30 something

しなやかでセクシーな大人の女性を目指して、日々邁進中♪ 


テーマ:

さて、Gがやってのけました!


10週間で20パウンド(約9キロ)減量!!


200パウンドから 180パウンドへ。


というのも、そもそも、彼の会社にとにかくムカつく上司がいて、ひょんなことで賭けになったのがことの始まりだったのです。


この彼の上司(白人)は、あからさまに人種差別を言動に出すAS★HOLE。


ある日、Gがこの上司を冗談で驚かそうと後ろから忍び寄ったところ、仰天した上司は、


『 驚かすなよ!』 と怒鳴ったそう。


G 『え、皆、冗談でこういうことやってるじゃないですか。』


上司 『 だけど、黒人にいきなり後ろから忍び寄られたら、やっぱり驚くよ。』


と言ったのです。 おっさん、本音が出たな。いや、こういうこと思ってる白人が 大多数だろうけれど、そういうこと、本人を目の前にして言うかね?


この話を聞いて、頭にきましたね~。ずっと白人社会で働いてる私も、アジア人として差別など色々受けてきたので、これは想像つくけどね。それにしてもね。あ~~ハラスメントで訴えてやりたい。


Gは、もちろんその場では、頭に血が上ったけれど、何も言わずに 後日、この減量の賭けをデブ上司に持ちかけたのでありました。


勝負:10週間で20パウンド減量したものが勝ち。


私だったら、怒りのあまり人事とかに即効訴えかねないのに、Gのやり方は なかなかクリエイティブで、建設的でエライぞと妙なところに感心。


もちろん、負けず嫌いなこのクソデブ上司(←言いたい放題)、受けてたって、賭けがスタート!しました。


掛け金は、50ドルとそんなに多くないけれど、値段は問題じゃない。 最終日の50ドル以外に、2週間ごとに会社で体重を量り、そのつど負けている方が、5ドルを支払う。


G のやり方は、


朝: プロテイン・シェイクか、SLIM FAST。


昼: サラダか、プロテイン・シェイクか SLIM FAST。


夜: 夕飯を好きなもの、軽めに。パンやご飯などの炭水化物を控えめに取る。


エクササイズは、 朝の トレッドミルか外でジョギング、40分、 腹筋運動 20分。


とそんなにハードなものではありませんでした。


ちなみに、私は応援団です。


私 『何か、手伝える?』


G 『 晩飯、作らんとって。』


おっしゃ~~まかせてくれ!!


ってなわけで、しっかり応援しました。エライね、私も。(包丁握りたくて、大変だったよ、もう。←嘘)


しかし、、こんなんで、体重、減るんかね~~と 横で見ている私は半信半疑。


が、みるみるうちに体重が減っていくではないですか!! これまで、何度もダイエットに挑戦しては、挫折していたG。今回は、忌々しい上司への怒りもあり、あれよあれよと言う間に体重が減っていきました。


本人曰く、portion control  量の調節とやっぱり夜ご飯を控えめ。。。。が効いているらしい。


怒りのパワーをダイエットにぶつけたG。 最後の体重測定の数日前。


G 『俺さ、数パウンドなんだけど、ここで止めとくことにした。』


私 『えっ!?なんで、絶対に目標達成できるのに! 勝ちたくないの!?』


G 『仮に勝てても、わざとそうしない方がよいこともあるんだよ。』


彼の言い分、納得がいきませんでしたが、彼は、そのままダイエットを止めて、1パウンド差で上司を勝たせました。


彼の上司は、もう有頂天で、オフィス中に吹聴をしまわっていたそうです。(ったくおっさん、子供じゃないんだから。) そして、彼は、Gが払った掛け金50ドルで、Gをランチに招待したそうです。(でも、賭けが終わったって言うのに、2人とも、サラダを食べたらしい。ダイエットの後遺症か?)


う~~む。。これで良かったのかな。。。とも思うが、私は、これで良かったんだと思います。もし彼が勝っていたら、この度量の狭い上司、どういう言動に出るか分かったもんじゃないし。Gの取った行動は、冷静で正解だと思った。


試合に負けて、勝負に勝つ!?


というわけで(どういうわけで)、憎らしい相手がいるあなた、是非、ダイエット戦争で戦うべし。 (ブッシュとフセインとかいいかもしれん。どっちも結構お腹出てるし。)


仮に負けても、失うものって 自分の体重 だし。。。。ラッキーじゃないですか。


ちなみに、Gは、今まで履けなかったお気に入りのスキニー・ジーンズが再び履けるようになり、毎日 鏡を見ては、やたらハッピーです。良かった、良かった。


さて、私も誰か ダイエット戦争の相手、見つけなきゃ!誰か、一緒にやりませんか~~?爆。


追記: すっかり気を良くした上司は、Gと次のラウンドに突入。 メインテナンス。。。維持の賭けだそう。(2週間ごとに体重測定して、5パウンド異常体重を増やしたものが、相手に5ドル支払う。)

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:

友人で、同じく30代のシカゴ在住の日本人女性がいます。彼女は、とってもスタイルがよくてスリム!!そして、いつも元気いっぱい。その秘訣を教えて~~と聞くと、一言。


『サルサよ!』


とのこと。彼女は、アメリカに来て、サルサのクラスを取り始めて、一週間に一度のクラスとフリーサルサナイトは欠かさない。ステップをちゃんと覚えて一人前に踊れるようになるまで なんと3年かかったそうですが、今は上級者クラスでサルサ・クラブのコンテストにも出場するぐらいの腕前です。すごいわ~~。尊敬!そして、サルサの話をしている時、サルサを踊っている時の彼女、とっても輝いていて素敵です★ なにか、打ち込めるものを持っている女性は、美しい!!!


