the womanizer is to have an attraction for what we can not have and a refusal to settle for whom we are with."

(PLAYAは、手に入らないものに惹かれ、今一緒にいる一人の女性だけでは決して満足できない、という点で、呪われているものだ)

 

というくだりがあるのですが、これ、まさに彼の人生を言い当てています。確かに、PLAYAは、誰と一緒にいても、もっと自分にあった、カンペキな女性がいるんじゃないか、と 可能性 を探してしまうみたいですね。やっぱりわがまま・勝手!!ですが、彼本人は、この呪い?をどうにかして、解きたいみたいです。

 

でも、こういう男性が変わるのは、不可能ではないけど、難しいだろうな~~。彼らは、良い意味で言えば、ロマンティストなんだろうけど、女性の方は、こういう男性と一緒にいても、心を許してくつろげませんね~~。とっても疲れそうです。

 

というわけで、PLAYA にはまっている女性、PLAYA の心理を覗いてみたい女性には、なかなか面白い本だと思います。

 

ちなみに、アマゾンの書評は、賛否両論になってます。↓

 

CONFESSIONS OF A WOMANIZER

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

jill

The Moments, the Minutes, the Hours : The Poetry of Jill Scott

by Jill Scott

Jill Scott の 詩集が発売されました。(アマゾンで、購入すると、ただいまセールで$12.89!!)

POETRY ARTIST の友人へのギフトとして買ったのですが、読んだ後、自分用にも、買いに行こう、と決心してしまいました。もともと、彼女の歌の大ファンなのですが、これを読んで、ますますファンになっちゃったよ~☆

彼女のPOETRY は、私たち女性が、日常生活や恋愛で経験する嬉しさ、切なさややるせなさ を 上手く表現していて とっても共感できます。彼女の詩は、特に、どれも、最後の一句・締めがパンチが効いてる!う~ん、うまいっ!!と うなってしまいました。

この本から、いいぞっ!と思った詩の中で、短いものをいくつか紹介します。

Brothas

just because you've loved and lost don't mean stop lovin'

If you have a nightmare,

Does it mean you stop dreaming?

Haiku #6

Just the other day

I thought about you so hard

I blew my ice cream

___________________________

切ないわ~~。好きな人に会えない女性は、わかるよね、これ。↓

Blue

I put food coloring in my bath yesterday

Sat in a pretty blue

Let the drops fall from my finger tips

Onto my breast and my stomach

I just wanted to look how I feel

Without you

___________________________

私も、ラジオでかかる曲について、常日頃、思っていたこと↓

Radio Blues

Do me

Screw me

Tease me

Please me

Freak me

Leash me

Lick me

Suck me

Oh god, where are the love songs?

___________________________

考えたことがなかったけど、こういう誕生日もいいもんだなぁ~。↓

Today 4/4/00 (my birthday)

Didn't wash

Didn't style, brush or grease my hair

Didn't eat right

Didn't iron my clothes

Didn't match them either

Didn't brush my teeth

Didnt' make my bed

Didnt' answer my phone

Didn't check my email or message either

Didnt' open a book

Didn't turn on the TV

Didn't even try to find a good radio station

Didn't do nothing

But be funky myself

___________________________

そして、、これ↓、ダントツ!

OLD SCHOOL LOVIN'

While you were out

I realized how much.....

I mean

How good us is

So I want to share

Something my momma taught

A skill for loving - the wild and wicked kind

I think you are deserving

So I practiced and I know it's tight

You used to say

My mom was a freak

And yes you were right

So get comfortable

Close your eyes

Open your mouth

And taste

My scratch sweet potato pie

うまいです!!最後の一句で えっ?そういう意味だったのって、ビックリ!SNAP THE FINGERS♪

この本、挿絵や写真も、とっても綺麗☆ POETRY に興味がない人も、楽しめると思います。この一冊 を持って、アウトドア・カフェにでも行って、美味しいコーヒーを飲みながら 彼女のPOETRYを味わうと、リッチで贅沢な独りの時間 がすごせると思うよん♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。