彼女は、自分にはジムじゃなくてダンスが一番合ってる。とある時悟ったそう。ダンスは、覚えるまで時間がかかるけれど、上達していく楽しみがやめられないそう。それに、週に一回でも継続的に踊ることによって 新陳代謝がよくなり、何を食べても太らない体質になったんだそうです。(う、うらやまし~~い。ちなみに彼女が、足をケガしてて踊れなかった間は 体重が一気に増えたらしい。そういうものかね。)


彼女に影響されて、(← 相変わらず、影響されやすいな。) 私もなにかエクササイズかダンスのクラスをとりたいな~~と密かに思っていました。目的は、


その1.ダイエット+引き締まった身体を作ること!(特にお腹の贅肉を落としたい!)


その2.継続することで、上達していく楽しみがあるもの。


その3.PCや室内の趣味以外に 仕事のストレスを解消出来る「外で身体を動かす趣味」を持ちたい。


の3つです。


ってなわけで、かねてからずっとやってみたかった踊りのクラスにサインアップしてきました!


それは。。。。。


BELLY DANCE★ です。


belly dance


そうです。中近東の腰とお腹をクネクネするあの伝統ダンス★ フラダンスともちょっと動きが似ていて、お腹の筋肉を酷使する運動。ってなわけで、お腹の贅肉を落とすのに一番!おまけに 学ぶことによって 身のこなしが柔らかく、エレガントで女性らしくなるそうです。これは、一石二鳥★


ベリーダンスは、エジプトなど中近東が発祥の地。もともと、王様のためにハーレムの女性が踊っていた伝統的な踊りですが シカゴの万博で人々の注目を浴び、その後全世界的にポピュラーになったそう。プレッシャーもなく、競争もない。ただ、内側から湧き出てくる自分の女性らしさを感じるのみ。「ベリーダンスは全ての女性に生まれつき与えられた個性・女らしさを最大限に引き出すダンス」と言われているそうです。


ってなわけで、とりあえず、初心者クラスに1ヵ月半程通ってみますね~~。最初のクラスは、今週の土曜日!ダンス用にレオタードとヒップ・スカーフと言う腰に巻くスカーフを着用するので、ダンス・スタジオに買いに行ってきました。ああ 楽しみぃ~~★ ワクワク♪


クラスの様子や、ダイエット効果など、またレポートしたいと思います♪ お楽しみに~~★

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

著者: MIREILLE GUILIANO        
タイトル: French Women Don`t Get Fat
                                 

アメリカで、今、話題になっている本です。

一般的なフランス女性は、フルコースディナー、甘いお菓子を毎日のように食べ、ワインを飲む生活をしながらも、決して太らないそうです。彼女達は、運動をあまりしないというのに、スリムなボディを維持出来ている。

逆に、アメリカ人女性は、ありとあらゆるダイエットを行い、ジムで過酷なワークアウトをしても、なかなか痩せられない。

この違いは何でしょうか?パリジェンヌの秘訣とは?この本によると、

1.食べたいものは、規制しないで、全て適量で食べる。(デザートやワインも)
少量をしっかり味わいながら 楽しむ。

2.水をたくさん飲む。

3.ジムでワークアウトをする必要はない。それよりも、毎日の生活で、身体を動かすこと。とにかく歩いたり、テレビを見る暇があったら 家事をしたりして身体を動かすこと。

なんでも彼女によると、ジム通いで、"NO PAIN NO GAIN" 式のワークアウトは、無理があるためどうしても三日坊主になりやすい。それよりも毎日の生活で エネルギーをSLOW BURN するコツを身につけると、老人になっても、無理なく続けられる。なるほど~。サボりの私にとっては、嬉しい理論かもしれません。

4.旬の野菜・フルーツをたくさん摂る。新鮮な食材を使って、料理すると、少量で満足感を得られる。

5.FAT FREE のものをたくさん食べないで、カロリーやFAT が多くても、本物を少量取る。(ジャンク・添加物を摂らない。)

6.一日・一週間単位で調節。ランチにデザートを食べたら、夜は炭水化物を抜く、など。

どれも、常識のことだけど、彼女の文章、書き方が上手いのかな~。とっても説得力がありました。

さて、私は、このパリジェンヌ式生活を数ヶ月試してみたのですが。。。

なんと!!7lbs(=約3.17kg)体重減少!!!すごい!!信じられない!!

そして、これまでの過酷なダイエットやワークアウトは、痩せてもすぐにリバウンドがあったのだけど、今回は持続しています。

やはり無理があるダイエットは続かないみたいです。日常生活態度を変えることが、遠いようでいて一番の近道なようです。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。